添い寝の体勢で放置し続けないよう注意して下さい(※裂けます)

ラブドールを添い寝状態で硬い面に放置し続けてしまった結果、ラブドールのショルダー部分が裂けてしまった状態の様子(洗浄時にボディ内部に侵入した水も出る始末)
ラブドールを添い寝状態で硬い面に放置し続けてしまった結果、ラブドールのショルダー部分が裂けてしまった状態の様子(洗浄時にボディ内部に侵入した水も出る始末)

ショルダー部分が裂けてしまう

床など硬い面で添い寝のまま放置するとラブドールのショルダー部分が裂け始めてしまいます。内部の金属骨格が圧迫してボディを突き破ってしまいます。

もし、洗浄時にヘッドの接合部から水が入ってしまっていた場合はボディ内部に溜まっていた水がサビのような液体と共に出始めてしまいます。

ラブドールを硬い面に添い寝の体勢で放置し続けてしまって劣化が起こったショルダー部分
ラブドールを硬い面に添い寝の体勢で放置し続けてしまって劣化が起こったショルダー部分

この液体はラブドールに共通しています。国内のラブドールである4woodsやオリエントドールでも起こったことなので国内のラブドールも海外のラブドールも問わず金属骨格のラブドールに共通です。骨格がステンシル性とうたわれていても茶色いのが出ます。ちなみにこの液体は衛生面が非常に悪いです。過去にこの液体に触れた日に生挿入した結果、面倒なことになったことがあります。消毒液で自身の手を入念に洗う必要があります。ゴム手袋をして修理を始めるのが理想です。

また、接着修理するとやはりその接着した部分が分かるような見た目になってしまうので、劣化させないことがより外見を綺麗に保つコツになります。外見を綺麗に保つことで性的な魅力を保つことができます。

残念ながらラブドールの骨格は突き破らないように工夫されていることは基本的にありません。

放置する際はエアーベッドなどの上へ

6YEdollをエアーベッドの上に寝かせている様子
6YEdollをエアーベッドの上に寝かせている様子|撮影:muneniku.com

どんなポージングであれ、ラブドールは人形扱いではなく人間扱いすることで劣化を防げます。

例えば、硬い面で添い寝のまま寝ているとやはり寝心地が悪いと感じるように、ラブドールも「人間が寝心地の悪さを感じる場所やシーン」で同じ体勢でいると劣化に繋がります。確実的に劣化に繋がります。劣化し始めるスイッチが入ってしまいます。

そのため、添い寝の体勢のままにさせる場合は、「人間がその場所で添い寝し続けてもなんら苦しくない」という場所に整えることでラブドールのショルダー部分の劣化を防げます。

ベッドの上やクッションの上、人をダメにするソファなどの上、エアーベッドの上などが理想です。

関連するマニュアルページ