ヒザ箇所に生々しく不規則な生活ジワと生活クボミと生活ボコミがあるほうを選んで下さい

膝(ヒザ)箇所に生々しく不規則な生活ジワと生活くぼみと生活ボコみがあるラブドール(3年以上経っても飽きることはなかった。その理由としてこの生々しい膝箇所が理由に挙げられる。)
膝(ヒザ)箇所に生々しく不規則な生活ジワと生活くぼみと生活ボコみがあるラブドール(3年以上経っても飽きることはなかった。その理由としてこの生々しい膝箇所が理由に挙げられる。)

①ドールの「ヒザ箇所」が写った写真を探す

ラブドールの商品ページの写真欄で「ヒザ部分」が写った写真を探していきます。「“エロい写真”に惑わされることなく」一目散に「ヒザが写った写真」だけを探しそして見ていきます。

②ヒザ箇所に「生々しく不規則なシワとクボミ造形」が施されたドールを残す

ヒザ箇所にシワやクボミが「生々しく」造形され、なおかつ「左右非対称」に造形され、なおかつ「不規則に」造形されているラブドールだけを残していきます。

③ヒザ箇所が「簡素」で「左右対称」の造形のドールを消す

ヒザ箇所の造形が左右対称だったり、簡素だったり、シワがなかったり、くぼみがなかったり、シワがなかったりするラブドールはどんどん消していきます。どんどん購入候補から外していきます。どんどんブラウザのタブを閉じていきます。

ヒザ箇所が簡素なラブドールはモノにしか思えなくなり1年以内に飽きる

ヒザ箇所シワやくぼみがあっても「無機物的」で「人工的」で「彫刻的」で「幾何学的」で「左右対称」の造形で施されているラブドールは、目の前にするたびに、セックスするたびに「”これは人形だ”ということを主張してくるような感覚」がして、せっかく生き物や人間のような感覚で触れていたのに、その人工的なヒザ造形が目に入った時点からだんだんと「モノ」にしか見えなくなり萎えていきます。

「シワさえもないラブドール」は論外です。開封した直後にそのまま直接売却や返品や返金申請をしたくなるような正真正銘の地雷ラブドールです。

ヒザ箇所に規則的で左右対称の造形が施されていると人形であることに拍車が掛かってしまい、モノにしか見えなくなります。写真では生きているように見えても実際に目の前にするとどんどんモノにしか見えなくなります。

ヒザ箇所が複雑で不規則で非対称で生々しいシワと造形が施されたラブドールは「生き物」だと感じられて3年経っても飽きない

人間が理想としない「生々しいヒザのしわ」そして「左右非対称のシワ」そして「ボコボコしたくぼみ」それらをあえて施されたラブドールはモノだとみなされる次元を超えて生き物だと錯覚させてくる体験ができます。

ラブドールが人形だと思われる思い込みを破壊するには具体的にピンポイントで挙げるとまさに、ラブドールのヒザ箇所に生々しいシワが施されていること、生々しいくぼみが施されていること、左右非対称のシワやくぼみが施されていること、そしてボコボコしていることです。それらによって人形だと思ってしまう繊細な感覚を瞬間的に破壊してくれます。

これにより、「大きな人形を買った」という感覚ではなく、「生き物を買った」「人を迎え入れた」という購入体験いやもはや「迎え入れ体験」「お迎え体験」に至ります。これにはヒザ箇所が普通ではないことが必要です。普通は簡素で左右対称で「ザ・人形」です。しかし、普通ではないラブドールは美術学校を出た従業員や正社員やアルバイトの方が造形したかのようなもしくは3Dスキャンしてそのままペーストしたかのような生々しさが施されています。

「ラブドールの購入で繊細な領域でさえも失敗したくない」というレベルまで詰めて、より失敗しないラブドールを圧倒的な目利きで絞り込みそして見つけ出すコツの1つこそが「ラブドールのヒザ箇所見ること」そして「より生々しいヒザのほうを選ぶこと」です。

関連するマニュアルページ