座らせたまま保管しないよう注意して下さい(※変形します)

ラブドールを座らせた様子
ラブドールは座らせたまま放置するとボディが変形してしまう。

股関節箇所に”人工的な”シワが生じます

数週間以上座らせた状態で放置すると、ラブドールの股関節箇所にシワが生じてしまいます。シワはシワでも「人工的なシワ」が生じてしまいます。

そして、素材の特性上、そのシワが生じたまま放置すると形状記憶でずっとシワが残ってしまいます。ボディをまっすぐにしてもシワが残り、ラブドールの股関節周辺箇所の外見に違和感が残ってしまいます。

ボディに人工的な箇所が生じるとTPE素材ラブドールの性的魅力が半減します。例えば、「挿入前にボディを眺めたときにそのシワが目に入って全然勃たなくなってしまう」といったことが起こります。

シリコーン素材のラブドールにおいても美術的な魅力が大幅に減少してしまいます。その結果、返品したくなる感覚が日に日に増していく末路になります。

お尻箇所がペッタンコに変形します

座らせたまま放置するとお尻箇所がペッタンコに変形してしまいます。ペッタンコ気味に変形してしまいます。

「購入当初は突き出たお尻だったのに、数週間以上座らせて放置させてしまったばかりに素材の形状記憶特性でペッタンコ気味に魅力半減なお尻になってしまった。もう戻らなくなってしまった。思い入れも無くなってしまった。熱も冷めてしまった。売却したい。」ということが起こります。

「お店が座らせて展示しているから大丈夫」は間違いです

ラブドールが座らせて展示されている場合は、そのお店は「ラブドールのことをよく知らない」もしくは「2週間以内に回収して真っ直ぐに戻す予定でいる」もしくは「変形してしまうことを犠牲にしながら販売している」という内情があります。

「座らせて放置しても大丈夫」ということは意味していません。TPEドールもシリコーンドールも座らせて放置できるのは長くても1週間です。それ以上座らせたままにすると変形してしまいます。ただし、お尻箇所が肉薄で指で付いても指先の1/5程度しか沈み込まないという場合は例外です。または、座らせたまま放置しても股関節箇所とお尻箇所が劣化しない対策がなされた言及のあるラブドールは例外です。

しかしながら基本的に、ラブドールにおいて座らせたまま数週間以上放置させることはNG行為です。ラブドールを座らせている写真を目にした場合は「その後すぐにボディをまっすぐに戻した」と解釈するとラブドールを劣化させずに楽しめます。

関連するマニュアルページ