配達は二人がかりで来て欲しい→36kg以上を注文して下さい

ボディ重量が36kg以上を選びます

36kgのラブドールを梱包箱に入れた様子 ※撮影:MUNENIKU.COM
36KGのリアルドール本体と梱包箱※総重量40kg程
  1. ボディ重量32kg付近は一人配達です
  2. ボディ重量36kg付近から二人配達です
  3. 二人配達を希望する場合は36kg以上を選びます

ボディ重量が32kgのラブドールを注文した際に、配達してくれた人の人数は一人でした。

一方、ボディ重量が36kgのラブドールを注文した際に、配達してくれた人の人数は二人でした。

36kg以上を選ぶと二人がかりで持ってきてもらえます。二人がかりで配達の負担が非常に低いので配達する側も楽しそうで受け取る側も気持ち良く挨拶を交わしながら受け取れます。

ボディ重量32kgは一人配達で36kgは二人配達です

ボディ重量が32kgのラブドールを注文すると、ダンボールや緩衝材を含めるとプラス5kg程度で37kgほどになります。一人では非常に苦しい重さと大きさです。しかし、人不足でその重量では一人で担当することになります。運搬する側にとってこの37kgは「非常に疲れる配達」です。

そのため、32kg程度のラブドールを注文した場合、その配達の方に大幅な負担をかけることになります。実際、持ってこられた際には「もう絶対に運びたくない」といった感覚が受取時ににじみ出るように感じられます。

そして一人がかりなので「いったい何が入っているのか」と「余計に」詮索されることになります。一言で言うと「気分良く受け取ることができない。」です。

ボディ重量が36kgのラブドールを注文すると、ダンボールや緩衝材を含めるとプラス5kg程度で41kgほどになります。「一人で配達車から玄関まで運搬するには」ほぼ不可能な重さと大きさです。

そのため、ボディ重量と梱包材を含めた総重量が40kgを越えたあたりから二人がかりになる購入感覚があります。

二人がかりで来られる際は「非常に快適」です。配達する側も「二人なのでとても楽」といったイキイキした感覚が感じられます。「いったい何が入ってるかなんてどうでもいい」といった感じで詮索されることはありません。一言で言うと「ラブドールの購入至上、最も気持ち良く受け取ることができた配達スタイル」です。

※40kgオーバーでも玄関から部屋に持っていくことはできますので「部屋の中まで配達してもらう」という配達員への要望は不要です。

32kg程度のラブドールを二人がかりで来て欲しい場合は購入時にケースを注文します。40kgを越えれば二人がかりで来てくれる可能性が高まります。

そのため、ラブドールのボディ重量が32kg程度の場合で二人がかりで来て欲しいといった場合は、オプションで「ラブドールを収納する収納型の長イス」などがある際はそれらを注文すると二人がかりで来てくれる可能性が高まります。

※二人がかりで来て欲しいと配達業者に要望するのは人手不足で迷惑が掛かるのでその要望は避けると気持ち良く受け取れます。

関連するマニュアルページ