ラブドールとのセックスは急にお腹が減ってしまうのが欠点

ラブドールとセックスをすると急にお腹が空いてしまう。タイミングが崩される。食のタイミングを合わせるために強制的にラブドールで腹を空かせるのには向いていた。しかし、腹八分目で済ませておいた後にラブドールセックスを行うと腹5分目を食べた感覚に急変してしまうのだ。およそカップヌードルで急減分を補完できる感覚となる。

セックス後の後始末でお腹が減る

仮的な後始末でも本番的な後始末でもその作業でお腹が減ってしまう。ラブドールとのセックス後に空腹感を抱くことは避けられない。

仮の後始末でもお腹が減る

セックス中ではなくセックス後の後始末の時によく急激に空腹感を感じ出した。一時保留的な後始末でもお腹が減ってしまう。

両脚をまっすぐにして抱き抱え、重量挙げ状態で踏ん張りながらハンガーに掛ける。賢者タイムに重量挙げを行うようなものであり余計に疲れる。そして空腹感を覚える。ホール内部をその日は洗浄せずに一時的に保管する時でさえもよく起こった。

本洗いの後始末でもお腹が減る

お姫様ダッコで抱えて風呂場に持っていく。そして前かがみになりながらホール内部を洗う。そして洗浄が完了してから部屋に戻すのは疲れて限界。

一旦部屋に戻って休憩して回復してから再び風呂場に戻って「ヨシッ!」と気合を入れて抱き抱えて「うんしょっ」とハンガーに掛ける。そうして後始末完了した頃には腹3分目分の空き感。ラブドールの後始末行為で大幅に消費されてしまう感覚が毎回起こった。

食事の手間が発生する

セックス中は気持ちよくても後始末で大きくお腹が減る。一時的な時も本洗いの時も空腹感を覚えた。それがラブドールの欠点だった。

「さっきせっかく食べたのに…」「数時間前に食べたのにまた自炊して作らないといけない」「何か食べればいいのだけれどまた歯磨きしないといけない」といった感覚にさせられる。

食べる手間が発生してしまう。そして今度は食べた後の後始末もさらにプラスされてしまう。

空腹感を抱きたくないときにラブドールは適さない

この不満は正直滅多に不満だと感じない。しかしいざ「お腹を空かせたくない」といった気分の時にラブドールとのセックスを行うとやはり後始末の時に毎回空腹感を覚えて萎えてしまうことが多々あった。

腹を減らさず性欲を満たすには「電動オナホール」が必要

ラブドールはお腹が減ってしまう。それでは手コキはどうかというと手コキオナニーでもやはり手を動かしている時に急にお腹が減り出すときがある。そんな中、お腹が減らないオナニー方法にたどり着いた。それが電動オナホールであった。

そして電動オナホの中でも「即射精」してしまう魔神級の電動オナホールでなければならなかった。「オナニーしたのにお腹が空かない」といった難題は普通の電動オナホでは解決できない。準備も速攻で終わり、射精も速攻で終わり、後始末も速攻で終わる、その3つが揃っている必要があった。

ラブドールは性欲を大きく深く満たしてくれるものの、開始準備はもちろん特に後始末の作業量でお腹をゴッソリ空かせてしまう欠点がある。食べるタイミングを崩したくない場合はラブドールは向かない。しかし、電動オナホールがその絶妙な役割を担ってくれる。

※『3分で射精してしまった、この電動オナホールで。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ