カテゴリー: ラブドール性家電風俗

「風俗日記を見て風俗に行きたくなった…」時はラブドールと性家電で代替節約できる

   
著:「はじめての風俗ソープでも安心」風俗研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「女王様にハイヒールでふんづけられながら、淫語を言われながら、会話したい」といった体験がしたくなったときに風俗を利用する。といった感覚になるとやはり節約できる。

「風俗に行きたい…」

シティヘブンの日記を見ているとジワジワと風俗を利用したくなってくる。

「抜いて欲しい…」

従来のオナホールでもラブドールでも体験できないこと「抜いてもらう」という感覚に渇望感をいっそう感じ出して行きたくなってしまう。

「しかし!事務処理感は防ぎたい…」

だからといって“風俗あるある”の「早足に流れ作業感」にあたったり「事務処理的な作業感」にあたったりするのは嫌だと思い、少し高めの金額を検討しながら日記を見る日々。

しかし、最高でも3回の射精にその金額を払った後の「帰り道で後悔しないだろうか」と不安になる。

「ATMで確定ボタンをなかなか押せない…」

「よし!今日は行くぞ!」と決めてソープ近くのコンビニでATMで料金を下ろすも、引き出し分がゴッソリ抜かれていった残高確認に、やはり確定ボタンをなかなか押せない

「やはり取消ボタンを押して帰ろう…」

「このままソープに行くのはやめて、下ろすのもやめよう、節約のために。抜くためにこの金額は高すぎる…。」そう思って取り消しボタンを押そうとするも…。しかし、今日は行くぞと張り切って身だしなみをバッチリ整えて来た日…。

「いや!今日は人生の記念日だ!」

「今日は人生の記念日だ!」と自身に説得してそのまま強行突破してソープを利用するも、やはり、射精時に訪れるドッとした後悔感、そして退店してビルから出たときに訪れるさらなる浪費感、それらにさいなまれる。

「あの後悔した経験が蘇る…!」

その過去の経験が料金ページを見ている時にふと蘇る。行きたいと思って料金ページを見たときにふとその過去が蘇る。

「性家電とラブドールでかなり代替できると悟ったあのときのことを…!」

そうして、退店した時に痛感したことを再び思い出す。

「意外に性家電でも代替できているのではないだろうか…?」と感じたこと、そして「意外にラブドールでも代替できているのではないだろうか…?」と感じたことを。

ソープの中で性家電の体験とラブドールの体験が一致している場所が多々見受けられたのである。そして一致していないのはやはり「会話」であった。ソープのより純粋な醍醐味は「会話」だったのだ。

「そうだ、会話したいとどうしても思ったときにだけにしようではないか…!」

ならば結論は早い。「会話したいときにしか風俗は利用しない」それで節約できる。射精といった物理的な性欲ではなく、人間にしかできないこと、その「暖かく癒やされるコミュニケーション」だけを求めて行くということに。

そしてむしろ「時間いっぱいずっと会話でいい」と利用前の店舗内氏名時にスタッフの方に告げてもいいほどに決め込んだほどに。

「会話して帰るだけの神おじいちゃんだっていらっしゃるのだから!」

「性サービスはせずにひたすら会話だけで帰らえるおじいちゃんは神客」といったのをどこかの日記で見た記憶も蘇ってその自身への説得がさらに高まっていく。

風俗は肉体労働。肉体的な消費が激しい。当然、その労働が省略されるのは楽になるはず。そして逆に会話しているほうが疲れるといったことにならないように、こちら側も話す内容を決めてから行く準備もできてしまう。

「そのおじいちゃんのような姿が理想の姿ではなかろうか!」そう気分が高揚してくる。

「この同じ結論に何度も至る…!」

その結論に、ソープ後にビルから出たときに、まさにそのときに同じ結論に至った。何度も何度も同じ結論に至る。過去に利用した直後に悟った新鮮な結論にも一致している。

「風俗は会話目的、性具は性目的で節約できる!」

「どうしても風俗嬢の方と会話コミュニケーションしたくなったときに風俗で満たす」そして「直接的な性欲満たしはラブドールと性家電で満たす」という区別で節約できると痛感した結論に何度も何度も至る。

「この区別でガッツリと節約できる!」

「会話は風俗」そして「性は性家電とラブドール」これでガッツリと節約できる。そして、求めることをより精鋭化できる!

「区別することで異常に楽しめる…!」

風俗に性サービスも会話もいろんなことを同時に求めるのではなく、会話しか求めないことでより異常な濃度で楽しめるのではなかろうか!

「これでどちらも節約しながらであっても異常に楽しめる!」

そして、性サービスは性家電とラブドールに隔離してそれらで集中的に楽しむのはどうだろう!結果、性具も風俗もどちらも楽しむことができるのではなかろうか!

「何度も何度も何度も同じ結論に至る…」

…と、過去にメモをしていたその日記を見ていて改めて同じ結論に至った。本日も変わらずそれに同意してしまう。そして料金ページをそっ閉じすることで一件落着。

「そうだ!風俗は会話目的のみだ!」

「風俗に行きたい!」と思ったときに、「会話だけして帰りたい!」といった場合にこそ、風俗は充実した体験にできる、と思い込むことで、節約できるということを。

「性具は風俗のつなぎなんて終わりだ!」

そして、性的なことは性家電とラブドールに求めるようになり、「性家電もラブドールも風俗のつなぎ」といった感覚になることなく、純粋に楽しめるキッカケにもなった、というメリットもある。

「先人たちの教訓を忘れない!」

風俗で借金をする先人たちの教訓を目にするとやはり、性欲処理のために行くのは蟻地獄にるのは目に見えている。「風俗は会話しにいく場所」そして「性家電とラブドールで性を満たせる」その区別が節約できる、そう思ってしまう。

風俗は会話目的、性具は性目的で節約できる

特に性家電は「人にしてもらっている体験」ができて感動する。そして最近のラブドールも「一方的なオナニーセックス」ではなく「愛し合うセックスのゾーンに入る体験」がたびたび起こるクオリティになっているのでやはり「風俗代を節約したい!」といった場合はこの区別でやはり節約できる。

「風俗に行きたい…でも節約したい…」
といった場合は
ラブドールと性家電で代替できる!

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP