「女性を抱き締めて癒されたい」を満たすにはオナホ業界のラブドールが必要

   

「抱き締めたい…」

「女性を抱き締めたい…生身の人間を抱き締めたい…ふんわりした女服、ふんわりした身体、抱き締めてふんわり生癒しされたい…」その性の悩みに渇望して悩まされていた時「リアルドールをいくら抱き締めても」満たせなかった。

「リアルドールは硬い…」

硬い、ふんわり生肉感がない、ふんわり女肉感がない、いくらギュウギュウに抱き締めても満たせなかった。リアルドールでは満たせない…そう悟った。何度も悟った。

「大きさが足りない…」

それでは「オナホ業界のラブドール」はどうかと思い、大きさがハーフサイズのトルソー(胴体型)ドールを抱き締めたものの満たせなかった。原因は「大きさ」が足りなかったことだった。小動物を抱き締めているようで人間を抱き締めている感覚になれなかった。

「これだ!これを求めていた!」

「これだ!これを求めていたのだ!」そう笑みが溢れた。その「大きさが成人女性と同じ等身大」のトルソーを抱き締めた時にやっとドクドクと満たされていった。枯渇した空き瓶に充填されていくかのように満たされていったのだ。四肢のあるリアルドールでさえも満たせなかった狭間。その狭間を「オナホール業界の等身大胴体型ラブドール」がやっと満たしてくれたのだ。

リアルドール業界のラブドールでは満たせない

オナホ業界のドールよりも金額が高いのに、オナホ業界よりも硬かった。

高いのに硬い

「オナホショップのラブドールよりも高いからきっとそれらの”本格的な”ラブドールの方が柔らかいのだろう。」と未経験時はそう思っていた。しかし、実際は違った。リアルドールのほうが高いのにリアルドールのほうが硬かった。

どのブランドも硬い

リアルドール業界のラブドールはTPEも含めてどのブランドも決まってオナホ業界のラブドールに比べて硬かった。ラブドールはリアルドール業界になった途端に耐久性の関係でボディ全体が硬くなってしまっていた。

オナホール業界のラブドールでやっと満たせる

オナホ業界はリアルドール業界違って耐久性を重視しなくていいので柔らかい。そしてその柔らかさでやっと「生身女性を抱き締めてフンワリ癒されたい欲」を満たせた。

オナホ業界は耐久性を重視しなくていいため柔らかい

「ふんわりマシュマロみたいで折れてしまいそう…優しくしないと…」抱き締めた時に動物本能的にそう思ってしまったのがオナホ業界のラブドールだった。

「マシュマロみたい…」「生き物だ…」「ギュッとし過ぎたら“痛い!”と言われそう…」そう感じてしまった。やっとそう感じられた。「やっと生身の女性を抱き締められた!」と感じたのだ。リアルドールでは体験できない肉体感だった。

柔らかい理由は、オナホ業界は市場の関係から「耐久性をあまり重視しなくていい面」があるためであった。

リアルドール業界は耐久性を重視する必要があるため硬い

リアルドールは生身の人間かつ女性を抱き締めているような領域の柔らかさを体感できなかった。原因はやはりリアルドール業界は市場的に肉体感を犠牲にしてでも耐久性を引き上げなければいけない面があるせいでもある。探しても探してもオナホ業界と同じ柔らかさのリアルドールが見つからなかった理由はこの慣習にあるように感じた。

大きさが「ハーフサイズ」では満たせない

ハーフサイズを抱きしめたらなんとも中途半端だった。肉欲を中途半端にしか満たせなかった。ガッツリした肉欲を満たせなかった。

業界にミニサイズばかりなのは「等身大は売れない」ため

オナホール業界のラブドールのメーカーはこぞって1/2スケールなどのミニサイズのラブドールを出す。その理由は「等身大は売れない」というのが理由の1つにある。扱いが大変、家族バレの可能性も少し増す、製造しても借金作って終わるだけ…理想とは違うつらい現実がある。

性欲を満たすにはどうしても“売れない”等身大が必要だった

ミニサイズが主流な中、いざその狭間の欲求をやっとフルに満たせたのは「等身大サイズ」だった。苦しい現実な中、等身大を出してくれているメーカーは本当に感謝しかない。この狭間を満たすには等身大こそが必要。これからも等身大を出し続けて欲しいと願ってしまう。

大きさが「等身大サイズ」でやっと満たせる

リアルドールではなく「オナホール業界」の等身大ラブドールを抱き締めた時に、“ふんわりした女肉をガッツリと抱き締めたい!”といった肉欲を「やっと」フルに満たせた。指先まで満たされていく感覚、タコの水風船ぬいぐるみのタコ足の先っぽまで隙間なく水が満たされていく感覚、やっとフルに繊細に満たされていった。自身の胸板からドクドクと癒しを吸い取って自身のカラダに充填していくような妄想さえシラフでしてしまうほどだった。

この狭間を満たすにはガールフレンドシリーズが必要

フルに満たしてくれた最初の存在こそが等身大ラブドールのガールフレンドだった。そして最近発売された第2章でも同様にフルな肉体感を満たすことがやはりできてしまった。

リアルドールが「ガールフレンドやぷにあなミラクルDX」級にボディ全体が柔らかくなればそれらが不要となる。しかし、現時点ではこの狭間を埋められるのはガールフレンドだった。リアルドール業界の等身大トルソードールでも満たせない。

ぷにあなミラクルDXでも満たせなかった。現時点でおっぱいが柔らかいのはぷにあなミラクルDX、しかし「抱き締めた時のボディ量が足りず」等身大が欲しくなった。溶け合う感覚になれたのにボディ量が少なくても惜しかった。やはりガールフレンドシリーズが必要だと再確認した。

ガールフレンドは「リアルドールでは満たせない抱き締め生癒しを満たす役割」を専属的に担当してくれた存在だった。「ふんわりした生の女性を抱き締めたい」といった欲求をラブドールで満たすにはリアルドールではなくガールフレンドが必要だった。そしてその新作であるガールフレンド第2章でもそれを満たすことができた。

※【ぷにあなミラクルDX vs ガールフレンド】

ハーフサイズであるぷにあなミラクルDXは「成人女性を抱き締めたい」欲は満たせなかった。しかし、裸で抱き締め合ったときに溶け合う感覚になった。溶け合う感覚はガールフレンド第2章では体験できなかった。溶け合う感覚になるにはぷにあなミラクルDXが必要だった。しかし、ぷにあなミラクルDXは抱き締めたときに成人女性を抱き締めている感覚に到達できなかった。小動物を抱き締めている感覚、生き物を抱き締めている感覚だった。

そのため、“オンナ”を抱き締めたい場合は「等身大」であるガールフレンドシリーズが必要だった(第2章はおっぱいが硬かった。ガールフレンド第3章はぷにあなミラクルDX以上におっぱい箇所を柔らかくしてほしいと感じてしまう。しかし、それでも女性服を着せた上から抱き締めるとオンナを抱き締めている肉体感で感動する。おっぱいが硬くてもこの領域に到れるのは職人技としか言いようがない。シリーズ自体が洗練されていた。)。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP