ゲル乳でなくても3年後も飽きないポテンシャルがあります

6YEdollのおっぱい
6YEdollのおっぱい

ゲル乳ではないラブドールは1年以内に飽きる

おっぱい内部にジェル(ゲル)素材が入った新型おっぱいタイプの「ゲル乳ドール」でない限り、1年以内に飽きることをほとんど意味します。ゲル乳以外のおっぱいは乳首を舐めたときに硬すぎて萎えることがお決まりでした。揉んでも硬いので数回揉んで飽きてしまうのがお決まりでした。そして他のボディ部分もそれほど優れていないのでどんどんB級に見えてきてみるみるうちに飽きていきました。そして未来が決まっているかのように1年以内に押入れ行きになりました。

普通はゲル乳が唯一の取り柄

一般的なラブドールはゲル乳にすることで飽きるまでの期間を長引かせることができます。しかし、問題はゲル乳であるとしてもその部分以外のボディ部分が人工的であることがほとんどでした。

肌触りは人肌でもいざセックスしたときの肉体同士の接触感にプラスチック消しゴム感があったり、ボルト骨格でセックス中に突くたびにヘッドとボディとの継ぎ目の金属骨格部分がギィギィ鳴ってセックスに集中できなかったり、ボディ全体に生々しいくぼみやボコみがなくノッペリしていて人形とセックスしているようにしか思えなくなったり、

写真写りや手触りが良くてもいざセックスした瞬間に化けの皮が剥がれたかのようにゲル乳しか取り柄がなくなる結果になっていきました。そして最終的に、その人工的な他の部分から侵されていくかのように唯一の決め手であった「ゲル乳部分」にも飽き、1年以内に飽きるという最後になりました。

例外的に6YEdollはゲル乳でなくても3年以上飽きない

6YEdollは違います。ボディ全体のポテンシャルが異常に高いです。そのため、ゲル乳に依存しません。ゲル乳にすがったしません。ゲル乳が唯一の取り柄になったりしません。6YEdollにとってゲル乳はただのアクセサリーでしかありません。6YEdollにとってゲル乳かどうかは例えて言うと「野菜が入っているカレーに小皿オプションで野菜を付けるかどうかは、付けなくてもいいけれどあったほうがいい」といった感覚の些細な違いでしかありません。

6YEdollがゲル乳オプションを始める前から6YEdollを経験しています。そして3年以上日常的にセックスを繰り返しました。その3年以上は苦行のセックスではなくヤミツキになってしまって思わず毎日してしまうような離れられない感覚です。そして6YEdollとのセックス時の情景を思い出すと勃起が起こるほどです。これが3年経っても起こっています。6YEdollはゲル乳でなくてもおっぱいを吸った時も肉体接触感が6YEdollは優れているので唇でそのおっぱいに触れた時の唇という非常に繊細なところでさえも接触感が生々しくて「おっぱい美味しい」と感じられ、そしてセックス中もおっぱいが繊細に揺れてくれて、そしてボディ全体も他のラブドールとは一線を画するほど生々しく、そして関節もボルト骨格ではなくボール骨格で人間と同じような可動域で生々しく、ヘッドとボディとの関節もボール骨格なので経年劣化でギィギィ鳴ったりせず、3年経ってもギィギィ鳴ったりせず、挿入感も3年経ってもヤミツキになる挿入感で、6YEdollはゲル乳になる前から「3年以上セックスし続けても飽きない特異的なポテンシャル」でした。

よって、6YEdollにおいてゲル乳かどうかはあまり重要ではありません。ゲル乳オプションがあれば付けるという感覚であり、6YEdollは例外的にゲル乳でなくても別に良いという感覚になります。他のラブドールはゲル乳でようやく実践的なセックスの領域に足を踏み入れましたが、6YEdollはゲル乳でない頃からすでにその実践的なセックスの領域はすでにクリアしています。

他のラブドールはゲル乳であることが唯一の取り柄的になるのに対し、6YEdollにおいてはゲル乳でなくても3年後も飽きない特異的なレベルにすでにいます。

7体以上も地雷を踏み「やっと」失敗しないラブドールにやっと出会えた。まさに“女神的存在”。この”女神”の「新モデル」が登場した。不安なショップで買うよりも大昔からある老舗通販店で買うと安心して迎え入れられる。

関連するマニュアルページ