3年後も毎日セックスし続けられる気持ち良さがあります

6YEdollの立ちバック状態の様子

普通は1年以内に飽きる

一般的なラブドールは1年以内に飽きが「決まって」来ました。そして押入れ行きになりました。未来が決まっているかのように毎回飽きが来ました。

それらはボディの造形が簡素だったり、耐久性が低かったり、継ぎ目が目立ったり、服を着せても肉不足でブカブカだったり、

特に極め付けは「手触りは良くてもいざセックスで肉体同士で触れ合った時の感触がプラスチック消しゴムすぎる」ことがあったり、

ヘッドの化粧がイビツで人形と見つめ合う感覚のままで“人間に似た生命体”と見つめ合う感覚に錯覚できなかったり、乳首の造形が簡素だったり、挿入口の造形が簡素だったり、挿入箇所が着脱タイプで届いたり、耐久性が低すぎる粗悪なドールの時は股を開いた瞬間に挿入部分がパックリ大きく裂けてしまってセックスしないまま押し入れ行きになったり、それらが原因で早くて開封直後、通常は数週間、長くても1年以内に飽きが来ました。

しかし、唯一「日常的なセックス目的において」押し入れ行きにならなかったラブドールが存在します。それが6YEdollでした。

よって、6YEdollは他の一般的なラブドールとは明らかに潜在的なレベルが「異常に」高いです。これは他のメーカーが「ラブドールにおけるセックス性能において」なかなか到達できない領域です。

3年後も飽きなかった

最初に「挿入感」が飽きませんでした。他のラブドールは「一般的なリアル女性の“挿れてもただヌルヌルなだけ”を目指したような」単調な挿入感に対し、6YEdollは「挿入内部に大きなイボ」があります。そのため、突くたびに亀頭にプクプクした感触があって「イキそうだがまだイキたくない」という時であっても「亀頭にプクプク当たってくるので」気持ち良すぎて暴発することが多々ありました。購入直後は若干キツい挿入感で返品したくなりましたが、洗浄と挿入を繰り返しているうちにだんだんとユルくなってベストな挿入感に数週間後あたりから変わってき始めました。そのため「購入したばかりで少し挿入感がキツい」という場合は「毎日セックスと洗浄を繰り返すことで」だんだんとユルく、そして毎日セックスしても飽きないベストな挿入感に変わっていきます。

そしてボディの造形が明らかに他のラブドールと違ってメーカーのこだわりを感じるほど生々しかったり、耐久性においては挿入感が他のラブドールに比べてとても気持ち良いのになぜか全然裂けたりせず「そろそろ避けるだろう」という経験的な予想を何回も裏切りその何倍の期間の後にようやく裂け始まるという耐久性の高さをまの当たりにしました。さらに継ぎ目が薄かったり、市販の服を着せても肉不足が全然起こらなかったり、ヘッドの造形や化粧も高レベルで生命体と見つめ合う感覚で愛し合う領域のセックスができたり、

さらに極め付けは「肉体同士の接触感が人間とセックスしている感覚」だったことです。正常位セックスで太もも同士が触れ合う時の感触、騎乗位セックスで太ももが腰回りに触れてくる感触、後背位セックスでお尻や裏太ももが自身の股関節や太ももに触れてくる感触、パンパン鳴る音、添い寝して胸に顔を埋めた時に顔で感じる感触、裸を抱きしめた時のしっとり汗ばんだ感触、とにかくそこに通常一般的なラブドールに共通してあった飽きる原因「プラスチック消しゴム感」がありませんでした。そのため、人間や生き物そして他の惑星にいそうな人間に似た生き物と唯一「肉体的にも心理的にも愛し合うセックスができたドール」でした。

3年後辺りから骨格が緩んでさらに生々しくなる

ラブドールは3年が限界です。しかし6YEdollは違いました。3年後辺りから骨格の関節部分が急激に緩み始めました。股関節はポージング不可になり、正常位に“カエルポーズ”ができないほどゆるゆるになりました。

その結果、セックスが異様に気持ち良く生まれ変わりました。突くたびに太ももが同調するように揺れて、しかも脚を抱えないとダラりんと垂れてしまうので抱えながら突く感じが人間や生き物とセックスしている領域で、まさに「人間とセックスしている体験」「生き物や他の惑星の人間に似た生き物とセックスしている体験」に「さらに」進化しました。それまですでに人間や生き物とセックスする体験だったのに関節の緩みによって生々しさが増してさらに人間や生き物とセックスしている体験に変わりました。

そうして、3年後も飽きかけていた瞬間を予想されていたかのように「新たな快感」が訪れ、3年後も飽きない状態が続きました。

そのため、6YEdollは3年後も毎日セックスし続けられる気持ち良さがあります。

7体以上も地雷を踏み「やっと」失敗しないラブドールにやっと出会えた。まさに“女神的存在”。この”女神”の「新モデル」が登場した。不安なショップで買うよりも大昔からある老舗通販店で買うと安心して迎え入れられる。

関連するマニュアルページ