部屋がさらに綺麗になります

ラブドールが届くまでの「1~6週間」は衣替えや部屋をより綺麗にする絶好の機会として利用できる。
ラブドールが届くまでの「1~6週間」は衣替えや部屋をより綺麗にする絶好の機会として利用できる。

1. 届くまで1週間~4週間掛かる

即日届いたり即日発送されるラブドール「即納タイプのラブドール」は「直近でいつ製造されたかが確認できない限り」そのラブドールは倉庫にしばらく眠っていて「お尻箇所がペッタンコ」になってしまっています。

そのため、「注文してから製造開始される“最長6週間掛かるタイプ”」一択です。必然的に注文してからしばらく期間が空きます。

失敗しない最高のラブドールを迎え入れるコツは即納タイプではなく注文してから製造されてできたてホヤホヤで発送されるタイプを選ぶことです。そのため、必然的に1~4週間長くて6週間になるほうを選ぶと部屋をより綺麗にまったり余裕を持って整理整頓や掃除などができます。

2. 配達員の方が2人で部屋に入ってくる

最も配達員の方に嫌がられなかった時は「二人がかりで持ってきてもらった時」でした。配達員の方はラブドールを配達するのが嫌なのではなく「30kgの重すぎる荷物を一人で運ぶのが嫌」というのが理由で配達を嫌がります。しかし、「二人がかりなら棺のように運べるので楽」であり、そして実際に二人がかりで来てもらった場合は今まで経験したことのないような笑顔な接客でした。

なお、二人がかりで来てもらうコツは「40kgを越えるように注文すること」です。例えば、注文時に「収納トランク」や「鍵付収納ソファー」などがあればたとえ6万しようともそのオプションを付けて注文して行きます。それがあるとお別れのときもダンボールを組み立てて再梱包する手間を省けて機敏性高くすぐに中古ドール業者に発送でき、気持ち良くお別れできます。

「ラブドールを買う場合に一人で持ってきてもらう場合」は「16kg程度の軽すぎるラブドール」「25kg以内のトルソータイプのラブドール」にすると嫌がられることなく配達してもらえます。

しかし、「配達員の方が部屋に入ってくる」という拳が入ること状況に差し迫ることで部屋がおそろしく綺麗になります。注文時にこのメリットを利用すると部屋がさらに洗練されたレベルで綺麗になります。

3. できれば6週間掛かるほうを選べとより落ち着いて綺麗にできる

即納ではなく最短で1週間届くほうではなく、あえて最長の6週間ぐらい掛かるほうのラブドールを選んでいきます。これにより衣替えレベルで部屋を綺麗にできます。

例えば、床が汚いことに気づいてカーペットを注文したことがあります。6週間あることでカーペットを選ぶのにも時間を使えて、そして届いてから敷くのにも余裕を持って時間を使えます。

「ラブドールの迎え入れを機に部屋がとてもオシャレになるキッカケ」になりました。そのため、注文時は「部屋をよりオシャレにする期間」として割り切り、「あえてより長期間」を選ぶとより洗練された綺麗さの部屋にできます。

関連するマニュアルページ