浴槽の長いほうに沿って立ちバックにして洗うのは?→洗えない

ラブドールを浴槽内で立ちバックの体勢にさせて洗浄している様子

ナカが詰まって指が入らない

浴槽内でラブドールの脚を大の字に最大限開いても挿入口が全然開いてくれませんでした。指を入れようにも第二関節ぐらいまでしか入らず「すすぐことが」できませんでした。そのため、奥まで洗うことができず安心して洗浄することは不可能です。

自身が立つ場所があっても狭すぎて疲れる

立ちバックの体勢で立つスペースはあります。しかし、そこからシャワーを持ったり洗剤を手につけて挿入口をグチュグチュしながらシャワーを当てて洗浄するというスペースがありません。手探りで挿入するのが限度です。

窮屈すぎて体が当たってポージングが浴槽内で崩れ落ちる

窮屈すぎて立ちバックの体制が崩れます。ドールは重いのでポージングが浴槽内で崩れると共倒れのようになってしまい、風呂場にガラスや鏡等がある場合などは非常に危険です。そのため、安心して洗浄することができません。

関連するマニュアルページ