ドールの目箇所の奥はどうなっている?→空洞です

ラブドールの目箇所の奥は空洞になっている(その空洞の中に穴は無いので水がヘッドの中に入り込んでしまうことは起きない)
ラブドールの目箇所の奥は空洞になっている(その空洞の中に穴は無いので水がヘッドの中に入り込んでしまうことは起きない)

空洞でありヘッドの中に水浸入することはない

ドールアイは簡単に取り外せて、その中は空洞になっています。球体の空洞でありその空洞に穴は無いので水が入り込んでもヘッドの内部に水が入り込むことは起きません。この構造はTPE素材のドールに共通しています。

シリコーンドールの目箇所の奥は見るのはNG

シリコーン素材のドールの目箇所は取り出すと素材上、その周辺が裂け始めてしまう可能性が高く、目箇所の奥を見るためにもしくは目箇所を変えようとドールアイを取り出そうとすることはNGな行為に当たります。TPE素材は取り出しても裂けることはりません。

廉価版のドールはこの空洞がいびつです

異様に安いドールなどでこの空洞箇所がいびつなことがまれにあります。明らかに写真が流用されていて、さらに10万円や15万円以下など明らかにメーカー価格よりも安いドールは各所で「B級やC級」と言われていることが多く、また、それらは真正のメーカーによるドールであっても中身が返品されたドールや製造時に若干のミスがあったドールであることも極稀にあります。しかし外見では分からないことが多いのが事実です。

そして、その目に見える例としてはこのラブドールの目箇所の奥の空洞部分が綺麗な球体ではなく右のほうがすこし深くくぼんでいたりします。

関連するマニュアルページ