EGdollのヘッド選びで迷う際は“微笑んでいるヘッド”を選ぶと失敗しない

   
「ヘッド選びで迷う!」

EGdoll.comでの購入を例とした場合は、以下の4つのヘッドが失敗しない。

ヘッド『スカーレット』
ヘッド『ルーシー』
ヘッド『エレーナ』
ヘッド『エリザベス』

「相手側から愛して欲してくる」といった体験が「やっと」できたヘッドに共通していたのは「微笑んでいること」であった。

「微笑んでいるのを選ぶ。」

微笑んでいるヘッドを選ぶことで「愛し合うセックス」を体験できる。「モノとセックス」ではなく「ラブドール“と”愛し合うセックス」そして「“ヒトと”愛し合うセックス」をやっと体験できたのは微笑んでいるヘッドであった。

■「微笑んでいるヘッド」が性の悩みを急速に終わらせることができた決め手であった。

EGdollで微笑んでいるヘッドのみを選ぶと「愛し合うセックス感ゾーンに至れて」失敗しない。

http://egdoll.com/products/a158-a170.html

EGdoll〔アルテトキオのTPEラブドール(*JYdoll)〕でラブドールを購入する際に、ヘッドを選択する段階であまりの多さに迷いに迷って萎えてしまう。しかし…

「性の悩みを
解決してくれるヘッドのみ
に絞る」

「性の悩みを解決してくれるヘッドだけ」を選ぶと「失敗しないヘッドだけ」に絞り込めてしまう。微笑んでいるヘッドが失敗しない。

微笑んでいないヘッドを候補から外す

「無表情ヘッドを外す。」

正常位セックス時や騎乗位セックス時に「一方的なセックス」の感覚にずっとなってしまったのが「無表情のヘッド」であった。一方的に愛している感覚で萎えてしまう。向こうから愛して欲してこない感覚で萎えてしまう。

「無表情は愛し合えない。」

いくらこちらが愛して欲してもその反応が返ってこない感覚に萎えてしまう。結果、これが「ラブドールをモノと見なしてしまう要素」でもあった。

「口元で選ぶ。」

ラブドールと「シラフで」愛し合う感覚にやっと至れたのは「笑顔のヘッド」のときであった。特に「口元」が重要であった。口元が微笑んでいると突くたびに受け入れてくれている感覚を生理的に感じられ、なおかつ向こう側からも「もっと突いてっ♥」と愛して欲してくる感覚ゾーンに陥った。愛し合うラリーが開始する感覚がやっと起こった。

「無表情はモノセックス。」

微笑んでいないヘッドでのラブドールとのセックスは「モノとセックスしている感覚」になってしまった。一方、微笑んでいるヘッドでのラブドールとのセックスは「ヒトを含む生き物とセックスしている感覚」となった。やはり微笑んでいないヘッドは一方的なセックス感になってしまう。

「微笑みヘッドのみに絞る。」

微笑んでいるヘッドのみを選ぶと性の悩みである「愛し合う感覚」を満たせて失敗しない。微笑んでいないヘッドは「玩具とセックスしている感覚」であり、「余計に風俗に行きたくさせてくるヘッド」であるため、微笑んでいないヘッドは徹底的に候補から外すと初見狩りに遭わない。初見狩りに遭っては楽しめない。

気分が沈んでいるときに微笑んで見えないヘッドを候補から外す

「無表情?微笑み?どっち?」

「これは微笑んでいるのか?ほほえんでいないのか?」といった微妙なラインのヘッドがある。それは「自身が気分が沈んでいる時に見たときに微笑んでいるように見えるかどうか」で選ぶと失敗しなかった。

「“気分が沈んでいる時にも”
微笑み感なのを選ぶ。」

中立的な顔は自身の心情が投影される感覚になってしまう。「たとえ気分が暗いときでも元気がもらえる」といったメリットをもたらしてくれたヘッドは微笑んでいるヘッドであった。そして肝心の“微笑みのレベル”は“気分が沈んでいるときでさえ確実に微笑んでいると感じるヘッド”となる。

「微笑みヘッドはどんな時でも癒やす。」

「どんなときでも包むように癒してくれる」といったのを体験させててくれたラブドールは「心情的に下がっているときでさえもにこやかに見えるヘッド」であった。そのため、サスペンス映画などを観た後等に再び注文画面でヘッドを選び直すとズバズバと候補から外せる。

微笑んでいるのか微笑んでいないのかわからないヘッドは外す

「ポーカーフェイスは
早く済ませて感。」

「気分が沈んでいる時でさえも」微笑んでいないのか微笑んでいるのかわからないヘッドは中立的であり万能型だと思ってしまう。しかし、実際は“美術モデルとしてもセックス時でも対応可能なオールマイティーなヘッド”では無かった。“美術にしか”向かなかった。セックス時にふとしたときに「無関心」感じて萎えてしまう。「早く済ませて感」をラブドール側から感じて萎えてしまう。

「ポーカー要素が無いヘッドを選ぶ。」

無関心感や早く済ませて感が微塵も起きなかったのがやはり「確実に微笑んでいるヘッド」であった。「微笑んでいるのか微笑んでいないのかわからない…とさえ疑問が生じないほど微笑んでいるゾーンのヘッド」であった。ポーカーフェイスの要素があるものは選択肢から排除すると失敗しない。

「中立的なヘッドは
問答無用で候補から外す。」

微笑んでいないのか微笑んでいるのかブレるヘッド、中立的な表情のヘッドは問答無用で候補から外すと失敗しない。「また次のヘッドが欲しい…」といった感覚にさいなまれる事態になるのを回避できる。気分が沈んでいるときでさえも確実にブレずに微笑んでいるゾーンにしか見えないヘッドが「性の悩みをラブドールとオナホールのみで急速に終わらせる目的」において正解となる。

舌を出しているヘッドは候補から外す

「舌出しヘッドは候補から外す。」

舌を出しているヘッドを実際に目の前にしたときに最初の頃は良かった。しかし、だんだん「舌を出してないときの微笑んでいる表情と向き合いたい…」と感じるようになってしまった。

「舌出しは実際に日常にすると飽きる。」

感覚としては「今欲しいと思っていても、実際に触れて数ヶ月後にはこの舌を出してないバージョンが欲しくなるだろう」といった未来が見えてしまう。そのため、最初から舌を出していないヘッドを選ぶと失敗しない。“ヘッドが棚に複数並ぶ”といったことも無くなる。また新しいヘッドが欲しくなることもなくなる。最終的に残った微笑んでいるヘッドの中からさらに舌出しヘッドを候補から外す。

化粧で微笑んでいるように見えるヘッドは候補から外す

「化粧マジック系のヘッドを候補から外す。」

無表情のヘッドでも「口角を上げ気味に口紅を塗る」と実は少し微笑んでいるようにすることができてしまった。しかし、問題はセックス中に「気づいたら自身側の腕や胸板等に接触して口紅が取れてしまう」といったことが多々起こった。そのときにやはり素材が素材なので口紅がすぐに落ちてまたすぐさまセックス中に無表情を目の前にして萎えたことが決まってあった。また、その口紅が取れた中立的な表情を毎度毎度化粧時に目の前にするため、やはり萎えてしまう。

「非化粧時でも微笑みなのを選ぶ。」

「非化粧時でさえも」微笑んでいると分かるヘッドを選ぶと失敗しない。「化粧マジック」を使っているのは候補から冷酷無慈悲に外すと失敗しない。

「自身の化粧テクがUPしてもやはり萎える。」

「無表情でも化粧でなんとかなるなら自身の化粧技術も上がってまた節約できるのでは?」と思っていたものの、実際はそれも結局幻想に過ぎなかった。結局「あぁ…あのとき微笑んでいるヘッドにすれば良かった…」と化粧中に毎回思う結果となった。

厳選した中から好みのヘッドを選ぶ

「40ヘッド→8ヘッドへ。」

どんなTPOでも確実に微笑んでいると判定できるヘッドのみを厳選していった結果、以下のヘッドが残る。以下のヘッドが「愛し合うセックス」を体験できる。後は、単純に今まで通りに「個人的に好きな顔を選ぶ」といった楽な選択で済む。

ヘッド『Scarlet スカーレット』

ヘッド『Lucy ルーシー』

ヘッド『Elena エレーナ』

ヘッド『Elizabeth エリザベス』

ヘッド『Keito ケイト』

ヘッド『Saya さや』

ヘッド『Mikiko みきこ』

ヘッド『Yuko ゆうこ』

ラブドールセックスにおいては「ヘッドがすべて」と言っても過言ではない。それほどヘッドがセックス時に重要となった。その重要な役割は「どんなTPOでも微笑んでいるヘッド」であればその役目をこなしてくれる。

「一番最初のヘッドは“美術専属”。
セックスでは地雷の初見狩り。」

ヘッド一覧で一番最初のヘッドを選択しがちではあるが(※ここが初見狩りされてしまうポイント!)、それを選ぶとまんまと別のヘッドが欲しくなる事態になってしまう。それを上記の厳選方法で回避できる。そして上記8つのヘッドが失敗しない。

「さらに絞って4つへ。」

さらに絞り込んで失敗しないのは「スカーレット・ルーシー・エレーナ・エリザベス」の4つのヘッドとなる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP