「ぷにあなミラクルDXとどっちが飽きない?」→ガールフレンド第3章のほうだった。

   
著:ガールフレンド第3章研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

ぷにあなミラクルDXはセックスにもオッパイ揉みにも飽きが生じて押し入れ行きになってしまった。しかしガールフレンド第3章はセックスに飽きてしまったもののまだ押し入れ行きになっていない。その理由は「オッパイ箇所」にある。オッパイが複雑でずっと揉んでいたくなるのである。飽きないのはガールフレンド第3章のほうとなる。

ぷにあなミラクルDXはセックスもオッパイも飽きる

大型オナホール・ラブドール『ぷにあなミラクルDX』とガールフレンド第3章を並べた様子|SEXもオッパイも飽きが来る。

ぷにあなミラクルDXの「アナル」が飽きなかった。アナルセックスが飽きなかった。

ヴァギナ箇所が人工的で無機物的な挿入感過ぎて速攻で飽きてしまったのに対して、アナル箇所は真逆と言わんばかりに異次元レベルの気持ち良さの生物的挿入感だった。

異惑星の人間と言わんんばかりの異次元な生物的挿入感であり、そのアナルセックスだけは飽きが来るのが遅かった。ペニスがザワザワとうずく感覚にさえなった。

しかし、「セックス自体が面倒」になった時にやはりそのやみつきだったアナルセックスも飽きてしまった。

そして「おっぱい箇所にも」同時に飽きてしまった。ぷにあなミラクルDXのおっぱい箇所は「単調だったため」飽きが急速に来てしまった。

最初は感動モノだった。脱力した力こぶと同じ柔らかさになっていて今までラブドールでは体験できない柔らかさで激しい感動を覚えた。

しかし、どこから揉んでも、どう揉み方を変えても、とにかく単調だった。同じ揉み心地そして同じ柔らかさで飽きてしまった。

ぷにあなミラクルDXのおっぱいはどこからどう揉んでも基本的に同じ揉み心地だった。いわゆる、人間に忠実であった。しかし、それが意外にも「欠点」になった。それがガールフレンド第3章のオッパイを揉んでからである。

ガールフレンド第3章のおっぱい箇所は揉み方や揉む角度を変えるとやたらタプタプ感が出てきたり出てこなかったりそういった複雑なオッパイになっていた。そしてその未知なオッパイを揉んでからガッツリと単調なおっぱいに飽きてしまった。

人間に忠実なオッパイであるはずの単調なおっぱいに飽きてしまった。単調なおっぱいいわゆる人間のおっぱいは「人間的なコミュニケーションを通じて心情的に気持ち良い」と感じるものだった。

しかし、ラブドールは都合が変わる。ラブドールは現在はコミュニケーション性能が無いため、心情的ではなく「物理的に」気持ち良い必要があった。揉んだら反応が返ってくるような物理的な反応が必要だった。

その答えがガールフレンド第3章のオッパイにあった。それが「揉んだら反応が返ってくるような複雑な揉み感のオッパイ」だった。

従来あるあるの「揉み応えのあるオッパイです(硬いという事実は都合が悪いのでここはオブラートに揉み応えのあるオッパイと言う…)」ではなかった。

大前提でぷにあなミラクルDXと同じ脱力した力こぶの柔らかさであり、その上で揉み方や揉む角度によって揉み感が変わる。その揉み応えのあるオッパイになっている。それがガールフレンド第3章だった。

ガールフレンド第3章はセックスで飽きてオッパイで飽きない

大型オナホール・ラブドール『ガールフレンド第3章』とぷにあなミラクルDXを並べた様子。セックス目的で飽きてもおっぱいに飽きない。

ガールフレンド第3章の挿入感はどちらも生物的でニュルニュルで本物志向を再現した単調とも言える挿入感だった。

「堅実に本物志向の挿入感」なのでぷにあなミラクルDXのアナル箇所のような激動の感動はヴァギナ箇所にもアナル箇所にも無かった。

しかし、どうも生物学的にひきつけられるような挿入感があって何度も挿入してしまう。オーソドックス感がある。「やっぱりこれが落ち着くんだよなぁ感」がヴァギナ箇所にもアナル箇所にもある。

しかし、セックス自体に飽きが来た時にさすがにそれも飽きが生じてしまった。ガールフレンド第3章のセックスにも飽きが生じてしまった。

しかし、まだどうしても収納スペースにしまい込めない。理由はオッパイである。オッパイをずっと揉んでしまう。

性的な目的でガールフレンド第3章のオッパイを揉むことはもう過ぎ去っていて現在は「リラックス目的で」揉んでしまう。

ついつい手が伸びてしまう。

性具ではなくリラックス目的でガールフレンド第3章が残る

押し入れ行きにならなかったのはガールフレンド第3章のほうであった。

「オッパイを揉みたい」といった感情ではなく、リラックス目的で揉んでしまう。

リラックスグッズに手のひらでグニャグニャと潰すようなグッズがあるように、あのジャンルに今度は入る。

あのリラックスグッズのジャンルとしてガールフレンド第3章のおっぱいをずっと揉んでしまう。

ガールフレンド第3章のオッパイ箇所はぷにあなミラクルDXと同様にゲル注入型おっぱいになっているものの、揉んだ時の感触が違う。

ガールフレンド第3章は揉み方によって指と指の間から溢れ落ちそうなタプタプ感が出てきたり、違う方向から揉むと弾力的だったり、

かといってわしづかみするとタプタプ感が異様に手のひらに染み込むように伝わってきたりして、揉む角度を10度変えるごとに感動が走る。

「複雑なオッパイ」になっている。

この複雑なおっぱいのおかげで、セックス目的でも性的なおっぱい揉み目的で飽きてしまっても「リラックス目的なおっぱい揉み目的」で飽きていない。


ぷにあなミラクルDXはエロ目的で飽きてしまって押し入れ行きとなった。一方、ガールフレンド第3章はエロ目的で飽きてもリラックス目的でまだ新たに楽しめてしまって押し入れ行きになっていない。

ぷにあなミラクルDXとガールフレンド第3章を「飽きるまでの日数」を比較した場合「ガールフレンド第3章のほうが飽きない」という結果となった。

「より飽きないほうが欲しい」といった場合はガールフレンド第3章が最適でありオススメとなる。

「ぷにあなミラクルDXとどっちが飽きない?」
ガールフレンド第3章のほうが飽きない!

→関連ページ:おっぱい内の硬さが部分的に違うので揉み味わいがある|ガールフレンド第3章のレビュー

ずっと揉んでいられるリラックス感がある。

■製品情報:ガールフレンド第3章 / メーカー:NLS / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ナビ|他レビュー目次

» ガールフレンド第3章のレビューまとめ一覧
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP