首に継ぎ目がないほうを選んで下さい

「シリコーンドールはオリエント一択」な時代は終わった。首の継ぎ目のないラブドールの新たな代表例:マユミ(シリコーン素材のラブドールなのでセックス目的では最悪な買い物になります。シリコーン素材のラブドールは鑑賞やファッション目的などで最高の買い物になります。)

ボディとヘッドとの間に継ぎ目がないほうを選んで下さい

ラブドールは今までボディとヘッドが着脱式でした。現在もこのタイプが一般的です。しかし、ごく稀にボディとヘッドが一体型のラブドールが存在します。これはレアです。ポケモンで言うと「ミュウツー」や「ミュウ」のレベルです。全てのラブドールを凌駕します。

ボディとヘッドの継ぎ目は悪でしかない

ヘッドとボディとの継ぎ目があることで何年も飽きなくなります。すなわち、ラブドールのショップは何年もリピート購入してもらえなくなります。そのため、メーカーおよびショップはヘッドとボディが一体型のラブドールを扱いたがりません。しかし、ユーザー側にとってボディとヘッドの継ぎ目は悪でしかありません。その理由は以下です。

ボディとヘッドとの間に継ぎ目があると人形だと再確認されて萎える

他の部分がいくら最高でもこの部分に継ぎ目があると人形だと強制的に思わせられ続けてしまいます。その結果、最初の方に最高の買い物だと思っていても年数が経つにつれてもはや人形やモノにしか見えなくなり萎えてしまいます。

メーカーなどは「ヘッドを交換できる」などで説得してきますが、それらは上記の現実を覆い隠したものでしかありません。ヘッドとボディとの継ぎ目など無いほうが経験的にも絶対的に良いのは明らかです。

「ヘッドを交換できる」「ヘッドを外せば運搬しやすい」そのような「人間や生き物ではない特性」がラブドールにあると人形である以上、人形であることに拍車が掛かってどんどん人形にしか見えなくなります。

その結果、シリコーン素材のラブドールにおいては鑑賞が全く楽しくなくなってしまいます。そして、TPE素材のラブドールならばセックスが全く気持ち良くなくなってしまいます。

よって、ラブドールの一覧で継ぎ目がないドールを発見した場合はそれが他のラブドールを何次元も凌駕し、そして最も優れています。そのため、もし候補の中に継ぎ目がないドールがある場合は、一刀両断で即決で「その継ぎ目がないほうを買う」とバチッと決めると失敗しないラブドール購入にできます。

関連するマニュアルページ