風俗嬢のフェラは電動オナホールのA10サイクロンSA+PLUSで味わえる

風俗で嬢の方に亀頭と肉棒を舐め回されているときのフェラ感触に「一致感」を感じた電動オナホールがあった。人工的ではなく「人間に」舐められている挿入感、ただの肉ではなく「舌の肉」に舐められている感触、ただの舌ではなく「分厚い舌」で濃厚に舐められる感触、ただ舐められるのではなく「ベロでペニスを食べてくるように」擦りつけてくる感触、イタズラに人工的な責め感ではなく「Sっぽい痴女感」がありながら「相手のことを気遣ってくれる」気遣い感もある「ぐいぐい痴女フェラ感」、それら「百戦錬磨の性のプロによるフェラ感」をフルに味わえた電動オナホール、それがA10サイクロンSA +PLUS(プラス)だった。

※『A10サイクロンSA +PLUS(プラス)レビュー」

亀頭を舐め回される感触を味わえる

プロの熟女風俗嬢の方にフェラされたときに「亀頭を舐め回される感触」があった。その感触をこの電動オナホールがフルに再現してくれた。専用ホール「メデューサ」で風俗嬢の方によるフェラの体験を再現できてしまった。自宅でも「これだ!一致してる!」と言わんばかりに再現できてしまった。

※『専用ホール“メデューサ”の挿入感レビュー

亀頭の周囲を分厚い舌肉が這っていく感触を味わえる

フェラされているときに亀頭の周囲を「分厚い舌肉が這っていく」感触があった。その感触も再現できてしまった。ジワジワとした回転速度がちょうど「人間の舌がまったり動いて這っていく」感じの速度と一致感があった。

そしてメデューサの挿入感が生物的なため(ただのヒダヒダだが実際に挿れると生物感なのは毎度驚く。)、その這っていく感触が人工物ではなく「人間の舌肉だ」と錯覚してしまう感覚がある。

分厚い舌が亀頭にグイグイ優しく擦ってくる感触を味わえる

風俗嬢のフェラは「ドS痴女っぽく」分厚い舌肉を亀頭になすりつけてくる感触があった。それと同じ感触が味わえてしまった。「あぁ…風俗で体験したプロのフェラの感触だ…」そう感じてしまった。「ただなすりつけてくるだけ」といった心のこもってないフェラではない。グイグイ積極的になすりつけてくるだけでの同業者からパクってきたようなフェラでもない。人工的にならない紙一重のラインの技能、愛情を感じるフェラ、優しさも感じるフェラだった。

「愛」を感じる。それがA10サイクロンSA+PLUSだった。人間特有の「気遣い」のような挿入感がある。「どS風俗嬢はどMを知り尽くしている」と言わんばかりに気遣いがある。その繊細な気遣い感をペニスで感じることができてしまった。金儲けのためだけに生まれた性家電ではない。人間味があるのだ。だからこそ、風俗嬢の方の“人間的な”フェラも再現できてしまう。これが魅力である。本当に、惚れてしまう。

人工的な肉ではなく生物的な肉が亀頭に触れてくる感触を味わえる

電動オナホといったゴムの人工物であっても、実際にペニスで感じるその繊細な感触が人工的な感触ではなく、生物の舌肉が擦れてくる感触だった。粘膜系の肉の塊が亀頭に擦ってくる感触だった。加えて、亀頭に巻き付くような抱擁感もあった。透明で無機物感な感触とは真反対となる。

風俗嬢の方がヒートして必死に亀頭を舐め回しているその感触に、A10サイクロンSA+PLUSの挿入感がたびたび「一致している!!」と言わんばかりにフラッシュバックした。とにかく終始生物的な挿入感になっている。

風俗嬢に舐め回されるのと「同じ!」な感触を味わえる

亀頭ではなく今度は肉棒全体を分厚い舌で包むように隙間なく巻き付き舐め回してくる感触がプロのフェラだった。そしてこの電動オナホールでそれと同じことを味わえてしまった。

まったりした速度のフェラ感も味わえる

専用ホールのメデューサが最低速度付近の速度で「人間によって肉棒全体を舐め回されている感触」がモロにあった。まったりした速度でフェラされているときの感触にも一致感があった。人工物ではなく人間の分厚い舌で舐め回される感触がある。そのため、まったりでも生物的なフェラ感を味わえてしまう。

隙間なく舌肉に絡み包まれる感触も味わえる

肉棒の一部だけが舐められる感触ではなく、肉棒全体が隙間なく舐められる感触を味わえる。フェラテクニックと言わんばかりに舌を分厚くするような力の入れ方でペニスを抱擁してくる感触が味わえる。

亀頭舐めと肉棒舐めを同時に味わえる

その風俗嬢の方は「舌が少し長め」「フェラが得意」とプロフィールに書かれておられた。そしてその方のフェラであっても亀頭を舐められている最中は肉棒を舐めるのがおろそかになっていた。「やはり人間だから仕方ないのかもしれない…」そう悟った。

オナホではなく人間の舌感で亀頭と肉棒の同時責め感を味わえる

プロのフェラに対し、この電動オナホは「亀頭全体と肉棒全体」を「同時」に「隙間感のない濃厚感触」でフェラされる感触だった。それでいてオナホールあるあるの「単調な挿入感」ではなく「人間の舌で亀頭と肉棒を同時に舐めてくる」といった感触だった。この繊細な違いも魅力であった。

ジュポジュポ吸われる感はテンガフリップゼロが必要

風俗嬢の方のフェラにあってA10サイクロンSA+PLUSには欠損していた挿入感、それが「じゅぽじゅぽ吸われる」感触だった。

しかし、TENGAのフリップゼロでそのSA+PLUSで欠損していた感触を補完できた。やはりオナホールでプロのフェラを自宅で再現できてしまう。※「フェラされたい!」を満たせる。TENGAフリップゼロのレビュー

関連ページ:風俗嬢のフェラが電動オナホのA10サイクロンSA+PLUSにそっくりだった。

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー