4woodsドールのヒザ箇所を劣化させずに洗いたい→壁に足を大の字に立て掛けて洗う

4woodsのラブドールを浴槽に仰向けにして脚を大の字に開いて壁に立て掛けて洗浄している様子(ドールのヒザ箇所の劣化を防ぐため)

浴槽に2つの風呂イスもしくはテーブル置いてその上に仰向けで乗せる

浴槽の中に風呂椅子を2つ置いていきます(風呂椅子ではない場合はテーブルやトランクを置くのもありです)。そしてその上にドールを乗せていきます。

脚を大の字にして壁に立て掛ける

脚を伸ばした状態で乗せ、その伸ばした脚を壁に大の字に立て掛けます。仰向けで脚を大の字にした状態で洗浄をします。

4woodsのヒザ箇所はとても耐久性が低い

4woodsのラブドールにおいて後背位セックスを繰り返したり、そしてヒザ箇所を曲げたまま鑑賞目的で放置したり、洗浄時にヒザ箇所を曲げたまま洗浄をしたりしていた結果、あっという間にヒザ箇所が裂け始めてしまいました。

経験的にシリコーン素材のドールの中かつTPEドールと比較しても明らかに早い劣化が起こりました。

4woodsのシリコーン素材はTPE素材と混ぜたようなイメージでシリコーンの中でもとても柔らかい部類なので繊細に触る必要があります。ちなみに、4woodsのヒザ箇所の甲羅造形の部分は甲羅があるのではなく何もありません。

もし4woodsが「ヒザ箇所に甲羅が付きました」というような新型骨格の発表があればヒザが劣化する心配が全くなくなるので、セックスはもちろん上記のような労力の掛かる洗い方をせずに済みます。

関連するマニュアルページ