カテゴリー: 風俗

「風俗とラブドールは代替できる?」→性処理的な箇所だけ替えられる

   
著:「はじめての風俗ソープでも安心」風俗研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

風俗を利用する際に料金プランで悩んでしまう。そんな時は120分以上一択となる。120分未満はラブドールとオナホで代替できてしまう。

ラブドールとオナホを経験している場合、風俗は120分以上を選択すると失敗感を無くせる。

「あぁ…これならamazonの激安ドールでも買えば良かった…」

「60分と70分と90分と120分どちらになさいますか?」

「90分は流石に値段が…」

「60分」は流れ作業感だと分かるので候補に外して…

そして「記念の初ソープに」と一瞬迷った結果「70分」を選ぶものの、

結果、

「ラブドールにてセックスすればよかった」と後悔してしまう。

60分や70分や90分は演技派のプロでない限り、流れ作業的になってしまう。そのお店に何年も在籍していらっしゃる熟女の方を指名しても性処理的なサービスで終わってしまった苦い経験は忘れられない。

そして店から出た時に思ってしまう。

「70分、性処理的なサービスだった。これならばラブドールセックスで済ませば数万円を節約できる」と。

流れ作業的になりがちな70分付近は代替できる

「風俗で120分未満は論外」と言ってもいいほど、

120分未満の満足度はラブドールにてセックスを行った際の「カラッとした性処理感と微量な愛し合い感」に一致感があった。

そのため、50分はもちろん、60分、70分、80分、90分、100分、そして110分のそれらすべて、選ぶと後悔してしまう。

スタッフの方はどれがいいか教えてくれない。「70分と120分どちらがいいですか?」と質問しても「70分は流れ作業的になって性処理的な感じに終わります。一方、120分は性処理で終わることなく人間的に深く愛し合うようなレベルまで体験できます」なんてことは答えてくれない。

実際は「風俗の120分未満で満たせる性欲満足度」と「ラブドールにて満たせる性欲満足度」とほとんど似ていた結果となった。

ラブドールにて代替できないのは120分以上となる。120分以上からコミュニケーションのキャッチボールが積み重なって愛し合う段階に突入してくれる。その段階に至る直前でタイムアウトするのが120分未満だった。

代替できないのは120分以上

「風俗は120分以上しか料金プランにない」そう業界全体で画一化されてもいいぐらいとなる。

120分未満はA10サイクロンSANLSピストンA10ピストンSAそしてガールフレンド第3章などのトルソーラブドールそしてそしてNドールなどのリアルラブドールにて代替できてしまう。

相手が動いてくれるかどうかといった違いはあってもやはり最終的に満足感に一致感がある。「風俗で70分に数万払うならば電動オナホやラブドールにて代替できる」といった選択をしてしまう。それほど代替できてしまう。

もし「初めて風俗に行く」という場合は「問答無用で120分以上しか選ばない」または「問答無用で120分未満は無視する」という方向で「ラブドールとオナホで代替できたかもしれない…数枚が無駄に飛んでいった…」といった感覚になるのを防げる。

風俗を利用する際は「120分以上一択」となる。

「ラブドールは風俗の代替になる?」
なる!ただし120分未満のみ代替可能!

Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP