ゴム挿入で“生挿入”にしたい→ZONEを使用して下さい

「ラブドールの“コンドーム挿入”で生挿入の感触を味わいたい」といったときはゴムを装着しているのに装着してないような体験になる『ZONE』というコンドームが必要になります。

“ZONE”を使用する

ゴム挿入で生挿入したい場合は新型コンドームの『ZONE』を使用します。

ラブドールはコンドーム挿入一択派になっていく

ラブドールにおいて、前回の挿入から長期間空いてしまっている場合は、いくら入念に洗浄をしたとしても安心して生挿入することはできません。保管や管理やメンテナンスを怠ると必然的にラブドールであっても「コンドーム挿入一択」になります。

だんだん生挿入したくなってくる

そうすると、やはり生挿入していた頃が懐かしく感じてしまいます。そんなときは「あたかも生挿入していると錯覚できるコンドーム」を使用することで擬似的に生挿入にできます。安全に生挿入できます。そのコンドームが先ほどのZONEです。

メンテを怠っても着脱型ならば生挿入できる

なお、洗浄後の後始末や乾燥や保管やメンテナンスを怠って長期間空いたとしても安心して生挿入できるのは、挿入箇所が“着脱型”のラブドールになります。「私はズボラだ!」という場合は着脱型のラブドールならばずっと安心して生挿入することができます。

内蔵型は特殊なコンドームが必須的になる

「いや!私はラブドールにある穴、人間と同じように“肉体にあらかじめ在る穴”に挿れたいんだ!」という場合は内蔵型のラブドールが最適でおすすめとなります。その際にやはり挿入内部にカビ等が生えないように管理するのがだんだんと手間に感じはじめます。そしてコンドーム一択に変わっていきます。そのため、内蔵型のラブドールにはこの『ZONE』のような特殊なコンドームが重宝します。

関連するマニュアルページ