ラブドールの挿入前にAVでは勃たなくなった場合は“エロ漫画”がおすすめ

   

「AVを見ても勃起しなくなってしまった…」

「AVで勃たない…」

ラブドールとのセックス前の勃起タイム。いつもと同じようにDMMを開いてAVを再生、それを観ながら手コキでシコシコと動かす。しかし勃たない。

いくら動かして勃たせようとしても全然勃たなくなってしまった。

「ついにAVで勃たなくなってしまった…」そう悟りかけた時、賢者になりかけた時、予想外のことが起きた。ふと横に置いていたエロ漫画雑誌を手に取って予想外なことが起きた。

パラパラと開き、読みながら手コキしているとなんとみるみるうちに勃起していったのだ!

驚いた!そのエロ漫画雑誌を椅子に座って純粋に読んでいる時は勃起しなかったのに!
“ラブドールとのセックス前の手コキ時”にこそフル勃起できてしまったのである!

「二次元は獣を呼び起こす!」

「獣」

本当に驚いた…やはりエロ漫画はすごい。二次元は凄い。予期しないときに勃起させてくれる。入り込んでくる。隙間に入り込むようにビビッと性欲に反応させてくれる。

三次元で勃たなくしまった時は今度は二次元が勃たせてくれる。オスを呼び起こしてくれる。メスを呼び起こしてくれる。

獣を呼び起こしてくれる。ペニスがみるみる獣と化していく。萌える二次元が燃えるペニスに変幻させてくれる。

改めてそれを思い知らせてくれた。

「過去に何度も読んだエロ漫画雑誌なのに…」

「何度もフル勃起」

さらに驚くにはそのエロ漫画雑誌は『過去に何度も何度も熟読していたエロ漫画雑誌』だということを!それなのに改めてフルボッキしてしまった。

改めて二次元の凄さを思い知った瞬間となった。何度も味わうようにその感動が脳内を駆け巡っていった。

「ラブドールと二次元はすごく相性が良い…」

ラブドール♥二次元

そしてラブドールがその二次元の魅力を改めて思い知らせてくれた存在であることにふとその時気付いた。

「ラブドールに相性がいいのは実は二次元もなのだよ。」ということを教えてくれているかのように脳内の中でバチッと発火するかのようにハッと自然に気付いてしまった。

「ラブドールは色々なことを教えてくれる…」

「ラブドールは女教師」

「何がラブドールに最適なのか」ということをラブドール本体が勝手に導き出させてくれた。ラブドールの凄さをエロ漫画と同時に思い知らされた。痛感した。

ラブドールは二次元の魅力さえも別の視点から思い知らせてくれた。バチバチ戦っていなかった。お互いに勧め合っているような関係であった。

親和性が非常に高いという潜在性をペニスで感じた。ペニスの反応でその解答を導き出させてくれた。「ラブドールはリアルドールも含めて二次元にもガッツリ合う」という解答を自然に感じさせてくれた。

「ラブドールは平和の女神だ!」

「ラブドールは女神」

「二次元に”しか”合わない」といった排他的な答えはそこには無かった。

「三次元も二次元もガッツリと楽しめる。三次元で勃たなくなったら二次元でガッツリと楽しめる。二次元で勃たなくなったら三次元へ。ラブドールはどちらの次元にもガッツリと適応できる。中立できる。バイパスできる。わた橋できる。」という答えがそこにあった。

「女神だ!平和の女神だ!萌える女神だ!」

そう感動が脳内そして全身へと指先へと頭先へと亀頭先へと、
萌えるように、燃えるように、
激しく飛び交っていった。


勃たなくなったらエロ漫画雑誌でフル勃起できる

「勃たない」→ 成人漫画へ

ラブドールとのセックス前の勃起準備でAVでは勃たなくなってしまった場合は【エロ漫画雑誌】が新たにバトンタッチするかのように最適な役目を担ってくれる。

フルボッキできる。ガチガチに勃起できる。みるみるうちに勃起していく。

そして【ヒーリング音楽】も実はラブドールに相性が非常に良かった。ラブドール「で」セックスする感覚から、ラブドール「との」セックスする感覚に切り替わってしまう。没頭できてしまう。- ラブドールの楽しみ方

※関連ページ 『【癒し音楽で快感がガラリと切り替わる。】ラブドール「で」セックスする感覚からラブドール「と」セックスする感覚に切り替えることで性の悩みを深く満たせる

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP