6Yedollを“関節フリー”で買う方法は「SexySexDollで購入すること」

最近、海外ショップのSexySexDollsでも6Yedollが買えるようになった。それなのにわざわざ6YEの本家代理店的存在である海外店SexySexDollで買う理由が実はある。それが「フリー関節を選べるから」である。6Yeドールを扱っていてもこの関節タイプのオプションがないショップがほとんどとなる。

6Yeのデフォルト関節はやはり硬い

6Yeとの正常位セックスの準備にで「カエルポージング」にしている最中にいつも思うことがある。それは「あぁ…関節かったいなぁ。。。。ここが関節無しで垂れたタオルを持ち上げるようなレベルの緩さで持ち上がればいいのに..」そう思っていた。そして6Yeはいくら使用しても関節が緩んでくれないのだ。そのため、最初から製造段階でフリー関節を要望する必要があった。

一般的なTPEドールに比べて柔らかい。しかしまだ硬い

他のTPEドールに比べて関節は柔らかい。ボールジョイントでセックス志向に作られているためセックスを想定しているがために関節は緩めにされていると思いきや、意外にそんなに柔らかくはなかった。しかし、やはりそれでも「関節フリーだったらもっと快適なのに…」と思うことがしばしばある。そのため、最初から関節フリーで注文するのがベストとなる。

オプションが無くても備考欄で要望すればしてくれる

実はオプションが注文画面に無くてもショップの備考欄で「関節をフリータイプにしてください。(いわゆるLoose Jointにしてください。関節をゆるゆるにしてください)」といった趣旨の要望を書くことでそうしてくれるショップもある。

わざわざ備考欄で要望する手間が無いのがSexySexDoll

やはり要望欄でそういったことを書くのも疲れるし、さらに要望がうまく噛み合わずに連絡のラリーが続くのも面倒…。予めその関節オプションが注文画面で選択できるようになっていてそれらの面倒がないのがSexySexDollの魅力である。

セックス目的の場合は「フリー関節」一択

「節約のために両方対応できる関節具合で・・・」

関節タイプを選ぶときに以前は葛藤があった。「節約のために、鑑賞目的でポージングが要りそうだからポージング性能はある程度あって、それでいてセックスでガチゴチだと困るので比較的柔らかめなのにすればハイブリッド的に節約できるのではないか」と思い、デフォルトで手にした結果、その通りにはならなかった。

ハイブリッド関節を求めると中途半端な結末になる

ハイブリッドを求めた結果、中途半端に終わった。鑑賞時もなんだかやたら硬くて萎えるときもあり、それでいて立たせようとすると関節が持たなくて崩れ落ちたり、それでいてセックス時はもっと関節が緩ければいいのにと何度も不満を感じ、特に賢者タイムで洗浄時にはすごく関節が硬く感じる始末だった。

また、添い寝時に太ももに手を掛けて自身の身体に掛けようとしても「ザ・バーベル上げ」のごとく全然上がらない。それに毎回萎えた。「あのとき面倒でも備考欄で“関節フリータイプを希望します!”といった旨を書けばよかった」と何度もセックス時と添い寝時で感じたのだった。

鑑賞目的はガチガチ関節一択。プレイ目的はフリー関節一択

結果、鑑賞目的ならガッチガチの関節を選択し、セックス目的や添い寝目的ならばフリー関節を選択するのが不満感を抱くこと無くフルに楽しめることを悟った。とにかく「両方共に適応できる」といった魂胆で選ぶとどちらの目的も後悔した結果となった。

セックス目的や添い寝目的で購入する際は潔く「関節フリータイプ」となる。また、Loose Jointを選択して注文したときに「あぁ…この人はセックス目的で買ったんだな」と思われるのがイヤでカッコつけて「セックス目的なのに硬い関節やノーマル関節にする」のは本当に無駄な羞恥心だった。潔くセックス目的はゆるゆる関節、鑑賞目的はガチガチ関節で選ぶべきだったと悟った。

そしてその関節を注文画面で選べる現在唯一のショップがSexySexDollである。(今後関節を選択できるショップが増えていって欲しいと思っている。)

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ