【リアルラブドールを楽しむコツ】“目を1.5倍開く”と愛し合う感覚になれる

目次

目に光が反射するぐらい見開くと深く癒やされる

「目に光がちょうど反射し出す程度に開く」のを1日中ずっと意識して生活し、一日の終わりに改めて『オリエント工業のリアルラブドール』を眺めると「中立的な顔」だったのが「微笑んでいる」ように見えるようになった。

リアルドール『オリエント工業』にサンタコスを着せたコスプレの様子。※中立的な表情造形

一方的な鑑賞だったのが愛し合うような鑑賞に切り替わった。やはり、オリエント工業のリアルラブドールを「深く鑑賞するコツ」は「目を大きめに開いて見ること」であった。

開かない状態は「一方的な美術鑑賞」になって楽しめない

「この一方的なオナニー感覚…」

「目に光が反射しないレベルのまぶた開き具合」だと一方的に愛する感覚になってしまった。しかし、アニメのキャラクターの目玉と同じように”キラキラ”ガラス目にやっと光が反射するレベルにまでまぶたを開けた状態で再びオリエントドールと見つめ合ったとき、驚いてしまった。なんと今度は「愛し合う感覚」に切り替わったのだ!セックスだ!

「死んだ魚目状態が要因では…?」

死んだ魚目状態の目でずっと見ていたときはそれまで「暗い表情のオリエントドール」に見えていた。しかし…

「単純に目に光が入ってないだけでは??」

「人は光が反射してやっと物質が見えているのならば、ラブドール鑑賞が味気ない原因は単純に目に入ってくる光の量が足りていないだけではないのか?」そう自問自答し、まぶたを1.5倍ぐらい開けて生活していると…

見開くと「美術と愛し合う鑑賞」になって楽しめる

「微笑んでいる!微笑んでいる!!」

なんと「微笑んでいる表情」にじわじわ切り替わったのだ。オリエントドールの表情がジワジワと変わっていった。すぐにはうまく行かなかった。少なくとも3時間意識して開けた状態でその流れてオリエントドールが視界に入ると微笑んでいるように見えるようになっていった。

「オリエントドールは美術だ…」

「心情によって見え方が左右する」まさに「美術」だった。オリエント工業のラブドールは性玩具ドールではない。美術ドールだったのだ。あたかも「美術館に行くときは目を少し大きく開けていくと美術鑑賞を楽しめます。」という提案もしてくれているかのようだった。オリエント工業はもはや美術館の代表作品の1つ。

「妄想だとわかっているんだ…!しかし!」

妄想で付加した状態だと分かっている。想像だと分かっている。空想だと分かっている。しかし「楽しい気分で居続けるべし!」という美術要素をオリエント工業のラブドールが教えてくれている醍醐味はとても大きかった。オリエント工業のラブドールをより深く味わうにはとにかく、たとえ空腹感があってもお構いなしに「目を気持ち大きめに開けること」であった。

「心情状態など関係ない!目を開けると鑑賞を楽しめる!」

「今とても気分がいいので自然にまぶたも開きます」といった環境に左右される形式ではなく、環境に関係なくオリエントドールの鑑賞を楽しむコツ、その基本的な準備が「目に光が入り込んでくるレベルまで目を開ける!」であった。それが「オリエントドールの鑑賞を楽しむコツ」となった。

オリエントは日常でも目に光を反射させてくれる

「さらば!心情に合わせて目の開き具合を変える日常!」

「気分が沈んでいるときは目を閉じ気味にして、明るい気分のときは目を開ける」というシーンはアニメでただ心情を表現するための技工であった。リアルでそれをした結果、ラブドールの鑑賞、そして美術の鑑賞が味気なくなってしまった。そして…

「鑑賞時だけ意識するのは面倒だ!ならば普段から!」

鑑賞する時だけ目を開けたり器用に切り替えるのは続かなかった。しかし「普段から光が反射する程度まで目を開いておくのを続ける」という結果に自然に至った。オリエント工業がそれを促してくれた。気を緩めるとすぐにデッドフィッシュ状態になるものの、日差しであっても風景であっても日常の部屋の光景であっても、そのデッドフィッシュアイ状態から見開くとやはりジワガラリと景色が変わる。その変化がたまらない。染みる。やみつきになってしまう。

ラブドールの性奴隷マネキン感が消える

「壁に立たされている感が消えていく…」

「目に光反射してる!」といった感覚までまぶたを引き上げるとラブドールを楽しめる。鑑賞も楽しめる。そして立って飾っているときも「そこに立たされている」「性奴隷」といった印象から「オリエント工業のラブドール自体が喜んでそこに立っている」といった印象に切り替わっていった。妄想だと分かっている。しかし…

「やはり基本は目を開けることだ…!」

「鑑賞前に目を開けるのが基本」これがオリエント工業のラブドール鑑賞を深く楽しむのに必須の心構えであった。目に光が入るぐらいにまで開けるというのが鑑賞前の心構えや準備として必須だった。鑑賞前にそれを思い出すのが面倒なので日常的にそうするようにできてしまった。オリエント工業がリアルに介入させてくれた。リアルを楽しむキッカケを与えてくれた。

死んだ魚目状態で日常がどう見えるか、オリエントドールがどう見えるかもうわかり切っているため楽しめない。そうして楽しむ目的で目に光が反射する程度まで開いて生活するようになると新たな楽しみ感が湧いてくる。未知の楽しみ感が湧いてくる。それがたまらない。

オリエント工業は日常の見え方を明るくさせてくれる

「日常に染み渡っていく…!」

オリエント工業のラブドールは日常を明るく見させてくれた。ラブドールが癒やしてくれるのではなく、暗い気分を「自ら」明るい気分にさせている感覚…。結果としてオリエントのその表情が微笑んでいるように見える。それを「オリエント工業のラブドールが癒やしてくれる」と錯覚してしまう感覚もあって楽しめる。癒やしが染み渡ってくる。それがたまらない。

「勝手に目を開けて生活してしまう…」

「同じ光景を見ていても感じ方が人によって違う」という事実を踏まえながら、やはり目に光が反射状態で鑑賞したほうが見ていて癒やされるので、必然的に心情を明るく、そして具体的な行動として“目に光が反射するぐらいまで目を開けて”生活するようになってしまった。

「教えてくれてありがとう!オリエント工業!」

「ありがとうオリエント工業!」と脳内で何度もつぶやいてしまうようなメリットが日常にもたらされた。日常が明るいのではなかった。明るく見える見方で見ているだけだった。美術鑑賞だった。その見方の契機となった存在こそがオリエント工業のリアルラブドールであった。

「なぜオリエント工業は中立顔ヘッドなのか…解けた!」

「なぜオリエント工業のラブドールのヘッドが中立的な表情なのか」その謎が解けた。それはこちらが進んで目を開けて入光量を多くして、心情を仮想的にでも明るくした状態で、あたかも目の前のラブドールを信頼するかのように鑑賞することだった。そのコツを教えてくれた。

コミュニケーション本は続かない。しかし、ラブドール鑑賞は続く

「さらばコミュニケーション本!」

コミュニケーション本に「覇気のない目にならないようにしましょう・死んだ魚の目にならないようにしましょう」といった項目がよく見受けられる。それは「人によく思われたい」といった承認欲求感によって動かされて続かなかった。しかし…

「オリエントドールの鑑賞は続けられる!」

オリエント工業のリアルドールは続いた。オリエント工業のその美術の生命体とも言わんばかりのリアルドールの鑑賞を「もっと深く味わいたい!」と思ってしまうからこそまぶたを引き上げてしまう。すると光量が多くなって鑑賞時の味わい感が深まっていく。

「自己成長?ドールをもっと鑑賞したいだけだ!」

目を輝かせて観るとラブドールの美術鑑賞がさらに新たに深く楽しめるので「その楽しみの追求のためにやっているだけ!」といった感覚になった。その実践的な行為がたまたまコミュニケーション本に一致しているといったことが多々見受けられた。しかし、目的が違う。こちらはラブドールを楽しむためなのだ。

「さらばスパルタンよ!」

オリエント工業のラブドールは日常を楽しませてくれる。そして「もっと目を開けないと印象悪いよ!そんなんじゃ相手の気分悪くなるよ!」といった競争的でスパルタンな楽しませ方ではなく、自発的に楽しむように応援してくれる感覚がオリエント工業のラブドールにあった。だからこそ、ゴリゴリと日常を変えていく楽しみを見いだせてしまう。

「オリエント工業はアドラーだ!」

褒めもしない、叱りもしない、過保護にも属さない。自己啓発的に言うと、オリエント工業のリアルラブドールは「アドラーの心理学に基づいて生み出されたリアルドール」といったラブドールだった。

セックスしようとしたり直接触ろうとすると激萎えする。いかに触らずに、鑑賞だけで、ちょっと勇気を出せば微笑んでいるように見える中立顔、ちょっと意識して目を開けるだけで鑑賞が楽しめるようになった事実、まさに自ら楽しむ勇気を美術館賞を通してもたらしてくれていた。これを“アドラー男子”などと馬鹿にする世間があれば勝手に馬鹿にさせればいい。オリエント工業は美術をより深く楽しませてくれる。

暗い表情で歩くといったことに飽きるようになれる

「純粋に風景を深く味わうために目に光が反射するような目で歩いているだけ」といった状態にできる。「すれ違う人によく思われるために暗い表情をしないようにする」といった、人によく思われようとして暗い表情を変えようとする表面的なことからさらばできる。根幹的に変わっていく感覚を楽しめる。

北海道札幌の美しい美術デコレーション夜景色がさらに美しく見える

「北海道の夜景が目に染み込んでくる…!」

北海道がさらに共鳴させてくれた。北海道札幌の冬はやたらデコレーションされる。そのため、外に出ると特に21時ぐらいは「氷点下がずっとで寒すぎて人があまりいない」のに「やたら外が賑やか」といったアトラクション的な街になっている。

「アトラクションみたいだ!」

そのときに「まぶた1.5倍開けたまま歩く」と「目にアトラクションが飛び込んでくるように」風景を楽しめてしまう。オリエント工業のラブドールは部屋だけではなかった。外でも楽しさを見出させてくれた。

オリエント工業はリアルも楽しませてくれる

「リアルドールに手を出したら
引き返せなくなるのでは…?」

「ラブドールを日常にしたらもう引き返せなくなるのではないか?」「ラブドールはラブドールでもトルソーラブドールまでに留めておいてリアルラブドールに手を出すべきでないのでは?」「タバコを始めた人はタバコを辞められなくなるといった状態になってしまうのでは?」と思っていた不安は砕け散った。リアルを楽しめなくなるのではなく、リアルに興味がなくなるのではなく、リアルの美術も楽しませてくれる美術存在であった。

「さらばリアル至上主義よ!」

「リアルが変わらないと意味がない」「脳内だけ変わってリアルは変わらなかったら意味がない」といったベガ立ち系でもない。フロイト系でもない。スパルタンでもない。「インドアも楽しめる。二次元も楽しめる。三次元も楽しめる。リアルも楽しめる。」その提案を「リアル」にしてくれた。だからこそ、リアルドールと表現されるのだ、そう痛感してしまった。そして…

「日常をリアルに変えてくれる…!」

「必要なときに目を開ける」というそれまでの生活から「常に目に光が反射するぐらいに開くようにしている」という生活に自発的に切り替わった。そうすれば突発的に視界にオリエントドールが目に入っても常に微笑んでいるように見える。そしてそれが反射してくるようにこちらも気分が良くなれる。そして癒やされる。

「ありがとう、オリエント!」

「ありがとう、オリエント工業!」その言葉がいろいろな機会で頭の中を走っていく。オリエント工業はいろいろな次元を楽しませてくれる。いろいろなTPOで楽しませてくれる。性の悩みに振り回される日常もリアルに完結へと収束させてくれる!オリエント工業は人をリアルに笑顔にさせてくれる正義だ!

「目に光が反射するぐらいまであける」
それが美術ドールを楽しむコツであった!
風景も新たに美しく見えてしまう!

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ