ビラビラにローションを塗ると視覚快感が増す|ガールフレンド第3章造形レビュー

   
著:ガールフレンド第3章研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

濡れていないとそそらない場合がある

ボディ色のビラビラなのでそそらない

実験的に撮られた製品画像にはそそらない場合がある。そして、実際に届いて目の前にしてもそそらない場合がある。挿れたいと思わない場合がある。それにはやはり「挿入箇所がボディ色と同じ」といった点が主に起因している。

せめて着色して欲しいと感じてしまう

「ラブドールはやはりここまでが限界なのかなぁ」と萎えてしまう。「失敗した購入だった…」と萎えてしまう。「せめて着色してくれていたらなぁ…」「このまま開いたフタを閉じてこのまま返品したい…」と思ってしまう。しかし…

ローションを塗ると本領発揮してくれる

いざローションを塗って挿入開始するとそれまで感じていた萎え感が吹き飛ぶ。物理的に生々しい造形なのに生々しく見えない不条理を、ローションが直してくれる。そして、艶めかしい光景を目の前にさせてくれる。

濡らすとそそる場合がある

ガールフレンド第3章の挿入口のビラビラ箇所にローションを塗った様子|艶めかしくなってくれる。

ローションを塗ると生々しくなってくれる

それまで乾いていて何の魅力も感じなかった挿入箇所がローションで濡れるとガラリと変わる。挿入する際にローションが馴染んでいってその濡れた光景を目の前にすると、生々しくなってくれる。

返品したかった感情が消えていく

「濡らすことで、この返品したいといった感情は無くなるのではないか?」といったことになる。そして、実際に、ローションをビラビラに塗ると「返品したいと思っていたのは撤回だ!」となる。

挿入口をベチャベチャに濡らすとガラリと変わる

ローションで挿入口もベチャベチャに濡らすことで、より自然に勃起できるようになり、返品したい感覚が薄らぎ、「生き物とこれからセックスするんだ!」感覚になり、没入できる。濡らすとそそらせてくれる。それがやはりガールフレンドシリーズのお決まりである。今回もそうだった。

「返品したい」と万が一開封時に感じた際は濡らすと変わる

返品したくなっても濡らすと変わる

濡らすと返品できなくなる。使用済みになってしまって返品できなくなる。しかし、濡らすと返品したいと感じた感情は意外に消えていく。それほどに生々しい光景を目の前にできる。生々しい挿入光景を目の前にできる。

大きいものを買うと返品したくなるのが普通

なにか大きいものを買ったときに返品したくなる衝動に駆られると言われている。無かったことにしたくなる。返品してすべて無かったことにしたくなる。しかし、返品作業をしたり、返品発送に持ち込んだり、返品送料を負担したり、それが億劫で面倒になる。そして、しぶしぶ諦めて、ローションを注入して挿入するとガラリと変わる。この現象が他の大型オナホールでもよく起こった。

ぷにあなミラクルDXと似ていて返品したくなる

ガールフレンド第3章はその典型だった。まず見た目がぷにあなミラクルDXソックリ。ぷにあなミラクルDXをすでに持っている。なのでダブる。そして…

ガールフレンド初代と違ってビラビラがボディ色で返品したくなる

そして挿入口もガールフレンド第2章に比べてビラビラが大きくて感動する。しかし、ガールフレンド初代の別素材型と違ってボディ色と同じで萎える。しかし…

触ると、濡らすと、返品感情が消えてくれる

いざおっぱいを揉むとあきらかにぷにあなミラクルDXと違って感動する。

ローションを塗って注入して挿入するとやはり変わる。ガラリと変わる。「ボディ色と同じでも別にいい」と感じられる。

返品したくない、使用した時点で返品できないのだけれど。返品すると大きな楽しみがゴッソリ減る感覚で返品したくないといった純粋に感覚に終着できる。

返品したくなったらビラビラにローションを塗ると変わる

その決め手となった要素こそが、ガラリと印象が変わった箇所こそが、まったく反応しなかったのにムクッと勃起してしまった瞬間こそが「ビラビラにローションを塗った瞬間」だった。ガールフレンド第3章はビラビラ箇所にローションを塗ると視覚快感が変わる。

開封→「返品したい…」
ビラビラにローションを塗ると
ガラリと変わる!

▼関連ページ:飽きて返品したくなったら香水で蘇る。
飽きたラブドールは「香水」を付けることで新たな快感に勃起する


■製品情報:ガールフレンド第3章 / メーカー:NLS / 対応配送業者:日本郵便・ヤマト運輸 / プライバシー梱包で発送:✓ / 即日発送:14時までの決済完了 / 送料:無料 / 土日発送:あり / 正規代理店:NLS

ナビ|他レビュー目次

» ガールフレンド第3章のレビューまとめ一覧
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP