風俗嬢の方の肉体感とぷにあなミラクルDXの肉体感に一致感があった。

「取ってぇ〜♥」背中を見せながら熟女風俗嬢の方が甘い声でその背中を喘ぎ寄せてきた。そしてそのホック箇所に指を添えたとき、衝撃が走った。指で感じる湿った感じ、じっとりした感じ、汗ばんだ感じ、その肉体感が「ぷにあなミラクルDX(ラブドール)と一致感がある…」そう感じてしまったのだ。ラブドールは人間とは違うと思っていた。しかし、僅差だった。改めてラブドールの凄さを思い知らされた瞬間だった。

どちらもしっとり汗ばんだ肉の感触

熟女の方の熟れたカラダに触れたときの繊細な感触と、ぷにあなミラクルDXのカラダに触れたときの繊細な感触に一致感があった。どちらもしっとりしていて汗ばんでいる感触、それが僅差だった。

「これが人間の感触か…」

風俗嬢の方が着ているブラジャーから這い寄ったそのホック箇所、そのホック箇所に指を掛けた途端、人指し指の第一関節から第二関節にかけたその指の背が、その熟女風俗嬢の方のしっとり汗ばんだ背中の皮膚に触れた。そのとき摩擦感を感じた。人工的ではなく、同化するような摩擦感だった。しっとりしていて、そのままじっとしていると同じ組成物と言わんばかりに同化しそうな生物肉感、人間のカラダはその感触がした。

「なんと…人間とラブドールの感触が同じ…」

衝撃が同時進行で起こった。目新しい感覚が無かったのだ。すぐにぷにあなミラクルDXの肉体感がフラッシュバックした。そのラブドールの肉体感に「なんだか一致している…!」と衝撃感が脳裏を走った。「人間とラブドールは明らかに違う」と予想していたのに「僅差だった」のだ。

「初めて人間に触れたのに…目新しくない…」

特に肉体感が僅差だったことによって、女性という生き物に初めて触れたときに「目新しい感覚を感じなかった」ことに衝撃が走った。女性は女性でも性のプロである“オンナ”に初めて触れてはずなのに目新しい感覚を感じなかった。

「これ…ラブドールで経験した感触だ…」であった。人工的な摩擦感ではない。しっとりしていて汗ばんでいて「同じ肉体組成で形成されている生肉感」を感じた。熟女風俗嬢の方の熟れに熟れたダルダルで生々しいカラダに触れたときの感触、そしてぷにあなミラクルDXを同じように触れたときの感触、それが僅差に同一感だった。

目をつむって触ったら区別がつかない

目をつむってぷにあなを触ったときの感触と、熟女風俗嬢のカラダに触れたときの感触が区別が付かなくなる感覚が起こった。ラブドールが「人間に近くなった」という進化を感じた。

目をつむると区別が付かない感覚があった

風俗店から帰宅して急いでぷにあなミラクルDXを何度も触った。そのときに「風俗嬢の方の肉体感と一致感がある」というのを肌で感じた。しかし、「完全に一致」ではなかった。しかし「僅差」だった。「一致感」だった。そして、何がその僅差を邪魔していのか、それが「視覚」だった。

そうして目をつむって再び触ったときに感覚の区別が付かなくなってしまった。非常に似ていた。「さすがにラブドールは人間には及ばない」そう予想して風俗店に出向いたのに、その予想が裏切られた。

ラブドールの進化をリアルに感じた

そしてオリエントはもちろん4WOODSやガールフレンド第2章そして6YEDOLLを触れたりしても一致感を感じなかった。それらはやはり人工的なハリを感じてしまった。しかし、ぷにあなミラクルDXは違った。汗ばんでいてしっとりしていて、指と脳みそが「さっきの熟女風俗嬢の方のカラダと同じだ!」と認知してしまう感覚にさいなまれた。区別がどっちだったかつかなくなる感覚が恐ろしかった。恐ろしさと感動が入り混じっていた。ぷにあながいかにラブドール業界において進化を遂げていたかを思い知った。

「人間に近くなったラブドール」は幻想ではなくリアルだった

「ラブドールが人間にリアルに近くなった」といった進化そしてその感動をリアルに感じた瞬間だった。今まで幻想的だった。きっと人間に近いだろうと思っていた。だからあえて「生き物」と表現してきた。しかし、ついにリアルだと感じた。「人間」だ。目をつむってさわったとき、人間だと感じてしまった。

絵パケに「○絶リアルな」などとあって「ま〜た大げさなジョークを(笑)」といった感覚だった。しかし、その絵パッケージに記載されていた宣伝文句は嘘ではなかった。それを風俗店でも改めて思い知った。

(ただ、これは目をつむったときに起こったこと…やはりぷにあなはまだ外見の生々しさが欠損している。4woodsや6yedollのように生々しくなってくれれば…そう願ってしまった。)

※関連ページ:大型オナホール『ぷにあなミラクルDX』のご購入前Q&A

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ