【耐えた】北海道大地震でもラブドールのハンガー収納は倒壊しなかった。

「グラグラグラグラ…」

「止まらない…止まらない…!止まらない!!全然止まらない!!!」

延々に続いた。えんえんでは止まらなかった。えんえんえんえんに続いた。最初にグラグラした始めたときは「あと5秒ぐらいで揺れは止まるだろう」と思っていた。しかし、止まらない。老朽した激安木造アパート、今にも「パタンッ」と崩れ倒れる勢いだった。“北海道最強伝説”が逸話となってしまった。

「北海道に大きな地震なんて来ないだろう。」

「北海道に大きな地震なんて来ない!」そう思いながら過ごしていた北海道。その幻想が2018年9月6日砕け散った。

なんとグラグラが延々と続いたのだ。メタルラックのグラグラに似ていた。ラブドールを乗せて崩れないかどうか確かめる際に「メタルラックの上に乗ってグラグラ試していたとき」のグラグラが延々に続いた。

延々に揺れが続いている中、すぐさまラブドールを掛けているハンガーのことが気になった。案の定、グラグラ揺れている。

しかし、地震が止まらない。身動きが取れない。やっと地震が収まり、すぐさま避難準備を開始した。避難準備でラブドールのことを心配し続けている暇さえ持てない。

鳴り響く警報。追随するかのように鳴り響く火災アラート。ミサイル警報が出されたときに感じたあの「これから戦争が始まります!空襲です!避難してください!」「あっ!外に出たらあのキノコ雲が目の前に..!まさかまさか、核ミサイル。。」「あぁ…あぁ…終わった、北海道終わった…」といったあの焦燥感が再び訪れた。

「ダメだ。こうしているうちに再び大きな地震が来てこのアパートが倒壊して共倒れになってしまう」そう死に物狂いで避難準備こなしている中、パッと部屋が真っ暗になった。「停電」である。スマホのライトを頼りに避難準備を継続した。

避難準備が終わり、「さぁ外出」と思い、ふとほぼ真っ暗なその部屋を見渡したとき、驚いてしまった。なんと、34kgほどの激重ラブドールを掛けて吊るしていたパイプハンガーが「倒壊していなかった」のだ。

このパイプハンガー『CW3001-T5』の耐荷重“140Kg”は半ばジョークだと思っていた。商品ページでやたら「頑丈」と記載されていたのも大げさだと思っていた。しかし、そのスペック表記は本当だった。

ラブドールのパイプハンガー収納は大地震でも耐えられる

心配だったのは軽い揺れや中程度の地震で耐えられても、あの3.11のような「激しい」かつ「長い揺れ」地震のときにも倒壊しないかどうかが不安だった。そして今回起こった「北海道大地震(北海道胆振東部地震)」でも無事に耐えることができたことを実確認した。

「こういった大地震の時にはやはりメタルラックのほうがいいのかもしれない」と若干思っていたものの、その不安も今回を機にしっかり無くなった。そうしてラブドールの収納は改めて「ハンガー派」に落ち着いた出来事となった。ラブドールはハンガーに収納することで地震時も安心して収納保管できる。

関連ページ:【メタルラックとハンガーの比較】ラブドール収納はハンガーに落ち着いた。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ