「ラブドールを買ったら光回線もAVも解約できる?」→解約できる

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

ラブドールはラブドールでもTPEリアルラブドールと4woodsを日常に触れ続けて数年後に起こったことがある。それは「AV視聴に必要だと感じていた光回線も解約できた」ということである。

AVが要らなくなる

ラブドールにおいてセックスを数年以上繰り返しているとセックス欲が満たされていって「AVがないと生きていけない!」といった感覚がなくなっていった。

理由は単純にセックス欲が満たされること、そしてもう1つある。それが「ラブドールのセックスにAVが要らなくなる」という点である。

AV無しでセックスするとラブドールはやっと楽しめる

「ラブドールにAVは必須」そう思っていた。しかし「AV無しでセックスすればラブドールでセックスする感覚からラブドール”と”セックスする感覚に変わるのでは?」と思った時期からAV無しで行うようになった。

するとやはり違う。紙一重な違いではあるものの、ラブドールと向き合ってやっと深くセックスし合う感覚になれるのである。

AVを聴きながら器用に「あたかもラブドールの喘ぎ声」と自力で妄想調整しながらセックスしても、どこか「テレビを見ながらご飯を食べている」といった感覚と同じになってしまう。

ご飯をあまり味わっていない感に萎える。あっという間に食べ終わってご飯の味を覚えていない感がある。深く味わってない感がある。同じように、AV聴きながらではラブドールを深く味わってない感がある。

「妄想でオナニーする」といったツワモノ領域ではない。普通に不要に感じる。喘ぎ声が出なくても「喘ぎ声を出さないセックス」といった感覚でセックスできてしまう。

光回線の解約は「AVが必須ではなくなった感覚」が大きく起因した。

AVに必須的な光回線もモバイルルータも要らなくなる

ラブドールにて日常的にセックスを繰り返すことでセックス欲が満たされる。そしてAVを見る機会が減る。

さらにラブドールのセックスにはAVが基本的に要らない。さらにAVを観る機会が減る。

そして感じる。「AVは必須ではない」と。そして連鎖的に感じる。「AV観たくて通した光回線、以前のような必須感は無い」と。

そして光回線をためらいなく解約できる。今までこの段階に至るには強烈な自己説得必須だと感じていた。節制といった強い自己説得が必要に感じていた。

しかし、その段階に何の自己説得もなくすんなり至らせてくれた存在こそが「ラブドール」である。ラブドールはラブドールでもTPEドールである、4woodsである。

「光回線を解約したい」といった時はラブドールを買うと解約できる。

なお、ラブドールはラブドールでもTPEドールか4woods(CCbody以上かつ柔らか系オプション必須)である必要があった。

「ラブドール買ったら光回線やモバイルルーター解約できる?」
解約できる!

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP