オリエント工業のラブドール購入で失敗したくない→マネキン目的で購入して下さい

性的理由を徹底的に排除して美術マネキン目的で買ってください

リアルドール『オリエント工業』にドレスを着せた様子|“この後メチャクチャセックスした”ではなく“美術鑑賞で終わる”というのが実際です。
  1. 衣類用マネキン目的で買ってください
  2. 美術鑑賞目的で買ってください
  3. 性的な購入動機を徹底的に排除してください
  4. 公式サイトの性的表現は無視してください
  5. 専用ホールは美術目的で買ってください

衣類用のマネキン目的で買うと失敗しません。衣服を飾るマネキン目的で失敗しません。衣類であるアクセサリーを飾るマネキン目的で失敗しません。一般的なマネキンと比べてリアルなのでよりその衣類が活きて見えます。貴重な衣服をただのマネキンに飾るのは衣服に失礼さえ感じるほどです。「貴重な衣服を最も美しいカタチで飾りたい」といった方法は人間が着る以外にオリエントドールに着せるという方法がおすすめです。

美術鑑賞目的で買うと失敗しません。ムラムラしてしまった場合は『ムラムラしてしまうほど優れた性の美術』を鑑賞する目的で失敗しません。しかし、ムラムラしてセックスする目的で買うと失敗します。『ベッドで誘惑してくる性の美術』を鑑賞する目的で失敗しません。しかし、ベッドで誘惑されてセックスする目的で買うと失敗します。黄金比率で整えられた裸の美術を鑑賞することに終止する目的で失敗しません。しかし、裸を鑑賞した後にセックスする目的で買うと失敗します。公式サイトの写真で勃起しても「勃起させるほど魅力的な美術を鑑賞できる」といった美術鑑賞目的やマネキン目的で買うと失敗しません。オリエントドールは実際にセックスしたら期待外れ過ぎて萎えてしまうので美術で終始する楽しみ方で失敗しません。

性的な購入動機を徹底的に無くします。性的な理由でオリエント工業のラブドールを購入する行為は美人局やエウリアンに近くなってしまいます。「”この高額な絵を買えばこの美女とセックスできる” と想起させるが実際は絵を買ってもセックスできない」という美人局やエウリアンの感覚に似ています。オリエントドールをセックスする目的で買った結果「いざホールを装着して挿入してセックスしたところあまりにも生物とかけ離れた硬さであれほど公式サイトで柔らかい柔らかいと言っていたのに実際は硬くて完全に萎えてイクことなくセックスを中断して終わる」という始末になります。そして70万円以上も支払ったことに酷い後悔を感じることになります。

専用のホールパーツは不要中の不要です。セックス目的では4woodsやTPEドールがはるかに気持ち良いです。専用ホールを挿入目的ではなく『オリエント工業が創作したオナホールの美術』といった美術鑑賞目的で買うと失敗しません。挿入目的では失敗します。オナホールの本来の目的である性行為目的での購入では返金してもらいたくなる買い物になってしまいます。

惑わされない買い方

衣服を飾る目的で買うと失敗しません。衣服を人間が着るように美しく飾りたいというマネキン目的で買うと失敗しません。衣服をもっと立体的に鑑賞したいというマネキン目的で買うと失敗しません。一般的なマネキンではリアリティがないのでリアルなマネキンであるオリエント工業のラブドールを“マネキンとして”買うと失敗しません。

裸は裸でも“裸の美術”を鑑賞する目的で買うと失敗しません。性的は性的でも“性の美術”を鑑賞する目的で買うと失敗しません。「美術目的です!(あわよくばセックスもしようと思っています…)」という目的は買って後悔したと感じてしまいます。

オリエント工業のサイト上でいくら専用ホールパーツを勧めてきても徹底的に購入候補から除外します。ショッピングカートに入れても削除します。オリエント工業とその周辺グッズに対して性的な目的を微塵も含ませないことで「3年後に無駄な購入だった感じてしまう出費」を抑えられます。オリエント工業は衣服鑑賞マネキン目的もしくは美術目的が失敗しません。

専用ホールの存在意義は「性的な理由で購入してしまった結果、感情移入してしまってどうしてもセックスしたくなった….ただ…オリエント工業のラブドールはボディ表面が硬くてセックスが全然実用的ではないと触った時点で分かっている…しかしそれでもカタチだけでもいいからこの”美術”と肉体的に交わり合いたい!」といったつなぎ的な解消手段でしかありません。

実用的な目的の専用ホールではありません。オリエント工業のラブドールはTPEドールのセックスの快適さに比べてはるかに劣ります。4woodsのセックスの快適さと比べてはるかに劣ります。オナホール業界のラブドールのセックスの快適さに比べてはるかに劣ります。オリエント工業のラブドールはセックスのセの字も楽しめません。

オリエント工業で純粋に楽しめたのは「セックスの美術鑑賞」です。「性の美術鑑賞」です。セックスはTPEドールや4woodsやオナホ業界のラブドールのほうが何百倍も気持ち良いです。オリエント工業のラブドールは衣服店から譲り受けたマネキンの股間箇所に穴を開けてそこにハンドオナホを装着して無理やりセックスしているような実用のじの字もないようなセックス体験で話になりません。

専用ホールの存在は「性的な動機で買ってしまった場合」に本来の楽しみ方である「衣服鑑賞などのマネキン目的や美術鑑賞目的にシフトするのに必要なもの」です。そのため、最初から「“最終的にたどり着く”オリエント工業の楽しみ方である“衣服鑑賞や美術目的”」で最初から購入することで専用ホールを必要に感じることはありません。性的な目的は4woodsやTPEドールに隔離することでそれぞれの目的を最大化して楽しめます。

また、売られている専用ホールは明らかに値段が割高です。「オリエント工業が作ったから」というふわふわした錯覚的な価値が付加されたオナホに過ぎません。オナホールのショップで『名器の品格』などの似たような外見の本格的なハンドオナホールを買うほうがはるかに値段に見合った気持ち良さのゴリゴリに実用的なオナホが手に入ります。

オリエント工業から徹底的に性的な理由を排除することで、やっとオリエント工業を深く楽しめるようになります。オリエント工業は「明日花キララが出演する映画(結局セックスシーン目的)」というラブドールではまったくありません。オリエント工業は性的なシーンが微塵も登場しないがなんだかフェミニンな雰囲気で癒やされるアニメ『ああっ女神さまっ』のベルダンディーのような存在に似ています。セックスではありません。美術です。癒しの美術です。触りません。鑑賞のみです。

しかし、このオリエント工業が作った専用ホールパーツを「絶対に挿入しないが性の美術として専用ホールも欲しい」という動機で購入する場合は失敗だっと感じる購入になることはありません。

もし公式サイト上の説明の文言や写真やイラストで「ベッドシーンを楽しめます」といった趣旨を彷彿とさせる箇所があった場合は「ベッドシーンの美術を楽しめます」と脳内変換する必要があります。「実行為」ではなくその「実行為を鑑賞する」という視点に脳内変換する必要があります。オリエント工業のラブドールはこの脳内変換で失敗したと感じる購入になる事態を防げます。

惑わされがちな瞬間例

オリエント工業のラブドールを購入しようと公式サイトに訪れた際に、写真を見ているうちに勃起してしまったとしても性的な目的を一切購入動機に含ませないでください。

その性的な目的で買っても性的な目的をオリエントドールで満たすことはできません。満たせるのは「性的なシーンの美術鑑賞」です。実行為ではなく美術鑑賞行為が目的であれば失敗したと感じず本命の買い物だったと感じることができます。

オリエント工業のサイトを表示すると勃起してしまいます。ムラムラしてしまいます。そして「セックス気持ち良いのだろう」「最高の毎日セックスライフが訪れるのだろう」と想起してしまいます。

しかし、その想起通りのことは訪れません。訪れるのは「そのように想起させる美術を鑑賞できる楽しみ」です。あくまで美術鑑賞です。オリエント工業の強みは実行為ではなく美術です。

オリエント工業が「おっぱいがさらに柔らかくなりました」「ボディがさらに柔らかくなりました」と表現している意図は「おっぱいがさらに柔らかくなったことで下着を着せたときに、より人間に近い下着着衣姿の美術を鑑賞できます」「ボディがさらに柔らかくなったことで下着がふんわり食い込む”より人間に近い下着姿の美術”を鑑賞できます」ということを意味しています。

「おっぱい揉もう!」「セックスで抱き締めよう!」ということは意図されていません。そしてそれを実際にオリエントドールで行っても硬いです。硬すぎます。ラブドール業界内では硬すぎます。論外です。抱き締めるなら4woodsやTPE素材のラブドールです。4woodsやTPEドールなどのほうがはるかにその性的な欲求を素直にダイレクトに満たせます。

勃起しても”性的な実行為”目的で買わないでください。勃起したときに”性的な実行為の美術鑑賞”目的で買うと失敗しない購入にできます。オリエント工業のラブドールは鑑賞目的が本命レベルに楽しめる楽しみ方です。

オリエント工業のショップページでオプション品として専用ホールパーツが目に入っても徹底的に除外してください。商品説明文からいかにもセックスライフが最高だと想起してしまうことがありますが、その想起はすべて現実のオリエントドールとかけ離れています。

オリエント工業が売りにしているのは最高のセックスライフではなく「セックスライフが最高だと想起してしまう美術」です。美術鑑賞です。実行為ではありません。美術鑑賞です。

専用ホールを買う際は「挿入して出し入れする目的」ではなく「性の美術を鑑賞する目的」として絶対に挿入することなくただただ眺めるだけの購入が失敗しない購入にできます。

“ラブドールを日常にしたことがないのにラブドールを取り上げる大手メディア”はあたかもオリエント工業のラブドールで最高のセックスライフが訪れるようなことを想起させる形が主です。しかし、実際は異なります。

実際は、最高のセックスライフは訪れません。セックスライフのセの字も訪れません。最高のセックスライフが訪れるのは4woodsドールです。TPEドールです。オリエント工業は硬すぎて話になりません。可動域も狭すぎて話になりません。

また、4woodsや他のドールではとっくの昔に新作のたびに継ぎ目が薄くなっているのに対し、オリエント工業は新作のたびに継ぎ目はそのまま昔からガッツリとあります。オリエントドールから継ぎ目が無くなるのは遠い未来のように感じてしまうほどです。継ぎ目があるとセックス中の視覚快感に“人工物感”が介在してしまいます。人工物とセックスしている体験にとどまってしまいます。その垣根を無くして生物とセックスする体験にするには継ぎ目を無くすことが必須です。そのため、継ぎ目が目立つ時点でセックス目的では話になりません。

オリエント工業で楽しめる醍醐味は「最高のセックスライフを想起させるほどの美術を鑑賞できる」という醍醐味です。趣味がセックスではなく、趣味が美術でやっと楽しめる醍醐味です。

セックス目的でオリエント工業のラブドールを購入した場合、返品や返金がしたくなります。しかし、実際に挿入してセックスまでしてしまった使用済みで返品や返金ができないのでオークションや売却業者で仕方なく売却するといった流れに進みたくなります。

しかし、売却したり処分するのが面倒でそのまま押入れにしまい込んで「ラブドール業界で一番有名だから絶対失敗しないと思っていたのにまんまと失敗してしまって今回は勉強代だった」と諦めて、4woodsドールやTPEドールなどのセックスに特化したラブドールを改めて購入してやっと求めていたセックスライフが訪れ、数年間毎日セックスライフを過ごし、そしてセックスに飽きたときにふと押入れからオリエントドールを出したときに「美術」に目覚めます。

セックスが飽きたら次は美術です。セックスが面倒でも「セックスの美術は楽しめる」のです。そこでオリエント工業が活きるのです。勃起しても抜かないのです。その段階でやっとオリエント工業のラブドールが楽しめるようになります。

オリエント工業を楽しむにはまず「セックスに飽きる」という段階を踏む必要があります。「セックスを楽しめる」という名声を耳にしてもそれは誤りです。正解は「セックス”の美術”を楽しめる」です。オリエント工業は錯覚の名声が独り歩きしています。

オリエント工業のラブドールをセックス目的で買うと失敗します。オリエントドールは衣類用マネキン目的で失敗しません。美術鑑賞目的でしません。

関連するマニュアルページ