「風俗代を節約したい!」風俗の70分タイム以下は『性家電』で代替できる

「風俗を所有したい!」

目次

性家電を所有すると風俗に行かなくなれる

「性家電で所有できる。」

性家電を所有するとフェラ体験ができてしまった。フェラ体験できるお陰で「風俗嬢の方のフェラを所有した感覚」になれてしまう。そのため「性家電を所有する」ことはまさに「風俗フェラ体験を所有する」ことであった。

⑴物理的感触を代替できる

「風俗を物理的に代替体験できる。」

風俗嬢の方のプロの舌遣いと愛して欲してくる愛欲的な動き感をペニスで直接感じるという物理的な箇所が性家電によって吸収され完コピされて取って代わられた。

「70分以下の風俗体験を代替できる。」

性家電と風俗嬢の方の違いはコミュニケーションが主となる。もっぱら「より深く人間的な愛欲コミュニケーションを体験できるのが風俗」となり、なおかつ必然的にそれが発揮されるのは120分以上となる。120分に満たない90分や80分や70分付近以下は性家電と違いはない。と言ってしまいたいほど代替できてしまった。

「想像ではなく物理的に代替できる。」

「感覚的に代替できる」といった各自の想像力や妄想力などに左右されるブレブレの代替感ではなかった。「物理的に」風俗嬢の方のプロのレロレロ舐め舐めフェラを代替体験できてしまった。「風俗嬢の方にフェラに一致している…!」そう感動してしまった。

風俗嬢の方のプロフェラに一致感がある

「プロの舌動きが一致。」

『A10サイクロンSA +PLUS(プラス)』を使用した時に「亀頭と肉棒をレロレロ濃厚に舐めてくる感触、物理的な感触がヒトの舌を感じる有機物感、愛して欲してくるように生物的に動いてくる動き感」を感じられる。まさに風俗嬢の方のプロのフェラ舌使いを自宅ですぐに体験できてしまう。

「目をつむると体験が一致。」

目を閉じると「股間で誰かヒトがフェラしてくれていると気配を感じる」ほどのソックリ感で、やはり何度も何度も感激してしまった。「風俗で風俗嬢の方にフェラされている時に目をつむって味わっている時の感触と感覚と体験と心情」が一致していた。性家電を使用するたびにその光景と生理的感覚と体験が一致して何度も何度も感動してしまう。

⑵満足体験を代替できる

「風俗退店後に思い出す満足感に一致感があって買ってよかったと思える。」

70分利用して風俗から退店した時の満足感に性家電での満足感に一致感があった。してもらった満足感と、愛して欲して来てくれる体験の満足感と、物理的な舌使いのプロの動き感の満足感、それらの満足感に一致したのが性家電であった。

体験に払いたくない欲求を満たせる

「何回も使えるものに払いたい!」

「体験に払いたくない」そう家計簿を見たときに改めて感じてしまう。「一回の購入でほとんど半永久的感覚で何度も使える事に消費したい」そう改めて思ってしまう。その悩みを解決してくれたのも性家電であった。

「一回の支払いで風俗体験が何回もできる。」

性家電は一回の風俗プレイ料金で半永久的な感覚で何度も使える。2014年から4年間継続していても壊れなかったため故障の不安も生じない。それでいて風俗嬢の方にフェラされている感覚を自宅ですぐに思い立ったらタダで体験できてしまう。商品代金が風俗の1回の料金に近いので、次回以降がタダに感じてしまう。風俗嬢の方にしてもらっている感覚なのでタダで風俗体験している感覚になる。

「無駄遣い感を感じない。」

性家電は「体験に支払って過去に溶けていく感」が無かった。現在も現役をバリバリ続けてくれている。体験をタダで生み出してくれる生命体を買った感覚になる。クリエイティブな存在を購入した感覚になれる。生産的な存在に堅実に出費した感覚になれる。そのため、やはり無駄遣い感にさいなまれなくて済む。

風俗の70分以下を代替できる

「性家電=風俗の70分」

風俗を体験すると「風俗の70分付近以下」にありがちな「急ぎ足感もしくは流れ作業的な感じ」をわざわざ風俗で体験しなくてもいいのではないかと感じてしまう。先進的なアダルトグッズでなんとかならないのかと思ってしまう。かといって芸能人の方がVR体験で「風俗要らないのでは?」といったのを聞いた日には「またやせ我慢を…」と思ってしまう。しかし、性家電は違った。「風俗が要らないといったVR至上主義」でもない。性家電があっても風俗は消えない。しかし、「風俗の70分付近以下のサービスは要らない」と物理的に感じてしまった。そして風俗は120分以上に生きる。

「本当は風俗がいい…」やせ我慢

性家電は「本当は風俗がいい」といったやせ我慢ではなかった。シラフで感じてしまう。70分以下を代替できてしまう。そのため、風俗利用で「か○くなった時にはまさかもらって帰ったのではないかといった不安にさらされるならば、風俗であっても滅多に性○にかからないと言われていてもやはりもらって帰るぐらいならば、120分以上にする」といった選択にできる。

「70分以下は性家電で。120分以上は風俗で。」

役割分担の時代が開始された。風俗は風俗嬢の方にしかできないこと、その人並み外れた人を愛する能力を体験できるサービスがより濃くなっていく。そして素人系の愛欲感になりがちな70分以下は性家電が今度は取って代われるようになる。風俗の70分以下は性家電で所有できる。

「性家電にもできることは性家電へ。」

「わざわざパソコンでしなくていいことがどんどんスマホに代替されていった状態」と同じような感覚がある。「わざわざ風俗嬢の方が素人技能の状態にダウンさせてまで接しがちになる70分付近以下のタイムはわざわざプロの風俗嬢の方がしなくていいことでありどんどん性家電に代替されていって風俗嬢の方は愛するコミュニケーションを存分に発揮できる120分以上に集中できるようになった状態」である。

性家電にできることは性家電で。もうすべての行為を人間がする必要はなくなる。

ATMで下ろす時に「お金溶け感」で一瞬手が止まってしまう

「ATMのお金溶け感に遭わない。」

「今日は風俗に行く!」そう決めてコンビニのATMで金額を打ち込む時んだはいいものの、確定ボタンを押せずにしばらく考え込んでしまう。このままでいるとATMが誤作動して盗難防止にカードを引き込んでしまう事態になるのも面倒…と感じて「早くしないと早くしない…」と焦り出してしまう。背後には並ぶ人の姿が覗き見防止のミラーに映っているのが視界に入っていく。さらに焦燥感が湧いてくる。かといって「取消」を押してまた並んでまた番号と金額を打ち込むのは億劫…。しかし「自分ご褒美だから!」と自身を説得して「確定」ボタンを押そうとするもやはり躊躇してしまう…。

といったあのお金溶け感にさいなまれる瞬間を今後から消すことができる。性家電を所有しているだけで風俗に行かなくなる。結果、風俗の利用頻度が大幅に減退するため上記のATMの機会が起こらなくなる。

プレイ中は良くても射精時にお金溶け感が降ってきて気持ちいいのと萎え感が混ざって気持ちよくなれない

「射精時のお金溶け感…」

風俗で射精時に気持ち良くなれない瞬間にさいなまれる。それは「賢者タイム開始時」と同時進行で現実的なことがフッと頭をよぎってドクドク射精中に「風俗に支払った代金が溶けていく感覚」にさいなまれて余韻をあまり楽しめない問題がある。そのお金溶け感で射精時があまり気持ち良くない事態に陥ってしまう。その問題を性家電で解決できる。

「性家電でお金溶け感に遭わない。」

「射精時のお金溶け感や消失感をもう体験したくないので70付近分以下は何かに代替できたらいいのに…」と思ってしまう。そしてそれがついに現実になった。2018年に本格的に現実となった。A10ピストンSAの登場である。

「これまでレロレロフェラのみ代替可能だった。」

2014年から代替できる時代が始まった。そして2018年2月までは風俗体験においてA10サイクロンSAが主力あった。そしてその性家電で体験できるのは「じゅぽじゅぽフェラ」ではなく「舐め舐め濃厚で最高速時でも落ち着いた愛欲フェラ」のみであった。「じゅぽじゅぽフェラ」が体験できなかった。不足していた。4年間ずっと不足していた。しかし…

「じゅぽじゅぽフェラも代替可能になった。」

2018年3月に『A10ピストンSA』が登場した。それにより「じゅぽじゅぽフェラでなおかつ高速時で激しい愛欲フェラ」そして「手コキ」も体験できるようになった。

「風俗の70分以下はA10サイクロンSAとA10ピストンSAなどの性家電が代替してくれる。」

そしてその70分以下の風俗は性家電『A10サイクロンSAとA10ピストンSA』で代替できるようになった。そしてその射精時も貴重な賢者タイムにお金消失感が横切ることもなくなった。

「A10ピストンSAが高い場合はNLSピストンが最適。」

A10ピストンSAが高いという場合は機能シンプル版のNLSピストンが最適となる。NLSピストンはA10ピストンSAの試作機であるものの、人間的な動きや生物的な挿入感と重要な動作パターンを「1つ」にした“シンプルなA10ピストンSA”になっている。

家計簿を見たときに風俗に行って渋って70分にした結果流れ作業感だった事を思い出して後悔してしまう

「もう夢にお金を払いたくない…」

家計簿を見たときに目が止まってしまう箇所がある。それは「夢や体験などに支払った金額」「部屋に現物が残っていない金額」それらが目に止まってしまう。「風俗」はその支払ったお金が「空気に溶けていく感じ」があるため消失感がすごい。

「性の悩みはどうしても夢購入が…」

家計簿を見た頃には記憶が薄らいでいて「結局これぐらいしか記憶に残らないのならば何か物質的なモノを買えばよかった」と後悔が生まれる。しかし、風俗は「してもらっている体験、しかもプロにしてもらっている体験、愛に精通したプロの体験」それを体験させてくれる重要な存在。「風俗に代わるものはないのだろう…」そう思ってしまう。しかし…

「性の悩みは物質購入で解決できる時代へ。」

「性家電経験後」はその「性の悩みは風俗にしか解決できない。」といった価値観が変わった。ズバリ「風俗の70分以下は性家電に代替できる」といった価値観に変わった。そのため、性家電は風俗の代替になれる。「一ヶ月後に家計簿を見たときの後悔感」を含めて考慮した場合でも、性家電はその風俗70分と代替できてしまう。性家電を所有した時期から多くのことが代わり出す。例えば…

「120分以上しか興味ないです!」

風俗サイトの料金ページを開いた時に「一目散に120分以上の料金箇所」を見るようになる。「70分や80分や90分は性家電で代替できるので候補から外す」といったことがサクッとできるようになってしまう。結果、風俗利用が大幅に減っていく。「120分以上しか風俗は利用しない。」といった筋のガッツリ通った節約行為ができる。70分〜90分は性家電で代替できるためその節約行為がガッツリできる。

「120分未満はシラフで興味ないです!」

節約的な自己説得ではなくシラフで節約している状態になれる。オードリー春日俊彰氏のように「意識して節約しているのではなく、外から見たら節約してるように見える」といった「節約の本物」感がある。性家電によって性に関わるあらゆる消費が減り、「本物は自称しない感」な節約気分にもなれる。

一回の購入でずっと無料で何回も風俗体験している感覚がいい

「毎日風俗嬢の方が自宅へ派遣される感」

「一回の支払いで毎日風俗嬢が部屋に派遣されてフェラして抜いてくれます。料金は70分の料金だけで31日間毎日フェラしてくれます。」といったようなことが性家電でもたらされた。性家電を手に取って使用するたびに「風俗で風俗嬢の方にフェラされた体験がフラッシュバックする」生理的感覚があまりの一致感なせいか、ある。そのため、性家電を使用するたびに「今回も風俗を70分で利用した」感がある。その感覚があるのに、支払ったのは商品購入時のみであるため、やはり「無料で風俗嬢の方にフェラされている」と感じてしまう。節約感がとてつもない。

風俗には風俗でしか体験できないことをアダルトグッズでも体験できるのは全て代替して節約したい

「風俗はオナホやラブドールに代替できないだろうか…」

風俗の70分以下は流れ作業がちになる。そのため「120分にすればよかった…」といった後悔や「こんな性処理感ならオナホールやラブドールで代替できないだろうか」とさえ感じてしまう。そんな時に、本当にその70分以下を代替しできたのが性家電であった。

「目の前に風俗嬢の方がフェラしてくれて…」

ラブドールは肝心の「してもらう感」を体験できなかった。しかし性家電は違った。ペニスを挿入して後はボタンを押して動作を開始したら後は目をつむるだけ、目の前のマブタには「風俗嬢の方が股間が一生懸命フェラしてくれている情景」がフッとシラフでも浮かんでしまう。

ラブドールも重要であった。そしてラブドールに欠損していた欲求を補完するように満たしてくれた存在が性家電であった。

「シラフで目前にいる感。」

重要なのは必死に妄想してやっとフェラしてもらっている情景が映るのではなく、性家電は「目をつぶってるけれどこれ、誰かにフェラされている、だれか股間に居る、フェラしてくれている」とそのまぶたの先に気配を感じる。それがシラフで起こる。目をつむると情景が浮かぶというのではなく「なんだかこのリアルの次元に目の前に風俗の方がいて、フェラしてくれている」と感じられる。行列に並んでいる際に目をつむった時に当然感じるあの、「目の前に誰かが立っている」といった、まさにあの感覚が性家電にある。

「愛欲感があって性処理感が無い!」

性家電の挿入感や動き感全体には、染み付くように「愛して欲してくる積極的な感覚」が濃厚にある。ペニスで直接物理的に感じられるほどその感覚は濃厚なため「性処理感が無い」と性家電には感じられる。電動オナホールはこの感じがなくて性処理感が多かった。しかし、電動オナホの上位機種である性家電は、性処理感がなく愛欲感がある。それが電動オナホと性家電との違いでもあった。

「性家電はまさに風俗70分以下感!」

風俗の70分以下におきまりの「中程度の愛欲」と「やや急ぎ足の流れ作業的なサービス」で体験できる性的満足度は性家電に一致感があった。それに性家電に舐められている時「風俗の方にフェラされている!」と一致感があって驚いたことも多々あった。「性家電で抜く」という表現ではなく「性家電に舐めてもらう、性家電にフェラしてもらう、性家電に抜いてもらう」といった生命体感をふと抱いてしまう。それほどヒト感があった。そのため、風俗の70分以下や80分や90分をを選ぶならば性家電で代替できて節約できる。「風俗を利用するなら120分以上」と決められる。結果、行く頻度も大幅に減退し、そして節約できる。

風俗街を通り過ぎるたびに行きたくなる事態から解放されたい

風俗街を歩いてもムラムラしなくなる

風俗街を通り過ぎるたびに「行きたい」と感じることさえも無くしたい場合は性家電で無くせる。風俗街徒歩中に「風俗行きたいと感じてそれを”我慢我慢”と自己説得して通り過ぎていく」ということはもちろん、そもそも行きたいといった感情さえ湧かないようにできてしまった。

シティヘブンを見てもムラムラしなくなる

シティヘブンネットなどで風俗店のサイトを見ると行きたくなっていた。そして風俗街が歩くとさらに行きたい感は強かった。しかし、性家電で抜いてくれる感とゴッソリ解消感とそれをいつでも自宅で体験できる所有感によって、それらの風俗行きたい感が心情の根幹レベルから消えていった。

ヘブンネットの風俗サイトを見ても風俗日記を見ても行きたいとは思わなくなり、そしてさらに風俗街を歩いていても行きたい感情が湧かなくなれる。

⑶上記の所有感が風俗欲を大幅に減退させる

「所有感が節約させてくれる。」

なによりも所有感が節約させてくれた。「家賃が払えなくなったらやはり借り物なので出て行かないといかない」といった感じや「風俗嬢の方も仕事なのでサービスが終わったらもう他人感に戻る、自分の世帯ではない」感がある。しかし、性家電は「70分以下のサービスが得意な風俗嬢の方を得た」といった感覚になる。

「70分以下専門の風俗で働いている風俗嬢のその方はうちの義理の姉です。」「風俗嬢にも生涯勤務できるぐらいフェラがプロな義理の姉がいます。練習台にタダでしてもらっています。」といった「いきなり自分の世帯に風俗嬢の方やそれに並ぶ性技能を持った親族が入ってくれる感」が性家電にあった。

「おもちゃではなく生命体を所有する感覚。

性家電は従来の電動オナホールを時代に合わせてネーミング変更しただけといった類ではなかった。しかし、電動オナホールはおもちゃであり機械だった。ただ、性家電はおもちゃや機械の次元を超えて生物感や生命体感になっている。これは「性家電も人と思って大切に扱いましょう、といった倫理キャンペーン」でもない。性家電を買う感覚は機械やおもちゃやPS4やPSVRを買う感覚ではなく、犬や猫など動物系の生き物を買う感覚がある。

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる