勃たない→メッシュ生地のランジェリーを着せる(※汗ばんだ人間の素肌の感触にそっくりになります)

ドールにメッシュ生地のランジェリーを着せることで人工的に感じていた肌が生物的な肌感触に変わる

モノを触る感覚から”今生きている生き物”を触る感覚にガラリと変わります

メッシュ生地のランジェリーをドールに着せた瞬間、「”夏”にソープに行って超絹素肌の”風俗嬢”のお尻を触った時の”じっとり汗ばんだ生々しすぎる”感触」と酷似していて驚きました。

♦︎汗ばんだ女性の絹素肌に変わります

ランジェリーのメッシュ生地がドールのTPE素材と上手い具合に相まって「人間の汗ばんだ素肌を触っている感触」にそっくりになります。

♦︎生身の人間を触っている感覚になって勃ちます

ただの一般女性ではなく、仕事レベルまで突き詰めてスキンケアされた「超絹素肌」の肌かつ、なおかつ性のプロである「風俗嬢」の方の身体の肌の感触に豹変します。

♦︎メッシュ生地には人工的な肌を生物的な肌に変える魅力があります

テロテロの生地はいかにも女性を触っている感触になりますが、メッシュ生地は女性かつ夏の汗ばんだリアル女性の素肌をそのままリアルに触っている実体験ができます。

ランジェリー生地にメッシュ生地が使われる理由は、メッシュ生地によって人間の肌をじっとり汗ばんだ肌触りに変えることができ、それによってより肉体同士が一体になる体験が得られるためだと分かりました。

♦︎「シースルー生地」等で通販検索すると見つかります

「シースルー」「レース」「ベビードール」等のワードで通販で見つけることができます。テロテロではなくメッシュ状になっている生地を見つける際に、メッシュ生地と検索しても出てこない場合があります。その際は、”シースルー”(透けて見える)生地で検索すると見つかる場合があります。または、レース生地で検索すると見つかることがあります。

♦︎代表例

メッシュ状の生地のランジェリー(NLSより製品画像引用)

「胴回り」「お尻」「おっぱい」がメッシュ生地で覆われている「白系」を選ぶ(理想は全身覆われているランジェリー)

選ぶコツは「セックス中にたびたび触れる箇所がメッシュ生地で覆われているのを選ぶこと」です。「胴回り」「お尻」「おっぱい」が少なくともメッシュ生地で覆われていることでよりジットリ汗ばんだ肌体験を濃厚に体験できます。

正常位セックス中にドールの脇腹箇所に腕を立てるときに脇腹と腕が触れる瞬間にじっとり汗ばんだ生物の肌感触を感じることで“生身の人間”とセックスしている感覚に変わります。理想はおっぱい箇所もお尻箇所も腕箇所も太もも箇所も全身がメッシュ生地で覆われているランジェリーですがそれらは非常に希少です。また、残念ながら「おっぱい箇所がメッシュ生地のタイプ」は少ない部類に入ります。

唯一の注意点は色です。黒色系のランジェリーはドールに色移りしやすいためおすすめではありません。着せる際は「15分〜30分以内に脱がす」「セックス中に色移りを防ぐためにあまり摩擦させないようにする」という色移り周りの注意点が必要になってセックスに集中できなくなります。そのため、よりセックスに集中するために、黒系以外のランジェリーが最適です。

「白色」のメッシュ生地ランジェリー例

NLSより製品画像引用)

おっぱいをジットリ汗ばんだ感触に変えられます。背中とお尻が覆われていないのが欠点です。

NLSより製品画像引用)

前部が分離しているのでローションプレイ時ははだけさせて楽しめます。胴回りとお尻も汗ばみ肌感触で楽しめます。欠点はおっぱい箇所がメッシュ生地ではない点です。

NLSより製品画像引用)

おっぱい、お尻、胴回り、すべて覆われています。しかし、柄が入っているのでジットリした肌触りを最大限引き出せません。ただ、視覚的な性的魅力を高めることができます。

NLSより製品画像引用)

おっぱいと胴回りが覆われています。しかし、お尻は覆われていません。

ピンク色のメッシュ生地ランジェリー例

NLSより製品画像引用)

おっぱい、胴回り、お尻、すべてメッシュ生地で覆われていて全身的にじっとり汗ばんだ感触を楽しめます。縦横無尽的に体験できます。

NLSより製品画像引用)

おっぱい箇所、胴回り、お尻がすべて覆われています。お尻箇所は付属の同生地のショーツパンツでカバーできています。「パンツも欲しいが別々に揃えるのが面倒」という際にもおすすめです。

NLSより製品画像引用)

前部が開いているのでローションプレイ等でランジェリーが邪魔に感じることがありません。と同時に、ランジェリー越しにローションプレイを楽しむこともできます。胴回りやお尻もメッシュ生地で覆われていて、おっぱい以外はじっとり汗ばんだ感触を楽しめます。

NLSより製品画像引用)

上記のピンクランジェリーの安価版とも言えます。「もう1つ欲しいが高いのは要らない」という際におすすめです。

関連するマニュアルページ