「今日頑張った!翌朝…」自分ご褒美にオナホを買っても後悔しない買い方

   

“異星人級”のオナホを3本所有することで“自分へのご褒美”等の無駄遣いループが終わる

電動オナホールの『NLSピストン』と『A10サイクロンSA』、ハンドオナホールの『TENGAフリップゼロ』を購入すると何年も他のオナホールが不要になる。それらで“自宅で風俗嬢の方のフェラを味わえる状態”を自宅に所有できるので、「風俗に行ってプロのフェラでイキたい」といった欲望も大幅に減退できる。“お金を溶かす”といった事態を消滅できる。

性家電のNLSピストンとA10サイクロンSAプラスとフリップゼロを並べた様子
リアルラブドール『4woods』にヒョウ柄タイツを着せた様子
テンガは外見が美麗で飾りたくなる。しかし、黄ばんだりしてだんだん飾れなくなっていった。
ミニマルを追求するとテンガに行き着く。しかし、その後は性家電に行き着く。

「風俗で射精したときに“お金が空気のように消えていく”といった感覚に遭遇したくない!」といった場合もそれらのオナホが必要となる。性の悩みは異星人級のオナホでやっと節約できる。
ちなみに、妥協で我慢するオナホ時代は終わった。経験的に5年ぐらい前まではそうだった。「風俗にバトンタッチさせるためのオナホ」だった。「結局、“リアルオンナ”にバトンタッチさせるためのオナホ」だった。

しかし、その搾取時代は終わった。今やガッツリとゴッソリと性欲を満たしてくれるため妥協しないオナホの時代になった。“自分へのご褒美で無駄遣いしてしまう”ループや、性の悩みに振り回されて汗の結晶を溶かすループは、それらの“異星人クラス”のオナホを所有することで終了させることができる。「口を開けて拝むように待つ」のはオナホを純粋に楽しめない。「依存ではなく必要に感じたときにだけ買う」といった良好な関係をオナホと築けてしまう。

「今日はがんばった!自分へのご褒美に…」

ー いらっしゃいませ〜♪ ご注文はお決まりですか?

「はい。持ち帰りでお願い致します…チキンクリスプを…(一つだけ…いや…)」

カウンターのテーブルにあるメニュー表から100円マックを探す。

何年か前にレジからメニュー表が消えたが最近はまた置かれている。年に数回程度と言えども、やはり天上を見上げながらメニューを選ぶのが億劫だった。

やはり買ってほしくないのかなかなか見当たらない。

文字だけの記載、やっと見つかった。

”チキンクリスプ  ハンガーバー チーズバーガー”

100円マックの記載がやっと見つかった。

「今日は頑張ったんだから!」

今日は頑張ったんだ。100円マックを1つじゃなくて、合計4個にしよう。そうして言葉をつなげた。

「(チキンクリスプを)…2つお願い致します。」

「それと…ハンバーガーを2つお願い致します。」

騒がしい店内でも2つと分かるようにと「Vピース」をしながら注文していく。

ー それでは右に寄ってお待ち下さい♪

ワクワクしてくる。ご褒美だ。チキンクリスプとハンバーガーを合計4つもこれから食べるんだ。

さっきピースをしたが「ロック!」といったピースをしたらどうなるんだろう、普通に対応してくれるのだろうか…などといった妄想も湧いてくる。

ロックを掛けながら野生のようにがっついて食べて、

「今日の自分がんばった!がんばった!明日やる仕事も予定を組んだ!今日は頑張ったんだ!自分休め!少しは休憩しよう!」

そう待っていた。

ー ハンバーガー2つ、チキンクリスプ2つでお待ちのお客様〜♪

よし!

お礼を言い、マックの紙袋を鷲掴みしてその場を去った。

「喉が乾くから炭酸水も…」

「ハンバーガーを食べたら喉が乾く、帰り道に炭酸水を買って帰ろう。」

そうしてコンビニにめがけて歩いていった。

「小腹が空くから…自分へのご褒美だ。大きい出費…しかし、ご褒美だ」

そうしてジンジャエールを手に取り、レジに向かった。

財布を取り出す手が震える。

「これは無駄遣いじゃないのか…?」

「いや!自分がんばったんだ!これぐらい正当だ!」

そう自身を説得させてレジを済ます。

「早く帰宅しないと冷めてしまう。早く、早く…」

競歩で一目散に帰宅していく。

帰宅するやいなや、手を洗い、がっつくように食べ始める。

野生のように食べていく。

獣のように食べていく。

そうしてあっという間にご褒美タイムが終了。

「眠気が…今日やることがあったけれど、明日やろう…」

そうしてご褒美タイムの余韻ととともに寝床についた。

しかし、翌朝起こるのだ。

翌朝「無駄遣いしてしまった…」

「無駄遣いしてしまった…」

「素直に帰宅して、自炊すればよかった…」

そう沈んだ朝から始まってしまう。

黒ずんだ朝、青ずんだ朝、

黒と青が混じったような沈んだ朝が始まってしまう。

”自分へのご褒美”に買っても後悔しないオナホの選び方

オナホールを買う際にも「無駄遣いしてしまった」と感じない買い方が実はある。それは「何度も使ってしまうこと」と「オナホ以外にも使えてしまうこと」と「何度も視界に入ること」であることに行き着いた。

“収納せずに飾ったこと”だった。日常的に接触し続ける必要があった。視界に入るレベルで“飾りとしてでも”接触し続ける必要があった。

 

オナホとしてもインテリアとしても飾れること

“AV無しで数分で射精してしまう“異星人レベルの射精能力を持ちながらも、花瓶などの“インテリア”として使えるオナホールであれば後悔しない。

インテリアとして飾れるオナホールを買うことで、例えば“花瓶”として何度も視界に入る。そのときに”使っていないときも”買ってよかったと感じてしまう感覚が起こった。

 

無駄な買い物した感無く賢者タイムに浸れること

最中だけでなく賢者タイムも侵されないことが失敗しないオナホである必須要素の1つであった。性の悩みに振り回されて何個もオナホを買ってしまうといった事態を回避できる。

自分へのご褒美に…と『ドン・キホーテ』に出向いて「通販よりも少し高いけれど、でも自分へのご褒美に…これとこれと…」良さそうなのを数個買って実際にするも、イッた後の賢者タイムに「あぁ、無駄な買い物だった…買わなきゃ良かった」と感じる事態を回避できる。もうあの感覚はウンザリである。

「これを買ったらもう他が要らなくなる」異次元であること

「この電動オナホが当店一押しでおすすめです!正直、この電動オナホを買うと、このオナホコーナーのすべてのオナホが要らなくなりますよ!」

といった正直なことを言ってくれる張り紙を売り場コーナーに貼り付けて欲しいほどである。しかし、彼らは商売しなければならない。そのため、そんな売上が下がることができない。彼らは「何個も買わせるループ」にハメさせようとしてくる。闇である。

しかし!もう振り回される必要はない!商売のギスギスした競争世界にはもう居ない「女神みたいなオナホール」が存在する。

それを手にすると、数千円のオナホールが正直、不要になってしまう。これは実は誰にも言いたくない裏事情である。しかし、裏事情を隠されたら困る。ずっとハメられる。しかし、もう”沼”にハメられない。

これを買ったらもう他はあまり欲しいとは感じなくなる、要らなくなるというオナホールさえ所有することでもう困らない。

お勧めのオナホ例:女神3体を所有すると後悔せずに済む

妄想ではなく現実的に重宝してしまうオナホールだけを持っておくと異星人レベルで節約できる。「買ったんだから元をとろう」といった意識さえ無くなるほど重宝してしまう。気づいたら元を何回も取っているぐらい使用してしまっていることに気づくほど。

例としてはこの3つが「無駄遣いした!」というの事態にハメられることのないおすすめの“キング”達である。

おすすめのオナホ①:A10サイクロンSA +PLUS(プラス)

「痴女の風俗嬢の方にプロのフェラでレロレロ舐め回されたい…」を満たせる。この電動オナホのA10サイクロンSAは「痴女!」と言わんばかりに積極的にレロレロと亀頭と肉棒を舐められる。

「痴女風俗嬢の方のフェラと一致感がある!」とさえ感じてしまう電動オナホール、風俗を我慢することもなくなる。自宅で解消できてしまう。

※『風俗嬢のフェラが電動オナホのA10サイクロンSA+PLUSにそっくりだった。

おすすめのオナホ②:NLSピストン

「風俗嬢の方に激しくて愛情たっぷりのじゅぽじゅぽ痴女フェラされたい…」を満たせる。この電動オナホのNLSピストンは風俗嬢の方が股間の上で激しく頭を動かしながら、獣のように、野生に還ったかのように、豹変したかのようにヘドバンしてくる。

運動会的な“愛して欲してくるフェラ”や“事務的ではないフェラ”を自宅で体験できる。

※『「人間にじゅぽじゅぽヘドバンフェラされてる…」NLSピストンの挿入感

おすすめのオナホ③:TENGAフリップゼロ

「風俗嬢の方にちゅうちゅう吸われたい…ちゅうちゅう吸われながらレロレロと激しい舌使いでその舌肉がゴロゴロと肉棒と亀頭を這うようなフェラでイキたい…」を満たせる。電動オナホではないものの、このテンガフリップゼロは上下に動かしても空気が抜けなかった珍しいオナホールだった。射精後の萎んだペニスであってもずっと吸われ続けた。

射精後にペニスを抜く際に、先っぽから垂れる精液を一滴残らず吸い取られる。痴女にお掃除フェラされている感覚にさせられる。それに感動してしまう。

“風俗嬢のフェラ”を自宅で体験できる方法【あの電動オナホとハンドオナホ】

 

マクドナルドのハンバーガーを必要以上に買わなくなるもう1つの裏技節約方法

ハンバーガーの紙を敷いた上にオナホを置くことで、無駄遣いだったことを思い出し、ハンバーガーが無性に何度も欲しくなるループから脱出することができる。マクドナルドとの関係は必要なときにハンバーガーを買うといった良好な関係にできる。その結果、次第に自炊に終着し、自分でハンバーガーが作れるようにもなってしまう。

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP