ヘッド接合部から水が侵入するのを防ぎたい

『ラブドールの洗浄時にヘッド接合部から水が侵入するのを防ぐためにニトリル手袋を接合部に被せている対策の様子』
『ラブドールの洗浄時にヘッド接合部から水が侵入するのを防ぐためにニトリル手袋を接合部に被せている対策の様子』

ゴム手袋を接合部に被せる

ゴム手袋(ニトリル手袋)を接合部に被せていきます。ピタッとくっつきます。ニトリル手袋は100円ショップで買えます。

レジ袋などで縛ると水の侵入は防げません。

また、ヘッドを付けたまま洗浄したりしていると段々つらくなってきます。頭部だけでも数キロあります。頭部を外せば数キロ軽く風呂場に持ち運ぶのが楽になります。しかし、そこで水の侵入の心配が出てきます。もちろん、ヘッドを装着しているときでさえ、隙間から入ってくることさえあります。そこでゴム手袋です。

ゴム手袋はピタッとくっ付くので水侵入を防げる

ヘッドを外してゴム手袋をカパッとピタッとはめることで、洗浄時にシャワーがかかったりするときなど確実に水の侵入を防ぐことができます。ゴム手袋はどこにでも売っています。確実なのは100円ショップです。スーパーにも見つかる場合があります。「ニトリル手袋」というのがそれです。

袋で被せるよりも何倍も楽に防げる

レジ袋で縛って水の侵入を防ぐという方法もあります。しかし、それは水が侵入してきてしまいます。ボディが劣化し始める原因を作ってしまいます。やはり、ゴム手袋を装着させるほうがより楽でより劣化させずに済みます。

ヘッド接合部から水が侵入するとボディが裂けたときにステンレス製であってもサビ汁が出てきてしまう

ラブドールのボディの中に水が入ってしまうと排出することができません。しかし、あるとき排出する機会があります。それは「ラブドールのヒジ部分やショルダー部分などが裂けた時」です。そのときに、溜まっていた水が今か今かと待ち望んでいたかのように出てきます。しかも透明ではなくサビ色だったり、とにかくラブドールの中身はかなり清潔面に欠けることをその際に思い知らされます。ステンレス製の骨格でもそのようなサビ汁が出てくることがありました。4woodsなどの最上位のメーカーでもそれが起こりました。なので共通しています。もし劣化したときもそういったサビ液が出てこないようにするためにもやはりニトリル手袋を接合部に装着して洗浄することをおすすめします。

関連するマニュアルページ