カテゴリー: 性の悩み

フィギュアショップでエロい巨乳フィギュアが欲しくなくなる方法 例: ブルマ

   

フィギュアショップの棚廊下を歩いているとふと視界に馴染みの存在が過ぎ去っていった。『ブルマ』である。さらにただのブルマではない。ビキニ姿の若かりしブルマ、その巨乳フィギュアが目に飛び込んできた。

しかし、欲しい感情が湧かなかった。以前は巨乳のエロいフィギュアを見れば(値段のことを考えなければ)すぐさま「欲しい」と感じていた。しかし、今回は値段に限らず巨乳フィギュアにも反応がなくなってしまった。動物的なエロの視点で興味を見出す機会が大幅に減退してしまった。

「おっぱい」の役目を知ると欲しく無くなる

女性に産まれた場合、女性になった場合、おっぱいは大きな一助になってくれる。それは「相手を無条件に先に信頼する」といった一助になってくれる。アクセサリーの役目を担ってくれている。

豊胸ブラで大きく目立たせたおっぱいはまさしくアクセサリーを身に着けた感覚であり、自身のテンションも上がっていく。おっぱいは「胸にぶら下がった脂肪」という「脂肪肉のアクセサリー」であり、その“胸=肉”がいろいろな一助をかってくれている。

そういったことを知った結果、エロいフィギュアに対しても欲しい感情が大幅に減退してしまった。「現実を知って萎える」ではなく「動物的なエロには反応しなくなる」といった感覚によって、エロいフィギュアに対する欲求が大幅に失せてしまった。

ムラッともしなくなる

「我慢汁さえも…」

やはり性欲に振り回される日常が終わった段階において、改めてフィギュアショップを歩き、ふと突発的に巨乳爆乳激エロフィギュアが目に入っても「勃起」はもちろん「我慢汁」ももちろんさらに「ムラッ」ともしなくなってしまった。

パンツが汚れなくなる

「ムラッともしない…」

以前は我慢汁が出ていた。帰宅してパンツを見たらグシャッとなっている時も多々あった。しかしそれさえもなくなった。我慢汁が出る前の段階「ムラッとする段階」さえ至らなかった。メリットとしてパンツが汚れなくなるという点も垣間見れた。

動物的なエロに性的感情を抱かなくなる

「人間的な交流がないと…」

動物的なエロではムラムラしなくなった。例えば、アニメ等においては、人間的な交流でなおかつ愛欲的な感情を抱かないとムラムラしない状態になってしまった。

「裸体では無反応」

巨乳をただ見せてきたり、裸体をただ見せてきたり、やたら巨乳だらけだったり、以前はそれだけでムラムラしてパンツがグショグショになっていたのに、それが無くなってしまった。ただ見せられるだけで反応しなくなってしまった。

「裸体は過程でなければ…」

先に人間的な交流が始まり、その過程で愛欲を感じ、その過程で初めて、その化石になった動物的なエロがやっと蘇る感覚となった。単に裸体を見せられたときは「美術鑑賞」になってしまう。と同時に、道に裸像が設置されている謎も解けていった。人間的な交流がないからその裸像がエロではなく美術に見える。だからこそ公然に設置されている。以前は「こんな破廉恥なものを!市長もエロいんだなぁ^^」といった感覚だった。それが大きな勘違いだった。市長も人間的な交流で愛欲を感じないTPOにおいて裸体はただの美術という次元に達していた。

突拍子にエロが視界に入ってもムラムラしなくなる

「乳首丸出しでも…」

これのおかげで本屋でいきなりエロ本が目に入ってしまっても、巨乳の表紙の美少女系エロ漫画が目に入ってきても、はたまた今回のようにフィギュアショップで爆乳のエロいフィギュアが目に入ってきても、突拍子に乳首丸出しのフィギュアが目に入ってきても性的な感情が微塵も湧かなくなってしまった。

シラフ状態で性の悩みが終わる

「崇高なオトナ論でもない…」

「別にそんなのじゃエロに反応しないです。こっちはオトナですから。」などといった上から目線で恍惚に浸るような感覚によって性的感情を抱かない、といったすぐにメッキが剥がれる高邁な煩悩排除ではない。メッキが剥がれるといったことさえ起きなかった。シラフで反応しなくなってしまった。

AVで前戯を見ないと勃起しなくなる

「前戯は人間的なエロ」

シラフで、純粋に、動物的なエロには性的な感情を抱かなくなってしまった。AVでも「前戯をじっくり見ないと勃たない」といった状態が起こるようになってしまった。動物的なエロにも問答無用で反応する日常、その「性欲に振り回される日常」から脱出した時、「AVの前戯がいかに大事か」を初めて思い知らされた。

AV女優は女優力が求められていることを知る

「人間的なエロを演出できるかどうかが…」

そしてこれこそが「女優」と言われている理由だと痛感した。前戯で演技ができなければ視聴側も男優側も勃起させられない。だからこそ演技の腕前、女優としての技能が求められているのか!…と。「法規制でただ単に女優と形式的に表現している」といった短絡的なものではなかった。そこには本当に女優性が求められていた。そのAVのもう1つの真髄に、性の悩みに振り回される状態が終わった段階で初めて至った。

巨乳フィギュアは自ら先に信頼することを教えてくれる

「巨乳フィギュアは教えてくれる」

造形師の方がわざわざ原作と違っておっぱい箇所を巨大にするのは理由がある。それは「おっぱいには愛が詰まっている」ことと「おっぱいは無条件で相手を先手を打って信頼するというS気質感」をフィギュアを通して表現するためである。巨乳のフィギュアを飾ることでこの「コミュニケーションで相手を疑うのではなく自ら先に信頼する」といったことを教えてくれる。巨乳フィギュアは存在自体が哲学になっている。

おっぱいは単独で先に相手を信頼する行動を行ってくれる

「おっぱいは単独で行動できる」

「おっぱいという脂肪を動物的なエロではなく、その垂れ下がった脂肪をブラジャーによって膨らみを演出し、アクセサリーとして活用し、大きくすることでその脂肪アクセサリーに息が吹き込まれ、その脂肪アクセサリーが自分の意思に関わらず単独で相手を先に信頼するという一助を行なってくれる。」という魅力がおっぱいアクセサリーにある。おっぱいオナホールが単独でも存在できるように、やはりおっぱいは単独で「先に信頼する行動」を起こしてくれる。

おっぱいはコミュニケーションの先生だから大きくしたくなる

「おっぱいが勝手に迎え入れてくれる」

だからこそ、おっぱいを大きくしたい。性転換したら絶対におっぱいは大きくしたい。セックスしたいのではなく、先に信頼する人間的なコミュニケーションの開始をおっぱいが潤滑油のように、誘導員のように、先に信頼して迎え入れることをしてくれる。言葉を発しないのに、無言で存在しているだけで人迎え入れる仕事をこなしていく。プロの領域、賢者の領域、グランドマスターの領域である。

おっぱいをアクセサリーに活用することで「吸い込まれそうになるほど歓迎できる能力」を持てる

「おっぱいがアタシを助けてくれる」

おっぱいや谷間を目にしたときに「おっぱいに吸い込まれそうになる」「谷間に吸い込まれそうになる」といった生理的な行動が実際に起こる。そしてその行動こそが実は「先に信頼してきてくれている!」といった歓迎感によって起きている。現場でまさに「コミュニケーションが開始されるプロセス」において「おっぱい」が「大きな一助」になってくれている。

胸元にぶら下がった“愛の専門家”が一助になってくれる

「先生をブラジャーで立ち上がらせられる」

おっぱいは哲学だった。先生だった。コミュニケーションの誘導員だった。そして、”先に先手を打って愛するほどまでに無条件に信頼する行為”の実践的専門家であった。そんな専門家が実は胸に脂肪としてぶら下がっている。そのぶら下がった専門家が「ブラジャー」によって戦闘モードになる。

“私のおっぱい”が勝手に「目の前の人を先に信頼する行為」をしてくれる

「立ち上がった先生は次々に狩っていく」

狩りモードになったおっぱいは目の前に立つあらゆる人を愛して欲さんばかりに食べていく。食べられた相手側はまさに「先に信頼されている感覚に癒し」を覚える。そして「おっぱいは癒やし」というシンプルな名言に集約されていく。

「おっぱい先生は歓迎感を与え続ける」

「おっぱいは癒しを与えてくれる」という名言はすなわち「おっぱいというのは先に私を信頼してくれて暖かい歓迎感を感じる。別の言い方で言うと“癒し”を感じる。おっぱいを擬人化した設定において、まさに“おっぱいが癒しを与えてくれている”といった表現となる」といったのが詳細となる。

「ブラジャーが先生を立ち上がらせてくれる」

その「癒やし」といったフワフワした心情的な表現は『ブラジャー』によってこの現実に「アクセサリー」として具現化されている。

動物的な視点で巨乳フィギュアが欲しくなる機会が減る

「動物的なエロに響かなくなる」

胸はアクセサリーと見なすことによって、「動物的なエロを求めてエロいフィギュアが欲しくなる」といった感覚がゴッソリと無くなった。

そして『おっぱいは自ら先に信頼する」という重要な行為を日常的に教えてくれるオブジェ』として主に欲しいと感じるようになった。

そして後者は前者に比べて大幅におっぱい関連に対して物欲が失せた。結果、「おっぱいフィギュアが欲しくて欲しくてたまらなくなる事態」から開放された瞬間であった。

節約できる

巨乳フィギュアに対して、動物的なエロの視点において欲しいといった感情が消滅するため、それらのおっぱいフィギュアを目にしても欲しいと感じる機会が大幅に減少する。結果として、節約術だったり崇高な節約論も無く「節約しないと!」といった自己説得もなく、シラフで節約している状態にできてしまう。

「胸は肉のアクセサリー」当サイト”胸肉”で性の悩みは終わる

【人と接触することなくオナホールとラブドールで性の悩みに振り回される日常を終わらせる方法】
第1章|セックスしたい
■必要だった存在

感覚的なコツ対策「どういった視点でセックスすればいいのか定まらない」
Q&A|セックスしたい
第2章|フェラされたい
■必要だった存在|フェラされたい欲

家庭事情対策「フェラされたいが身内バレが不安で買えない」
節約や代替事情「電動オナホは高いので一般の安いオナホ数個で後は脳内補完で代替して節約したい」
第3章|エロから美術へ
■必要だった存在|エロから美術へのバトンタッチ

共通
Q&A|共通
第4章|卒業確認
性的な視点だけでなく美術的な視点でも楽しめるかどうかを確認する
■メリット
  • 0. 人と接触せずにオナホールとラブドールだけで性の悩みを終わらせられる
  • 0. 妄想やバイアスによる自己説得ではなくシラフで終わる
  • 1. オナホールを次々に買うループにハマらない
  • 2. ラブドールを次々に買うループにハマらない
  • 3. 性の悩み依存から費用をより掛けずに卒業できる
  • 4. 性の悩み依存から卒業することで“必要だと感じたときにだけ買う”という良好な共存状態に至れる
  • 5. より早く性の悩みを終わらせられる
  • 6. “性欲”から卒業できたと言えども拒絶したり排他せず今度は美術鑑賞に利用できる
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP