おっぱいが垂れた造形で飽きにくい|ガールフレンド第3章の造形レビュー

   
著:ガールフレンド第3章研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕
ぷにあなミラクルDXとガールフレンド第3章のおっぱい垂れ具合の造形を並べて比較した様子。

ガールフレンド第3章はぷにあなミラクルDXに比べておっぱい箇所が垂れている造形になっている。付け根箇所がお餅のように垂れて造形されている。ぷにあなミラクルDXは垂れていない造形になっている。比較した結果、セックスに至るまでのムラムラ発生頻度が高くなり、すぐセックスしたくなり、そしてセックス中も垂れているほうがより生々しい快感が得られた。

ぷにあなミラクルDXのおっぱい造形は垂れていない

ぷにあなミラクルDXのおっぱい箇所の造形の様子:玉ねぎを乗せたようであり、茶碗を乗せたような非生物的な造形になっている。

玉ねぎのカタチ

ぷにあなミラクルDXのおっぱい箇所は「前かがみになった状態で宙ぶらりん状態のおっぱい」がそのまま造形されている。デップリと太ったお正月のカガミ餅ではなく、どちらかというと楕円形ではあるが丸い玉ねぎといった造形になっている。重力感がなく、自立感があり、幾何学的なおっぱいになっている。

飽きが早い

そのぷにあなミラクルDXの玉ねぎ的で非重力で幾何学的な自立系おっぱいは早々に飽きが生じてしまった。生物とセックスしたいのに「私は人工物だ!と必死に主張されながらセックスしている」ような阻害感がある。視覚快感を阻害される感覚がある。「壁」を感じる。「人工物である!」と主張される感覚が目に入るたびに生じるため飽きが早い。

人工感が視覚快感を削いでくる

生物と人工物をカッチリ隔たってくる間隔がある。視覚快感にその人工物感が介入してくる。そして視覚快感がダウンする。正常位で重力で垂れているはずのおっぱいが垂れていないといった不自然感が人工感を生んで、それが視覚快感を削いでくる。

垂れたおっぱい造形のラブドールを選ぶと失敗しない

人工的な造形のおっぱいは総合的に飽きが来るのが早いというのを改めて痛感した。やはり、ラブドールを選ぶ際は「おっぱい箇所が垂れている造形」を選ぶとより飽きずに長く楽しめる。ラブドール製造業者がおっぱい造形をお餅のようにデップリ垂れたおっぱいにする理由は「より長く飽きないドールを。」という意向が伝わってくる。

ガールフレンド第3章のおっぱい造形は垂れている

ガールフレンド第3章のおっぱい箇所はお餅のように潰れるように造形されていて生々しさの濃度が高い。

デップリお餅のカタチ

ガールフレンド第3章のおっぱい箇所は「胸板にフワフワのおっぱいが乗ってますよ〜」といった意思表示をしてくるような垂れ具合で乗ってくれている。お餅をテーブルに落としてベチャッとデップリ膨らんで止まったような状態の造形になっている。風船に水を入れて上を少し引っ張った状態でテーブルに置いたようなデップリ感の造形になっている。「タプタプしてますよ〜」といった意思表示を造形だけでしてくる。

「柔らかさ」を表現する造形美術

美術だけで柔らかさを表現している。見ただけで「胸板にフワフワの物体が乗っている感」が伝わってくる。「タプタプしてますよ感」が伝わってくる。この視覚快感は重要だった。視覚に反応したときに「生々しい」と感じられる。「触りたい」と感じられる。「触ったら癒やされそう」と感じられる。「生物だ」と察知する。

飽きが来るまでが長い

ラブドールにおいて飽きないためにはいかに生物の領域に在るかというのが決め手だった。そのため、デップリ太ったお餅のような生々しいおっぱいの造形は、結果、飽きにくい。そのお餅造形になっているガールフレンド第3章は飽きにくい造形領域となる。

生物的な視覚快感は飽きないための重要要素

「硬くても柔らかそうに魅せる」というこの美術手法はラブドールによく使われている。しかし、当然、従来のラブドールはおっぱい箇所が硬い。そのため、いざ揉んだら「硬いじゃないか!」と騙される感覚、裏切られる感覚がある。しかし、硬いと知っていてもついつい手を添えたり、揉んだりしてしまう。それがこの生々しい造形美術、それによる視覚快感だった。

外見が硬そうだと飽きが早い

ぷにあなミラクルDXは「外見が硬そうなのに、実際に揉むと柔らかい」といった状態になっている。これは視覚快感が不足していることを意味している。視覚快感が不足していると飽きが早い。

そして新型のラブドール、いわゆるゲル注入型おっぱいのラブドールは「硬いじゃないか!」の裏切り感がない。しかし、問題はぷにあなミラクルDXは「生々しいタプタプ垂れ造形」がなされていない。「実際に揉むと柔らかいのだけれど、見た感じは硬そう」といった状態になってしまっている。「外見が怖そうなのに、実際に会話したらすごく優しい」「外見が優しそうなのに、実際に会話したらすごく怖い」といった状態になっている。

外見も柔らかそうだと飽きがなかなか来ない

ガールフレンド第3章は「外見が優しそうで、実際に喋るとすごく優しい」といった、視覚快感も直接快感も充足されている状態になっている。「外見が柔らかそうで、実際に揉むと柔らかい」といった状態になっている。

ラブドールに飽きないためには、この視覚快感と直接快感の両方が発揮されている必要がやはりある。ガールフレンド第3章のおっぱい箇所はその両方を満たしていた。そのため、飽きにくい。おっぱい箇所においては、外見と中身が一致しているラブドールがより長続きする結果となった。

ラブドールは垂れているほうが視覚快感が強く長続きする

ラブドールのガールフレンド第3章とぷにあなミラクルDXを並べた様子:おっぱいの生々しさはガールフレンド第3章が勝っている。

垂れ造形は硬くても飽きにくい

垂れ造形の採用は、実はガールフレンド第3章だけではない。従来のラブドールでも垂れ造形が採用されたモデルが多々ある。そして、そのドールのおっぱい箇所がソリッド型で硬いのに、「おっぱいが柔らかいからこそ垂れている」といったわけでもないのに、硬いのに垂れているといった造形なのに、その垂れおっぱいが視界に入るたびに加速するように性欲が刺激された。結果、垂れていないラブドールに比べて、次回に性欲が溜まる間隔が短い。垂れた造形のおっぱいはたとえ硬くても飽きにくい。

垂れおっぱいは性欲溜めを加速させる

「垂れおっぱいは性欲溜めを急速に加速させる」それを痛感した。そのため、たとえ挿入箇所がいまいちでも造形美が生々しいと何度もセックスしてしまうという結果になった。「セックスが気持ち良くない」といったドールでそれが起こった。そして、いざセックスすると気持ち良くなくてげんなりしてしまう。

しかし、少なくとも、造形美が生々しいと「飽きない」のは共通していた。物理的には気持ち良くないと分かっているのに生々しい造形なだけでそれに反応してしまってついつい手が伸びしまうことがよく起こった。しかし、ガールフレンド第3章は見た目も柔らかそうで、実際のセックスも気持ち良い。従来モデルから大幅に改良されているというのは本当であった。

そのため、より最上級に長続きして飽きないのは「生々しい造形」と、挿入したときや腰振りしたときなどの「物理的な気持ち良さ」の2つが要素だった。より飽きないドールを選ぶ際は視覚快感と直接快感のタッグが必要になる。ガールフレンド第3章はそのタッグが欠落していることなく、成立している。その生々しい造形の中でも特に重要な箇所であるオッパイ箇所、その箇所をガールフレンド第3章は見事に「垂れぱい造形」で満たしている。

そして、ぷにあなミラクルDXと比較した場合において、総合的に長続きするのはガールフレンド第3章のほうとなる。

「飽きにくいほうがいい…」
といった場合は
垂れたおっぱいのほうである!


■製品情報:ガールフレンド第3章 / メーカー:NLS / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ナビ|他レビュー目次

» ガールフレンド第3章のレビューまとめ一覧
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP