ラブドールの服のサイズで迷う→女性用のSサイズを選んで下さい

■ボンキュッボンでもSサイズが最適

Gカップの等身大ラブドールにSサイズの服を着せた状態の様子(撮影:muneniku.com)
Gカップの等身大ラブドールにSサイズの服を着せた状態の様子(撮影:muneniku.com)

「等身大のラブドールに合う服のサイズが分からない」「リアル人間と違って胸が潰れにくいのでワンサイズ大きいのが合うのかもしれない」「ドールの商品説明にEカップとあったけれど見たところリアル女性のHカップぐらいはあるのでリアル女性用のSサイズだと胸のところで引っ掛かって下まで入らないかもしれない」「しかしあまりにキツキツ過ぎるとドールのボディを劣化させてしまうかもしれない」

といった具合に、服を購入する際に迷ってしまうことがありました。そして実際にSサイズやMサイズを各種ドールに着せたりした結果、”爆乳の”ラブドールであってもSサイズが最適だと分かりました。

そのため「ドールに着せる服はいったい何サイズなのか分からない」という場面に直面した際は、シンプルに「女性用」かつ「Sサイズ」が最適です。「迷わず女性用のSサイズを選択する」と人間により近づいた姿を目の前にできます。

◇SサイズでもGカップの爆乳が入る

「胸が大きくて入らないかもしれない」という不安があってもSサイズで問題なく入ります。

等身大かつGカップでなおかつ人間のおっぱいのようには潰れないドール特有の爆乳、なおかつおっぱいの中が詰まっていて一番潰れないソリッド型でもSサイズの服が入りました。

さらにブラジャーを装着した状態でその上からSサイズの服を着せた状態でも入れることができました。

そのため、GカップなどのサイズでもSサイズは入ります。

◇Sサイズならば吸着して人間らしくなる

Sサイズによってドールの見た目をより人間に近い姿にすることができます。

Sサイズはキツキツでドールにとってはいかにもギチギチかもしれませんが、Mサイズではできなかった「人間らしさ」を目の前にできるようになります。Sサイズを着せることで胸の膨らみからクビレそして腰回りへとピタッと吸い付いてくれてダボつく箇所がなくなることによって人間らしい姿を目の前にできます。

ドールにおいてMサイズだと胸のところで広がってクビレにかけて空間ができてしまい、まるで服に着せられているような見た目になってしまいます。ドールのおっぱいは生身の人間のようにフニュンと潰れてくれないため(形状維持するために張りをもたせている都合上服程度ではリアル人間のようには潰れにくく)それが顕著に起こってしまいます。

そのため、ドールにおいてはピチピチ優先の服を着せることでドールのモデル体型を壊さずにそのモデル体型を生かした服の見た目で着せることができます。そしてそのピチピチ感がこそが“人間が豊胸ブラを着てその上に服を着ている”といったリアル人間の見た目により近づきます。

ブラジャー無しでは通常は潰れてしまいます。しかし「人間がマネキンに近づこうと豊胸ブラをして胸を固めて服を着た姿」と「ドールがピチピチにして大きな胸を必至に潰して服を着た姿」が似ていて、より人間に近づいて見える現象が起こります。(人間がドールを目標にし、ドールが人間を目標にした結果、お互いに同じ目標である“ドール人間”として意気投合するようなイメージです。)

まるでそのドール自身が自分で選んだ下着と服を自分で着ているかのような“生きているような”感覚を目の前にすることができます。それには特にクビレがわかるタイト気味な服すなわちSサイズの服が必要になります。

◇Sサイズこそがセックスにも合う

行為に及ぶ前にAVなど見ずにただただ目の前にしているだけでもりあがっていき、そして何も意識することなくただただ本能的に維持できたのはSサイズの服でした。

Mサイズは「“性的に魅力的な女性だ”と認識する部分を削いでしまう」ということがたびたび起こりました。特にくびれ周りでブカブカになると性的な魅力が消えていきました。さらに腕周りや他の部分でブカブカな部分があるとさらに性的な魅力が消えていきました。

セックスで本能的に女性だと感じるためにはやはり、服を着た姿に“クビレがあること”が決め手でした。

そのため、セックスにはクビレが顕著になるSサイズが必要です。男性用の服と女性用の服の違いは主に「クビレ」にあり、ハンガーに吊るしている状態でクビレが無いのが男性用でクビレがあるのが女性用で、男女兼用にはクビレは無いのがほとんどです。

そのため、等身大ラブドールに共通的に最適な服のサイズは、“男女兼用”のSサイズではなく「“女性用の”Sサイズ」です。

関連するマニュアルページ