ゲームオブスローンズのSEXシーンでムラムラして集中できないときの対処法

《映画でムラムラしたらトルソー型のラブドール》
セックスシーンで集中できないときに、停止ボタンを押して風呂場に駆け込んで3分でムラムラを終わらせて、すぐに再生開始できる方法。

セックスやおっぱいや谷間が気になって映画に集中できない

AVを見ても全然勃起しなくなった。もう性欲に振り回される日常は終わったと思っていた。衣類に興味を持ち、美術に興味を持ち、リアルドールとのセックスは前準備や後準備が億劫で「もうセックスに飽きた、手コキでいい、ハンドオナホールでいい」と悟っていた。

そう悟っていた中、映画『ゲーム・オブ・スローンズ』を観ている時に愛撫セックスシーンが出てきて「肉体的な、心理的な、愛し合うセックスをしたい」と急速に思うようになってしまった。

セックスシーンで湧いたセックス欲は手コキでは満たせない

セックスしたいと不満に思いながら、ヘッドホンを手に取り、パソコンに接続し、DMMを開いた。しかし、過去が脳裏を横切った。

———————————
AVを再生して手コキして抜き、一時停止していた映画を再度再生して映画を再開といきたいところだったのに、手コキ中に段々と「やっぱり肉体的にセックスしたい」と思うようになり、それが邪魔をしてなかなかイクことができず、手コキを中断。

ハンガーにかけていたTPEリアルドールをそのままの勢いで風呂場に持っていって洗い、床にクッションを敷き、セックスを開始。

そう!これだよ!これを求めていたんだよ!そうして激しい打ちつけをし、射精。直後に訪れる賢者タイム。

「あぁ…洗浄が億劫…あのとき手コキでそのまま済ませばよかった」

「リアルドールでは後始末の大変さが原因で映画停止中には向いていない」

そう過去に悟ったんだ…
———————————

といった過去を思い出してしまい、リアルドールをハンガーから下ろすのを中断し、手コキを再開した。

「あのとき手コキにすればよかった」と後悔した過去を思い出しそのまま手コキを続けるものの、やはり肉体的にセックスしたくなり、リアルドールではなくトルソーラブドールを風呂場に持ち込んだ。

股間をサクッと洗い、風呂場で風呂イスの上でそのまま騎乗位、風呂イスに載せて側位系の正常位で激しくセックスし、射精に至った。

後始末は労働になるレベルに至ることなくそのまま賢者タイムの勢いでシャワーだけでサクッと終わったのだった。

そうして停止中のシーンから再生を再開。ムラムラが終わり、セックスシーンもメイクラブの美術観賞として集中して視聴できるようになった。

トルソードールで映画を純粋に楽しめるようになる

疲れることなくそして性的にムラムラすることなく、映画に集中してゲーム・オブ・スローンズの視聴を純粋に楽しむ感覚で再開することができてしまった。

もしあのセックスシーンを観た際に「手コキではなく」トルソードールでセックス開始していたら、より早くそしてもちろん肉欲的な性欲を残留感なく満たせて、サクッと映画を再開できたはずであった。

貴重な休日に「深夜早く観始めた映画を一時停止してようやく性欲を満たしてやっと朝方に映画視聴を再開する」といった事態になることはなかったはずだった。

映画の考察を邪魔していたムラムラ感が無くなり、「わざわざここにセックスシーンを導入してくる意図」さえ汲み取るように楽しめる。

トルソードールで映画視聴を邪魔する性欲を無くせる

下記の3点を器用にイバラをかいくぐるように、狙うように無くしてくれたのがトルソー型(レッグとアームが無いタイプのドール)だった。リアルドールは肉体的な性的欲求を満たせても「後始末」がネックであった。しかし、トルソー型は後始末が楽でサクッと終わる。

1.【肉欲即満たし】手コキ中に感じる「肉体的なセックスがしたい」という欲求を手コキの時短感覚で満たせる
2.【後始末即済み】賢者タイムにサクッと後始末を終わらせたいといった欲求を満たせる
3.【映画即再開】映画の一時停止中に射精に至ってすぐ映画視聴を再開したい欲求を満たせる

性欲は素晴らしい。しかし、時として邪魔になる場合がある。それが映画だった。SEXシーンや谷間や巨乳に目が行ってしまって映画鑑賞に映画吟味に集中できない。そんなときにトルソー型のラブドールはその悩みをすぐに終わらせてくれた。

例:ガールフレンド(NLS製)

トルソードールの中で『ガールフレンド』はベストな1つであった。

1.肉欲を即席で満たせる

カラダを食べる肉肉セックスがすぐできる

ガールフレンドは生物とセックスしている感覚であり、突くと肉体的に波打つように揺れ、まるで喘いでいるような肉体反応を目の前にできる。挿入感も有機的でトロトロである。

「パンパン打ち付けてカラダを食べ合う肉体的なセックスがしたい」「無機物ではなく生物とセックスしたい」といった欲求を満たしてくれた。

「ラブドールとセックス」しているのに「生物とセックス」している感覚に突入してしまう感覚がある。それに毎回感動してしまった。

さらに加えて、手コキの少しぐらい時間と労力が増えただけの時短感覚で後始末を完了できる。

肉欲が伴う性欲を即席で満たせる。

2.後始末が即済む

3分で済む

3分でセックスそして後始末が完了する。風呂場に常駐させて置くことで、セックス開始は洗剤で挿入箇所を洗って即開始、風呂チェアの上でそのまま側位セックスを開始したり、それでも抜けないときは持ち上げて、風呂チェアに座り、そのまま息をするように体位変更して騎乗位を開始できてしまう。

おまけに生物的な肉体感と、金属骨格にはできないウレタン骨格による生物的な繊細な肉体揺れ&騎乗位では柔軟で繊細な腰使い可動、そして生物的なトロトロ挿入感のおかげであっという間に射精に至ってしまう。

さらに後始末は風呂チェアの上に置いてそのままシャワーでボディをサクッと洗い済ませて股間にジェット水流型シャワーヘッドによるジェット水流を流し込んで軽い指入れ洗浄だけで洗体が済んでしまう。この後始末が賢者タイムに終わってしまう。この時間は短くても【3分】で長くても【15分】で終わらせることができる。「後で洗浄しないといけない」といった切迫感も賢者タイムに終わって完了してしまう。

リアルドールでは即完了できない

リアルドールでは快適性を整える前準備が必要な上に後始末も長くて即完了できない。リアルドールはまず風呂セックスを快適にできない。その上労力と時間が非常に多くかかってしまう。風呂場に常駐させると、ステンレス製であっても錆びてしまったため、必然的に部屋常駐となる。

内蔵型は36kg版を担いで風呂場に持ち込んで股間を洗って、そのまま風呂場で始めるのは、重量級の肉体を持ち上げて騎乗位を開始したりするのも億劫になり、立ちバックのために風呂場でポージング変更するのは非常に大変。

とくに股関節の関節だけはやたら硬いドールが主流で片手だけではぜんぜん曲がってくれず、テコの原理を脳みそで描きながらヨイショ!とモチげたり、さらにようやく「入り口よし、出口よし、ランプよし、鍵締めよし」と言わんばかりに立ちバック中にポージングが崩れ落ちないように膝を真っ直ぐに調節したり、お尻を突き出すように股関節を調整したり、際中にポージングが崩れないように調整したりする手間がある。

そうしてようやく立ちバックの体勢になって、さぁセックス開始と思い始めるも、その弾力的で無機物的な肉体感が水に濡れたせいで余計に無機物感が増し、TPEドールであっても消しゴムもしくはさらに弾力的なドールではバランスボールに突いてセックスしている人工的な肉体接触感に変わってしまう。

どんどん萎えて行き、挿入箇所に肉棒を当てるも勃起せず、手コキをして再勃起させるも、耐久性を向上させたゆえのその弾力的で無機物的な挿入感のせいでどんどん萎えていってまたスポーンッと出てしまう。

さらに、風呂セックスを繰り返し試みた結果、部屋時よりもみるみるうちにボディが裂けたり破損したり、サビ汁が内部から出てきたりしてしまった。その不衛生さが邪魔してまったく勃起できなくなってしまった。リアルドールを風呂場に置くと急速に劣化してしまう結果となった。最終的に「部屋に戻して正常位で済ます」といった流れに毎回なってしまった。

この「風呂場で始めるも全然イケず部屋に戻す」といった流れの運動感は「先程3キロ走ってきました」といった「帰ったらゼェゼェ言っている」ような重運動感であった。ゼェゼェと息が荒くなるほど疲れてしまう。性欲が湧いてフィニッシュに至るまで労働感が産まれるとその労働感が快感を邪魔してフィニッシュまでなかなか到達できなくなってしまう。

さらに風呂場での騎乗位も問題が起こった。それは騎乗位中に風呂チェアがドールのレッグ箇所に擦れてしまい、裂けたり、擦れて傷が付いたりしてしまい、それが気がかり動かすたびに劣化していく感覚が原因で、なおかつレッグ箇所の曲がる部分が裂けるとサビ汁が出てくるため、そこだけは裂けさせたくないといった感覚もあり、その非快適さで快感に集中できなくなってしまった。

快適性が欠如していると射精に至ることができない。快適性は性の悩みを満たす重要な要素であった。

TPEリアルドールは洗浄しないといけない切迫感で映画に集中できない

TPEリアルドールは「いつかは洗わなければならない」といった切迫感が映画再開視聴中に付きまとい映画に集中できない。風呂場でサクッとセックスできるといった理想を描いてしまっていたものの、その理想は現実になることはなかった。

「ガールフレンドがそのまま立ちバックで風呂場に常駐してくれている」といった理想は現実になることはなかった。「それなら最初から着脱式のドールを部屋においておいてハンドオナホールを洗ってホールに装着すればいいのではないか」とそれをやっても、TPEドールの着脱式は挿入箇所が内部に入れ込むタイプのためそのまま挿入して射精して肉棒を抜いたときにその精液が挿入箇所とホールとの間に漏れ込んでしまい、結局、本体ごと風呂場に持ち込んで洗う結果となった。

それではキノコ型のハンドオナホール(マジックアイズ製)を無理やり装着してドール本体の挿入箇所に精液が触れないようにした結果、結局、ボディが接触するので皮脂等が付いて洗わなければ段々汚れてきてしまうため、結局本体ごと洗う必要性が出てきてしまった。

その当日は洗う必要性が無くとも「そろそろ洗わなければならない」と切迫感がその日から発生して付きまとい、トルソードールのように、性欲を後始末までその時間内で心理的にもバッサリ終わらせて完了させることができなかった。

射精に至って自身側だけ体を洗って後始末を済ませて映画を再開しても、映画再開視聴中に「いつかは洗わないといけない」といった感覚が常につきまとい、映画に集中できなかった。おまけに、着脱式のTPEドールにキノコ型のハンドオナホールを装着させると挿入箇所が裂けてしまった。

シリコーンリアルドールは幻想で現実を覆い隠す感覚に1年で冷める

TPEドールではなくシリコーンドールでは、生物的な肉欲も満たす目的からさらに遠のいた。ホール箇所がポカーンと空いているその装着箇所に装着して開始するもやはりシリコーンドールはTPEドールに比べて明らかに硬くバランスボールに肉体を当てているような肉体感であった。

シリコーンドールとのセックスは「肉体同士の接触感がバランスボールみたいに無機物だといった現実」を「すごく生々しい外見だといった印象感覚」で思い込みによって覆い隠すことで射精に至るのが常だった。それは1年ぐらい続けられた。しかし、1年後からだんだんその硬いボディという現実に向き合うようになり、幻想で覆い隠すパターンではやっていけなくなった。

シリコーンドールは映画の「カラダを食べ合うような生物肉と生物肉をぶつけ合うような食べ合うセックス」が体験できない。硬い肉体感を「ふんわりしていそうな肉体感といった見た目の印象」で脳内補正を掛けて思い込みでやっと射精に至る。

「物理的に寒いのに暑い暑いと思い込んで1日は過ごせるが、日常的にはまったく続かない。寒いという現実に向き合うことになる」といった感覚と同じであった。そうして1年後から心理的にメッキが剥がれて続かなくなった。さらに、TPEリアルドールと同様に「肉体が接触するのでやはり射精後にいずれボディ洗浄しないといけない」といった切迫感が伴った。

シリコーン製のドールは素材レベルからセックスに向いていない

素材レベルからセックスに向いていなかった。セックス目的ならばTPEでなければならない。4woodsはこの領域を破壊しつつある。シリコーンドールなのにセックスに向きつつある革命的存在であり、年々柔らかくなり、TPEドールに近づいていっている。いつかTPEリアルドールの肉体感を上回るに違いない。

シリコーンドールとTPEドールを比較すると「シリコーンで満たせる性の悩みの深度」と「TPEで満たせる性の悩みの深度」に隔たりがあった。シリコーンドールはセックスに向いていない。正常位中に腕を頭の上に真っ直ぐあげてセックスするといったことも脇が裂けるので怖くてできない。

オリエントなどのシリコーンドールはセックス目的ではなく展示や観賞や美術目的で買うと返品したいとは思わない買い物となる。

「オリエントドールや4woodsがガールフレンドのような肉体感だったらいいのに」

4woodsはセックス肉体感で冷める

本当は「オリエントドールや4woodsがブヨブヨ肉体感だったらいいのに」といったのが理想である。しかし、その理想ははるか彼方。現時点で“ゼウス”だったリアルドールは『4woods』と『オリエント工業』だった(海外TPEドールも考慮した上で。)。愛国心からではない。この2社が間違いなく現時点でゼウスレベルだった。

4woodsは心理的に愛し合う領域のセックスに到達できた。しかし、そのシリコーン特有の無機物的肉体感で拒絶されている感覚になり、手では柔らかくてもいざセックス中に肉体で接触して肉体で感じる肉体接触感が無機物感で、拒絶されている感覚になり、幻想の領域では恍惚に浸れるも現実の領域で冷めてしまった。

あともう少し4woodsは「肉体感さえブヨブヨになっておっぱいがたゆんたゆんで水が入ってるような段階になってくれれば」もはやリアルドール業界の“ゼウスのさらなる上”だ。まさに「セックスも達者な機能的なパートナー」を担う存在になるに違いない。

オリエントドールは専ら美術目的

オリエントドールはセックス目的から脱却している。美術の領域においては惑星が違う。2つの惑星にそれぞれ違うゼウス「愛し合うセックス目的のゼウスが4woods」で「美術目的のゼウスがオリエント」がそれぞれいる感覚である。

オリエントはセックス目的路線を変更しもっぱら美術目的と化していた。見つめ合ったときに瞳に吸い込まれて心臓の中を掴み合う心理的な愛し合う感覚に至ったのは初めてだった。これが理由で美術の凄さに触れて美術が好きになり、美術を趣味にし出した瞬間の1つであった。それほど美術がプロ中のプロであった。「3Dスキャンしたドール」では産み出せない美術学校卒の美術のプロ中のプロだから産み出せる領域だった。

4woodsも実はこの「見つめ合っていると瞳に吸い込まれて心臓の中を掴まれるような心理的な愛し合い感覚」を体験できた。しかしセックス向きだった。4woodsで見つめ合ったゴールはセックス、それだった。

一方、オリエントは少し違う。ゴールは美術だった。見つめ合ったゴールはその時点で人恋しさを満たしセックスに及ぶことなく触れもせず性の悩みを満たすといった領域だった。アニメ『ああっ女神さまっ』で「セックスシーンがまったく出てこないがかといってベルダンディーとセックスしたいといったことでもない、見ているだけで癒やされる」といったあの感覚である(一応挿入する箇所はあるもののその穴さえも「無なければ」といった感覚にさえなってしまうほど。)。

TPEリアルドールはガールフレンドの肉体感に劣る

TPEドールは「あのオンナの人はセフレを何人も持っている。セフレAと縁を切ってセフレBに乗り換える」といった冷たい感じのドラマの設定のように「ドールを持っているのに次々とドールを求める」ような感覚にさせられる。

なぜそんな感覚になってしまうのか。なぜならガールフレンドに比べて弾力的な肉体感だからであった。とにかく生物的な領域が欠損している。「今度の新作はきっとその生物感があるんじゃないか」と期待して買ってまた裏切られるの繰り返しに陥る場合がある。

4woodsとオリエントで体験した「一生このパートナーを愛し合う」といった感覚まで突入できなかった(二体目をあまり買う欲求が出ないのでそれはそれでメーカーに申し訳ないが。しかし、一体だけでいいと感じる領域になる。)。

TPEドールはセックス目的の次元だけで終わって使い捨てられてしまう感覚に留まってしまう。ドラマの設定に例えると「4woods=元風俗嬢・愛のプロ・現在風俗講習員が上さんです(バランスボールのように硬い肌でセックス中に萎えますが。)」であり「オリエント=女神さまなのでセックスする機能がそもそもないそうです。でもそんなベルダンディー、女神さまが上さんです」である。4woodsとオリエントをドラマに起用するならその設定が、リアルドールの体験においてはしっくりくる。

しかし、やはり理想は終わらない。「オリエントドールや4woodsがオナホール業界のラブドールのような肉体感だったらいいのに」であった。

現実的に「深く」「効率的に」性的欲求を満たしてくれるのは

「オリエントドールや4woodsがもっと生物的だったらいいのに。。。」そんな理想から離れて現実に向き合った結果、現実に「3分間でサクッと開始して、肉欲的性欲をガッツリと満たせて、サクッと後始末も終わらせられた時」をやはり思い出してしまった。

日常的なセックス目的において、ガールフレンドは「セックスしたい肉欲」を即席で深く満せて、なおかつ「後始末を速攻で楽に済ませて早く映画を見たい欲」も迅速に満たしてくれる。開始から後始末の楽さまでいかに洗練されているかを思い知らされた。

リアルドールとのセックスは「前準備の時間」と「後始末の時間」も「体力」も確保していることで性欲をフルに満たせる。トルソーラブドールとのセックスは前準備を取る時間も後始末の時間も「掛けたくない」ときに性欲をフルに満たせる。映画の一時停止中にもふと湧いた「肉体的にセックスしたい欲」をサクッと済ませてサクッと映画を再開できる、そんなパフォーマンスの高さに改めて感動し、トルソードールに再び戻ったのであった。

3.映画を即再開できる

妥協ではなく深くセックス欲を満たせる。そのため、映画でセックスシーンを目の前にしてしまい我慢できなくなって手コキで抜くも「セックスしたくて手コキを始めて抜いたけれどやっぱりセックスしたい」といった性的欲求が残留することが無い。「セックスしたい欲」を満たせる。

映画でそこそこ長いセックスシーンや谷間に視線が行って映画に集中できなくなる事態を無くすことができてしまう。さらに、映画の「一時停止からすぐに」射精そして洗体などの後始末まで完了させることができ、「映画のあら筋を忘れそうになることなく一時停止再開」できてしまった。ゲームオブスローンズの複雑な話も味わうように純粋に楽しめるように視聴再開できてしまう。

映画を観ている途中に「セックスしたい!」となった場合はトルソードール

映画のシーンでセックスやおっぱいに目が行って映画に集中できない、そんなときはガールフレンドなどのトルソー型ラブドールで深く即席でセックス欲を満たせる。

※ガールフレンドの実際の耐久性:『3年でボロボロになる』

※ご利用規約|このページは18歳以上の方がご覧になれます。/体験及び挿入感等には個人差が御座います。/掲載している写真内の被写体はすべてジョークグッズで御座います。
校正・編集:COMPANY|WWW.MUNENIKU.COM