カテゴリー: ラブドール

「色で迷う!」ラブドール用のアクセサリーは「シルバー色」がより長く楽しめる

   

目次

迷ったらシルバーが手間が掛からない

「ゴールドは手間が…」

金色系のアクセサリーは直接触ると毎度毎度くすんでしまった。銀色系は直接触ってもくすみにくかった。ラブドールのアクセサリー用に格安でコスパの良いものを選ぶ際にその格安の中においてなおかつ「長持ちするのが欲しい」「より長く楽しみたい」「ズボラ状態でも綺麗に維持したい」といった場合には「シルバー色」を選ぶと楽しめる。

くすまないネックレスは愛し合うゾーンに至れる

「キラキラ感で愛し合える」

光に反射してキラキラ光ることは「愛し合うゾーン」に至るための「重要要素」でもあった。このキラキラ感が「何か明るい存在を目にした」といった決め手になってくれて「こちらも気分が明るく」なれる感覚がある。自然に明るくなれる感覚がある。ラブドールに掛けたときにそれがたびたび起こった。触ってもくすみにくかったシルバー色のネックレスはその魅力をより長期間楽しめる。

「唇がテカっていると愛し合える」

口紅でグロスを塗ると光が反射して魅惑的に見える理由はやはり「唇がアクセサリー化するため」でもあった。「目の次は唇に」と言わんばかりに目が行くため、唇が照明に反射してキラキラしていると「明るい存在に触れた感じ」がして「こちらも気分が明るく」なれて「相手側から自ら進んで信頼するように明るさで包んでくれる感覚」がして「愛して欲してくる感覚」を感じて「告白すればOKしてもらえるのではないか?とさえ錯覚」が生じる魅力がある。

「キラめき感は愛欲感を再現してくれる」

それほど「きらめき」は「自ら先手を打つように相手を信頼して懐に入っていく」といった行為をこなしてくれる美術要素としてラブドールに必須であった。物理的にコミュニケーションが取れないラブドールでもできることは「無言でも立っているだけで愛して欲してくる行為を行うこと」であり、その行為を再現してくれる存在こそが「アクセサリー」であり「きらめき感」であり「くすんだアクセサリー」はその「愛して欲してくる感覚」が「欠損」してしまう。だからこそ一方的な感覚になってしまう。

「キラキラ感はラブドールにも必須」

光に反射してキラキラ照り輝くアクセサリーはラブドールに必須であった。アクセサリーやグロス等「キラめく」要素があればあるほど愛し合う感覚に至れる。セックスドールにキスする直前に視界にグロスで塗った唇が目に入ったり、イヤリングやイヤーカフやピアスなどのイヤーアクセサリーがきらめくと愛し合うキスを楽しめる。ちなみに…

「初めての風俗は“キラめき”で選ぶと楽」

風俗でプラカードを並べられたときに写メ日記で唇がテカテカしているほうの嬢の方を選ぶと愛欲的なサービスを受けられる。唇がマットだったり、アクセサリーを身に着けてない場合は、こちらが動かないと相手が反応してくれないといった「逆サービス」を提供する「消極的なプレイが得意な」嬢の方となる。

「きらめくアクセサリーを身に着けた嬢の方は痴女系」

写メ日記で「アクセサリー身につけていること」と「唇がテカっている」というだけで「肉食的で積極的でこちらがマグロ状態でも痴女のようにサービスしてくれる」といった大まかな予想ができてしまう。その日の出勤嬢の方の写メ日記を見てネックレスをしている方を選ぶと日記内容を吟味する手間も省ける1つの方法となる。

「“当たり肉食風俗嬢”の方はネックレスで決まる」

「性の悩みから卒業できたかどうかの確認だからどなたでもいい」といった場合は「写メ日記→普段写真でネックレスを付けている方を選ぶ(ここで多く絞り込める)→キラキラ反射するネックレスを掛けている方を選ぶ(さらに絞り込める)→プロフィールで肉食系であることを確認」であっという間に「1人」に絞り込める。さらに絞る際は「唇にグロスを塗っている方」を選ぶとさらに絞り込める。

たとえこちらが緊張して棒立ちしていても「食べてくるように愛してくる体験をさせてくれる風俗嬢の方」に当たることができる。

「きらめくアクセサリー=肉食系女子」

積極的に相手を信頼しようという心情が「アクセサリーを身に着けよう」といった行為を起こせさせ、「きらめくアクセサリーを選ぶ」といった選択をする。そのため、愛欲的な心情が根にある。それがあると、たとえこちらが緊張して何も喋らなくてもしゃべるように流れに乗せてくれたりするシーンをも楽しめる。

くすまないことはラブドールを深く楽しむ重要な要素だった。

「くすむと愛欲感が消える」

「くすんだネックレス」をラブドールに掛けた場合、まだくすんでいなかったときに感じていた「こちらがマグロ状態でも勝手にこっちも明るくなれる」といった魅力が消失してしまっていた。愛して欲し来る感覚が消失してしまった。

「くすむと一方的な愛感になる…」

くすんだネックレスのときは自らこちら側が積極的に「目に光が反射する程度まで開いて」鑑賞に臨んだりこちら側が何か「補完的に行動する必要」があった。「天井照明等でキラッと輝く瞬間」が無ければ「一方的な鑑賞」から「あたかも愛し合うような双方的な鑑賞」に切り替わることはなかった。

安価なゴールド系はくすんでしまう

「ゴールドはゴールドでも安価なのは…」

ネットショッピングや100円ショップなどでも数百円で格安で安全にネックレスやアクセサリーが買える。ラブドールセックス目的にもとてもコスパが良い。しかし、直接触って数週間経つとその安さの秘密を目の当たりにする。「直接触るとすぐにくすんでしまう」のである。

「直接触った途端にくすみ出す…」

手袋で慎重に触ったり、酸化も考慮して密閉袋に入れたりするとくすみにくくなったものの、やはり直接触ると毎度「急速に」くすんでしまった。そしてそのくすみが起こった「色」こそが「ゴールドやピンクゴールド系」であった。

直接触れるとくすむ

「直接触ったら終わり…!」

指で直接ベタベタ触っているうちにそれが起点かのようにくすみだしてしまった。直接指で触ってなにか、直接触った途端にカウントダウンが始まる。それまで照明に反射してキラキラと輝いていたのに、数週間後にはくすんでしまってキラキラ「しなく」なってしまった。遠くから見るとそれはゴールドではなく「ブラウン」になってしまった。

綺麗に維持する場合は直接触らないようにする手間がある

「ゴールドは直接触れない…」

100円ショップやLUPIS等で「ゴールド系」の格安アクセサリーを買う際は「手間」が必要になる。綺麗な状態に維持するコツは、とにかく「直接触らないこと」が決め手だった。手袋で触ったり、爪で持ったり、直接指で触らないといったことはもちろん、「袋に入れて保管する」というのも必須になった。「アクセサリー店の方がなぜ手袋をはめているのか」の謎も、たびたびくすんでいく事態を目の前にしてやはり同時に解けてしまった。安くても高くても直接触るのは劣化させてしまう要素なのかもしれない。

数百円と数千円の違いは「くすむか・くすまないか」だった。

「値段の違いはくすみの耐久性」

「300円の格安ネックレス」と「同じ見た目なのに3000円するネックレス」との違いは「直接触るとくすむかどうか」が違いがあった。数千円系以上のネックレスは直接触ってもくすんだり黒ずんだりしなかった。ベタベタ触りまくっても何週間立っても光に反射してキラキラしていた。

シルバー色は安価でもくすみにくい

シルバー色のアクセサリーは触ってもくすまなかった。

「シルバーは楽!」

例外的にあまりくすまなかったアクセサリーがあった。それが「シルバー系のアクセサリー」であった。ゴールド系はすぐにくすんでしまった。しかし、シルバー系はベタベタさわっているのに若干うっすらくすむだけで「まだ光は反射してキラキラする」といった「アクセサリーとして重要な魅力が欠損してしまう事態」を「長期間も回避」できていた。

「格安」の中で「長持ち目的」は「シルバー系」が長く楽しめる

「シルバーは慎重に扱う必要無し!」

シルバー系ならば格安であっても直接触ってしまってもちょっとやそっとではあまりくすまなかった。長く楽しめる。ゴールド系はくすんでしまうと楽しめなくなってしまう。

「シルバーはキラめき続けてくれる!」

アクセサリーがくすむと魅力を失う。アクセサリー自体が輝くことで「相手を無条件に信頼する行為をこなしてくれる」といった魅力を失う。受け手側にとって「きらめくアクセサリーが視界に入ると相手が自分のことを無条件に信頼してくれてる感を感じて癒やしを感じる」といった魅力が早々に消滅してしまう。そして特に「格安のゴールド系」を長持ちさせる場合は手袋をはめて慎重に扱う手間が生じてしまう。シルバーはその失いがちかつ重要な魅力を失いにくかった。

「シルバーは長く楽しめる!コスパがいい!」

シルバー色系はそれらの手間はもちろん、直接触ってもくすんだりすることはあまりなかった。そのため、やはり「格安の中でより長く楽しみたい」といった目的においては「シルバー系」のコスパがとても高い。手間も掛からない。ならば「ゴールド系はどんなときに買うのがおすすめなのか」というと「暖かい癒やしを感じたい!」といったときにその欲求を満たせる。

「暖かい癒やしを感じたい!」場合は(ピンク)ゴールド系がおすすめ

「ゴールド系は暖かさ目的」

ゴールド系は「ほんわかした暖かさ」を目にしたときに感じられた。そのため、温かいまったりした美術を目の前にしたい場合はゴールド系のネックレスが最適となる。(そしてそのゴールド色系が「数百円」等の格安系の場合はすぐにくすんで長持ちしなかった。格安系の中において「長持ちする目的」ではシルバー系が最適となる。)

迷う色選び…
「コスパ重視」ならば「シルバー系」が
気楽に長く使える!

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP