腕に“昔にかきむしってできた茶色跡”があっても風俗(ソープ)は利用できる

「え?え?これなに??」腕のブツブツが誤解されて支払った総額は返金不可ですぐさま服を着戻されて無言で嬢の方はスタッフの方のところへ急ぎ去っていき、駆け込んできたスタッフの方に背中を押されるように退場されて「返金!返金〜〜!」と脳内で発狂しながらエレベーターガシャン(閉)…

といった事態は起きなかった。スタッフの方にも嬢の方にも誤解されること無く入店そして退店することができてしまった。「大昔に夏にかきむしってできたブツブツ茶色跡」があっても風俗(ソープ)に問題なく行ける。そして性の悩みを終了できる。

スタッフの方によるチェックは無い

待合室に通されてチェアに座った時に爪チェックや口臭チェックと同時に軽い性病チェックをされると思いきや、それらが全部無かった。

そうして待っていると、風俗嬢の方の準備ができたようで部屋に通されて嬢の方に引き渡された。結果、スタッフの方に見せる機会は無かった。

嬢の方によるチェックは無い

「プレイ前のチェックタイム」は無い。プレイ中に気づかぬうちに終わる。チェックタイムは無いと行っても過言ではないほど気づかない。

脱衣中のチェック無し

「なるほど..スタッフにはチェックされないがこの後、部屋で脱いでいる際にチェックされるのだな」そう予想した。

しかし、ベッドに座って脱いでいる際もブツブツがあるとかどうかのチェックも無ければ「目をグーンと近づけて“これどうしたの?”」と聞かれることも無かったのだ。

入浴中のチェック無し

さらに入浴中に体を洗ってもらっている際も「このブツブツ何!?」となる事態も起きなかったのだ。スタッフの方によるチェックもなく、嬢の方によるチェックも無かったのであった。

童貞と告げる勇気にメリットが。

説明する必要がそもそも起きないように「自分は童貞だ」とスタッフの方にも嬢の方にも「何度も」正直に告げたのが実は説明を省かせてくれた決め手だったのかもしれない。

プロは違いがわかる

わざわざ説明する必要なし。説明を用意していく必要もなし。プロは説明されなくても分かってしまう。

「わざわざ説明しないといけないのか…」

大昔に少年の頃に夏によく掻きむしってできたブツブツ跡。赤くはない。茶色になっている。しかしブツブツが残った時点でかきむしったことをとても後悔した。

画像検索するとあれはピンク色であったが、自身にあるブツブツは茶色。ブツブツである以上「これは説明しないといけないのかもしれない…面倒だ…」と思っていた。

「説明を用意して出向く…」

「小さい時に汗で掻きむしった時にできたやつだ。」といった趣旨の返答も用意して出向いた。

しかし、入店から退店までスタッフの方にも風俗嬢の方にも「これなに?」と問われることも無ければ、無言で一瞬目が止まられることも無かった。

「プロにはわかるようだ…」

マットでもベッドでもそれが起こらなかった。「大昔に夏にかきむしってできた茶色跡」だと一発で分かったようだった。プロだ。嬢の方は「いつ○ムはめたの!?」と言わんばかりに全く気づかなかったプロな腕前だった。

それぐらいのプロレベルだった。そのため、そのチェックも「お客様が気づかないうちに」完了させてしまうのだろう。何年も在籍しているプロの熟女の方を指名して本当に良かった。

大昔にできたブツブツがあっても誤解されることなく行ける

夏にかきむしった後悔は不要。プロは分かるのでわざわざ綺麗にする必要無し。躊躇することなく出向くことで最後の〆を完了できる。

「あのときかきむしらなければ…」の後悔は不要

もし昔に夏に汗で掻きむしってできた茶色跡があって「誤解されて説明するの面倒だなぁ」と思いとどまっている場合は実は問題なく行くことができる。

「あの時かきむしらなければ…」と後悔していた日々はその経験から終わった。悩む必要性が無かったことに気づいた。そのため、少年の頃に掻きむしって今では綺麗に消えずに茶色いブツブツになって残っている状態でも誤解されることなく利用できる。

ソープは「性欲依存からの卒業確認」の〆に必要

オナホールとラブドールによって性の悩みに振り回される日常から卒業できたことを心に刻むように確証するために、性のプロ中のプロがいらっしゃる風俗店「ソープ」を経験することが重要な〆となった。

綺麗にする必要なし。すぐ行ける

茶色いブツブツのせいで「このブツブツが昔にできた跡であっても、やはりどこかでレーザーを当てるなりして綺麗にしてから行くべきではないか…?」と不安に思っていてもその不安は不要となる。思いとどまることなく今日にでもすぐに風俗に行って最後の〆を完了できる。