ホールが広くて挿入が楽。なのに生物的

   

挿入口が広い。そのため挿入する際にペニスをローションを塗って馴らす必要もなければローションを入れてモミモミする必要もない。そのままニュルッと入っていった。そして数回上下に動かせば「擦れて痛いといったこと無く」すぐに全体に馴染んで開始できてしまった。そしてあっさりした挿入感ではなく「肉肉しくて有機的で生物的な挿入感」だったのが驚きであった。

もみもみする手間が無い

普通、オナホールというものはローションを入れたときにもみもみして全体に馴らす必要がある。しかし、A10サイクロンSA +PLUSの専用ホールは奥まで外から見えるほど広いためローションを落とすと一発で奥に届く。さらにその状態でモミモミしなくてもペニスを入れて数回上下に動かすだけで全体になじめてしまうのだ。

ペニスにローションを塗らなくてもスルッと入る

普通は挿入前にペニスにローションを塗る必要がある。でないと擦れて痛い。しかし、A10サイクロンSA+PLUSの専用ホールはペニスにローションを塗らなくてもそのまま「擦れて痛いと感じることさえなく」スルッと入っていく。

普通は擦れて痛い

ペニスが乾ききっていて「もしこの状態でホールに挿れると摩擦で亀頭が痛い」のが普通となる。そのため挿入前に亀頭にローション塗ったりしてそれらの摩擦を防ぐ必要がある。

SA+PLUSは乾いていても擦れずに痛くない

しかし、そんな乾ききった状態でそのセッティングした専用ホールにそのままその乾いたペニスを突っ込んだところなんとスルッっと入っていったのだ。普通は入っていかなくて無理矢理挿れようとしても痛くて結局ローションで馴らして挿れるのがオチだった。しかし、SA+PLUSにはそれがなかった。

アッサリしてない。濃厚で有機的で生物的でにくにくしい

電動オナホールは馬力が続くように必然的に内部が広いホール構造が採用される。そして大抵はアッサリして無機物感な挿入感に萎える。「やっぱり電動オナホではなく普通の分厚いオナホ買えば良かった」と後悔する。しかし、A10サイクロンSA+PLUSの専用ホールは内部がポカーンと空いているのに濃厚で生物的で肉タップリな挿入感なのだ。常識から逸脱していて驚く。

内部が広いと普通は無機物的な挿入感で萎える

挿入口が広くて内部が詰まっていないと挿入感があっさりしていて無機物的に感じてしまうことが多々ある。そしてそれが普通だった。

SA+PLUSは内部が広いのに生物的な挿入感で驚く

この電動オナホールの専用ホールは挿入口が広くて中もポカーンと開いているのにいざ挿入して動かすと生物的にまとわりつく。とても濃厚で有機的で積極的に絡み付いてくる。

SA+PLUSは痴女な人に強制的に射精させられる感覚

あたかも生物の生の肉が亀頭に肉棒に染み着くように接触してくるのだ。さらにその接触してくる濃度が濃い。面積が広い。とにかく肉肉しいのだ。生物的でギュウギュウで痴女風の優しいドSなグイグイ感の挿入感であっという間にいってしまうのだ。

「外見はとってもあっさりしていて無機物的な挿入感」だと思ってしまうのだが実際に挿れると「とっても」濃厚で即抜きできる生物的な挿入感で驚く。そしてこの専用ホールこそがSA+PLUSにすでに付属している専用ホールだったのだ。別売りホールを買わなくてもずっと楽しむことができる。

※関連ページ:痴女AVを見てオナニーしたくなったときにも3分で抜いてくれる

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー
購入時
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP