ジェット水流切替型のシャワーヘッドに交換して下さい

ラブドールに最適だったジェット水流切り替え型シャワーヘッド「356-723-W」
ラブドールに最適だったジェット水流切り替え型シャワーヘッド「356-723-W」

Amazon等で「ジェット水流型のシャワーヘッド」の『356-723-W』を購入して風呂場のシャワーヘッドを取り替えておきます。

普通のシャワーでは奥まで洗えない

ラブドールの奥は意外に「深い」です。脚や胴体そして骨格に覆われているのでさらに「狭い」です。

そのため、普通のシャワーでは挿入口付近までしか洗うことができませんでした。頑張れば洗うことはできますが、洗い終わった頃にはだいぶ時間が経っていておまけに手に力が入りにくくなるほどとても疲れることが多々起こりました。

よって、普通のシャワーヘッドではラブドールの挿入箇所を奥まで隅々まで洗うことができません。

ジェットシャワーヘッドで奥まで洗える

ジェット水流を出せるシャワーヘッドが必要です。安くて2000円程度で買えます。Amazonや楽天やYahooショッピングやPayPayモールなどの通販店で「シャワーヘッド ジェット」「シャワーヘッド マッサージ」というキーワードで検索していきます。シャワーヘッドからビームのような水流が出る必要があります。比較的「シャワーヘッド マッサージ」のワードでよくヒットします。

ジェットシャワーヘッドによって奥まで洗うことができます。そして圧倒的に労力少なく洗うことができます。これにより洗浄する億劫さを無くすことができます。さらに洗浄時間を大幅に短縮することができます。

そして何よりも「安心して生挿入できる」というメリットがもたらされる点です。

奥まで洗えば安心して生挿入できる

ジェット水流切り替え型シャワーヘッドで奥までそして隅々まで洗うことで安心して生挿入できます。その結果、安心できるのでより気持ち良く挿入そしてセックスすることができます。

精液が奥に溜まってもジェット水流のシャワーヘッドならば奥まで水を到達させることができ、そして奥で循環させることができ、そしてその水を挿入口まで循環させて排出することができます。それにはジェット水流の強い水流そして細い水流が必要です。

挿入口を裂けさせないためにより細いジェット水流が出せるほうを選ぶ

ジェット水流はジェット水流でも水流が太いとうまく洗えませんでした。そのため、商品ページの製品画像で「より細い水流を出せている」ジェット水流切替型シャワーヘッドを選んでいきます。

太い水流だと挿入口にジェット水流が当たってラブドールの挿入口が水流で裂けてしまうことが起こりました。

そのため、挿入口に当たることなく奥まで水を届けられる細い水流を出せるシャワーヘッドがラブドールの挿入部分洗浄に必要です。

挿入部分とボディの両方を洗うためにジェットとノーマルの切替タイプを選ぶ

ジェット水流でラブドールのボディを快適に洗うことはできませんでした。時間が掛かる上にジェットが直接ボディに当たりすぎて劣化が起こりました。さらにジェット水流が跳ね返って洗っている自身がビチャビチャになる結果になりました。

そのため、挿入部分はジェット水流で洗い、そしてボディは普通のシャワー水流で洗うという切り替えが必要になりました。そこで、ジェット水流型の中でも「普通のシャワーに切り替えられるタイプ」を選んでいきます。

ジェット水流のシャワーヘッドと普通のシャワーヘッドの2つを用意して挿入部分の洗浄が終わったら普通のシャワーヘッドに交換して洗浄を再開するという洗い方は「非常に疲れる」結果になりました。そして「再度洗浄するのがとても億劫」という結果になりました。さらに「ボディを洗浄しているときに挿入口に流れ込んだ泡水も仕上げに洗い流す」というときにジェット水流に切り替えたくてもそのままノーマルシャワーのみで強行突破で半洗い状態で洗浄を済ますということが度々起こりました。

よって、やはりシャワーヘッドを交換しなくても水流を切り替えられるタイプのシャワーヘッドが必要になります。

ラブドールの洗体だけでなく自身の洗体にも使えるのを選ぶ

ラブドールの洗浄に特化させてしまうと通常の風呂場として自身が使えなくなるという状態になってしまいました。NLSで「シャワ浣専用ノズル」を買ったこともありましたが、やはりラブドールの挿入口だけでなくボディそして自身も洗うために2穴にシャワーを分離する必要があったり結局それに必要なアダプターを買うのが億劫で次第に押入れ行きになりました。

そして最終的に風呂掃除用としても自身用としてもラブドール用としても3役全てにおいて現役バリバリで活躍してくれたのがカクダイブランドの「356-723-W」でした。

よって、ラブドールの洗浄に「356-723-W」を購入して準備しておくことで初めてのラブドール購入であってもつまずくとなく圧倒的に快適な洗浄でスタートできます。

関連するマニュアルページ