ジェット型シャワーヘッドを使用して洗う(洗浄だけでなく風呂場も楽に綺麗になります)

ジェット切替型シャワーヘッドならば細い幅の内部も簡単に洗浄できる

ラブドールのヴァギナ箇所とアナル箇所のホール内部を洗浄するにあたって必需品だったのは「ジェット水流に切り替えられるシャワーヘッド」です。ジェット水流により、素早くローションや汚れや洗い残し等を削り取り、そして素早くすすぐことができます。

♦︎ご自宅のシャワーをジェット切り替え型シャワーヘッドに交換して下さい

通販で「ジェット シャワーヘッド」等でAmazonや楽天にて検索すると出てきます。実際に色々なジェット型シャワーヘッドを使い分けた結果、最も洗いやすくなおかつ本来の自身の風呂場としての利用でわざわざヘッドを交換しなくて済んだのは『カクダイ シャワーヘッド バス用お掃除シャワ 356-723-W ホワイト』でした。

交換は現在のシャワーヘッドを手で回して外して交換するだけです。シャワーヘッドの交換部分は日本中で(世界中で?)ほぼ共通しているので工具は要りません。

♦︎ジェットモードに即切り替えてホールの奥まで簡単に短時間ですすげます

ジェット水流に切り替えてホール内部を洗浄します。ジェット水流によってホール内部に残ったローションや洗い残しの洗い流しそしてすすぐのを非常に短時間で行うことができます。

♦︎シャワーモードに即切り替えてボディも楽に洗うことができます

シャワーモードに切り替えてドールのボディを洗浄します。ジェット水流からすぐ通常のシャワーモードにすぐ切り替えられるようになっているのでジェット状態では洗いにくいボディ洗浄時も問題なくシャワーに即切り替えて洗浄ができます。

♦︎風呂掃除にジェットが重宝します

ノーマルタイプのシャワーヘッドをジェット水流切り替え型に交換することでドールだけでなく、風呂場の洗浄に重宝します。それまでタワシで浴槽などをゴシゴシしていた行為がなくなり、水流カッターのごとくジェット水流だけで水垢や汚れを削り落としてくれます。風呂掃除があまりにも楽に激変するため、風呂掃除に手放せなくなります。

♦︎注意点:中くらいのシャワー勢いにとどめる

ジェット水流時に大量に水を出すと水カッターのようにな強い水流になしまうため、ドールのホール内部を傷つけて内部の金属骨格箇所まで貫通してそこからサビ液などが出てくる事態が起きたことがあるため「ホール内部を傷つけない程度の水流にとどめること」が唯一の注意点になります。

関連するマニュアルページ