ラブドールはアンダーバストが「63cm以上」を選ぶことで節約できる

   

ラブドールを初めて買う際に楽しみが制限されるポイントがある。それは「アンダーバスト」である。ここが63cm以上無い場合は特に着衣プレイで楽しみに限界を感じ「また新しいラブドールが欲しい」と感じてしまう。これが沼にハマる原因となる。“また次のラブドールが欲しい..”な沼から抜け出すにはそしてそれ以前に沼にハマって何体も買うことなく一体で純粋に楽しめるには、何体も買わなくて済むがゆえに場所も費用も節約できるには、少なくとも「アンダーバストが63cm以上」が必要となる。

着衣セックスを楽しめない

下着は基本的にアンダー65cm用に作られてる。それらをフィットして着せられたのはラブドールのアンダー箇所が63cm以上だった。より網羅的にフィットして着せられたのはアンダー箇所が70cm以上のドールだった。着衣セックスをも楽しめるのは着衣でフィットしていることが必須条件となる。

下着はアンダー65cm付近以上が前提に作られている

ブラジャーはアンダーバストが65付近以上に合わせたものが基準値だった。フリーサイズもアンダーバストが65cm付近以上有るといった前提で作られた衣服ばかりだった。65cm無くても着衣セックスは楽しめる。しかし、ラブドールのボディのアンダーバスト箇所が65付近以上あることで例えばブラジャーがダブダブにならなかった。「パツッ」と着せられる。

ボディに65cmあれば、下着ショップのページを開いた時に「着せられるかどうかサイズを見ないとわからない」といったことが無くなる。65cm以上ならば「基本的にどれも着せられる」といった無双状態となる。

不満感無く楽しめるのはアンダーバストが最低63cm以上必要

着衣セックスでも万能な性能を発揮してくれるラブドールを選択するには必然的に65センチ付近のアンダーバストが必要となる。最低でも63cm必要だった。それに満たなければ「着せられた見た目」になってしまう。着衣鑑賞はもちろん着衣セックスもフルに楽しめない。とある新しいラブドールが欲しいと感じた時に「でも節約したい」といった場合はアンダーバスト箇所で63cmに満たなければ購入を見送ることが適した選択となる。

素体プレイに飽きても着衣の楽しみがあるのが63cm以上

「何も着せない素体状態のセックスに飽きても、押し入れ行きになることなくさらに次の段階として、下着や服やコスプレ衣装を着せた着衣セックスでもフルに楽しめる」にはアンダーバストが65cm付近以上必要だった。

ただ、65以上が理想ではあるものの、65に満たないドールもあり現実的には「アンダーが63cm以上」が最低ラインとなる。「どのプレイシーンでもボディにスペック不足感を感じなかった」のが65cm以上だった。そしてほんのごく稀にフリーサイズのブラジャーで少しダブダブっとなった経験があったのが63cm付近だった。

万能的なのは70cm以上

理想は65cm以上、もしアンダーバストが70cm以上あれば万能状態となる。アンダーが70cm以上あれば「楽天市場で下着ショップを開いたらいいのが65cmまでしかラインナップが無い」といった際にも実は70cmあれば65でもフィットして着せられる。そしてたまに70cm用のブラジャーしかラインナップにない時があり、そんな時も億劫になることなくそれらも着こなせるドールを手にしていることに満足感を覚えられイイ買い物をしたと感じることとなる。

アンダーバストが63cm以上有るドールのみを選ぶ

「アンダーが63cmに満たないドールは買わない」といったポリシーで衣服を網羅的に着せられるドールが見つかる。

一目散にアンダーバストを見る

ショップサイトを開いたら商品一覧でアンダーバスト箇所を見る。63cm無ければ候補から外す。どんどん外していく。8割以上のラブドールを候補から外せる。アンダーバストが65cm付近の最低限である63cmに満たないドールは問答無用で候補から外す。

そして残ったその指で数えられるほどのラブドールが長く楽しめるドールとなる。「物足りなくて次のラブドールが欲しいといったことにならない」ドールとなる。アンダーバストだけで大方絞れてしまう。

アンダー63cmに満たないと押入れ行きがちになってしまう

1年経たないうちに押入れ行きになってしまったラブドールに共通していたのはアンダーバストが63cmに満たなかったドールだった。やはり「素体しかフルに楽しめない」点が大きかった。63cm未満のドールは着衣で可能性が制限されるため飽きが早い。将来的により長く飽きが来ないためにはアンダーが63cm以上あることが必要となる。

アンダーバストが63cm未満のラブドールは肉体美術目的でなければ何体も買わせられる未来になる

商品のラインナップで取り扱っている全てのラブドールがアンダーバストが63センチ未満の場合は「何体も買って欲しい」つもりなのかもしくは「着衣セックスは着衣鑑賞は全く考慮に入れず素体のみでのセックスで買って欲しい」といったのが考慮された取り扱いとなる。ほとんど後者となる。前者なラインナップの場合は着衣鑑賞目的や着衣セックス目的では利用しないことで失敗しない。

性の悩みを一体だけで手っ取り早く終わらせられるのはアンダー63cm以上

ラブドールを数体以上触れても性欲からなかなか抜け出せなかった原因の1つがアンダーバストが63cm未満であったことだった。とにかく服を着せられないといった制限が原因だった。着せられたとしてもボディサイズの特にアンダーバスト箇所のボディ量不足で着せられた見た目になってしまう。そのため、妄想で補正する必要がありシラフでは楽しめない。

そして性の悩みをより素早くドールで終わらせる場合はアンダーバストが63cm以上あることが必要となる。65cm以上あれば困らない。これにより部屋に何体も飾ることやメタルラックを買って収納することもなくなり節約できる。そして最終的に売却するラブドールも限りなく少なく楽に済む。(ラブドールを複数体収納しても崩壊しない耐荷重がありカッチリ収納できるメタルラックは安くても1万近くしてしまう。)

アンダー63未満で楽しめるのは素体のみの鑑賞と素体のみでのセックス

63cm未満は素体オンリー目的。それでも着衣写真がある場合はオマケアピール。アンダーバストが63cm未満のラブドールは着衣させないプレイや観賞目的で適する。

63cm未満は素体プレイのみが考慮されている

ラブドールのメーカーがアンダーバスト63未満のタイプをわざわざ製造する理由は、性の悩みにずっと滞留させて何体も買ってもらうためではない。単純に「素体のみの鑑賞」と「素体のみでのセックス」が考慮されている。もしセックスに共通レベルで向かなかったシリコーン素材のドールでアンダーが63cmに満たなければ「服を着せない素体のみでの肉体観賞」が考慮されている。

着衣の商品画像はオマケ感覚

アンダーが63cmに満たないのにそのドールで服が着せられている商品画像が公式であったりする。しかしその写真は単なるおまけ的な感覚であり「着衣鑑賞や着衣セックスには向いていないのはもちろんご存知しょう?でも素体だけじゃ寂しいので服を着せて写真撮りました。もちろんおまけです。実際は着衣関係はフルには楽しめません」といったアピール感覚である。そのため着衣セックスや着衣鑑賞に向いているといったアピールではない。

63cm未満は素体セックス目的でいい買い物になる

商品ページで欲しいと思った時にまずはアンダーバストを見て63cm未満だった場合は商品画像で着衣鑑賞や着衣セックスの期待は無くし、そして何も着せない素体でのセックス目的での購入が返品したいと思ったりしないイイ買い物となる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP