カテゴリー: AV

「AV代をガッツリ節約したい!」時は何年見ても飽きないこのAVシリーズで節約できる

   
著:AV研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

AVは『女のカラダは腰使いで決まる!』が節約できる

購入履歴からたどって何年見ても飽きないAVがある。他の購入したAVは飽きてしまったのに、これだけはなぜか何年観ても飽きないというAVがある。

購入したAVの一覧から目を走らせて「やっぱりこれだ!」と思って開くAVがある。

そしてどのシーンから開始しても、以前に見た覚えがあるシーンにも関わらず、勝手に勃起していく。

動物的な本能にダイレクトに響くかのようなシーンばかりでほぼ9割の遭遇率で抜けるシーンに遭遇する。

そして野暮ったさがない。カラダに野暮ったさがない。いつ観ても美術的な肉体で飽きない。

単体有名女優のキレイすぎてなぜかすぐ飽きるカラダではなく、どこか生々しいカラダで飽きない。

ラブドールでキレイで整いすぎたボディはすぐに飽きたのに、生々しい生活感がやけに造形されたラブドールはなかなか飽きなかったため、このポイントも飽きない決め手である。

単体モノは飽きる。「単体モノAVは一回観たらもう観ない」といったオチだったのに、このAVだけは何回も味わうように観てしまう。

挙句の果てには4年後ごとに「新しいAVを観た」感覚になるのもやはり楽しめる。深く味わうように楽しめる。

自分が忘れがちな体質になってしまったのではないかと思ってしまうほど、この新鮮な感じが4年毎に起こる。同じAVなのに。同じシリーズなのに。

同じAVなのに4年後も観れてしまっている。

そしてやはり何よりも腰使いがすごい。マグロ状態でただ男優に突かれているだけのものではない。

「このまま女優業として必死に我慢して、貯金して、早く卒業するんだ!」感がない。

本当にAV女優であることに誇りを持っていて、純粋にセックスを楽しんでいる光景が作品に収められている。だからこそ、永く観てしまう。飽きない。

傑作である。

このシリーズは毎回毎回傑作なのだ。

「節約だから」といった自己説得が無い。シラフで同じAVを選んでしまう。普通のAVはこんな事は起きない。

これを普通のAVで同じことをしようとすると「このAVを穴が空くまで苦汁をなめながら見るのだ!」といった節約の鬼と言わんばかりの自己説得が何かしら必要だった。

しかし、このAV、このAVだけはそれらがまったくもって無い。シラフである。シラフで何年も同じAVを観てしまう。節約のつもりなんてまったくない。なのに現実的に節約してしまっている。

それが『女のカラダは腰使いで決まる』といったシリーズのAVである。

そのシリーズの1作品を何年も観てしまう。結果、このシリーズを何年も観てしまっている。

そしてこのベスト版の8時間シリーズは毎度毎度、抜けるシーンばかりでとんでもなく節約できる。

ベスト版は貴重な騎乗位シーンがあっさりカットされている場面も少しあって残念な感じがあるものの、大抵はいい具合にカットされていて助かる。そして現実に何年も重宝している。

月額よりも単体がより節約できる。しかし…

AVを「単品で購入すると」節約できる。

しかし、AVはAVでも「何回見ても飽きないクオリティであること」が必要だった。

そして何回見ているのにも関わらず「こんなシーンもあったなんて!」と感じることが多々起こることも必要だった。

他にもまだ色々な細かい飽きない要素があり、そしてそれらもことごとく満たしてくれたのが『女のカラダは腰使いで決まる!』シリーズだった。

そして実際、何年も観続けている。何年も観続けている唯一のAVは女のカラダは腰使いで決まるシリーズだ!と何年も言いたくなる。

何度も繰り返し、「先ほども同じこと言いました?」と言わんばかりに言いたくなる。それほど個人的に重宝している。

そしてガッツリ節約できる。

4年間楽天TVの月額1800円ぐらいを払った場合、「86400円」もする。しかし、それが「1500円」ぐらいで済む。84900円も節約できてしまう。

シリーズを8時間に詰め込んだそのベスト版が1500円で買える。これを4年間以上ずっと観続けられる。

84900円もあればガールフレンドも性家電も一緒に買える値段である。その費用対効果は凄まじい。

「AV代を節約したい!」といった場合は、とりあえず『女のカラダは腰使いで決まる!』シリーズ決まりである。

そしてそのベスト版、いわゆる今までの単体モノの集合編集版、それが節約できる。

女のカラダは腰使いで決まる。そして節約できるAVも“女のカラダは腰使いで決まる”で決まる。

飽きなかった決め手のAVのタイトルが妙にマッチしていて驚く。とにかくこのAVが何かしらの決め手になれる。

このAVは神だ。

「AV代をガッツリ節約したい!」
といった場合は
“女のカラダは腰使いで決まるシリーズ”である!

▼関連ページ:AV代を“月額AVで”節約したい場合は楽天が最適だった。DMMに比べて操作性に若干不満感を感じる。しかし、網羅性と安さで結局ここに落ち着いた結果となった。
【コスパ重視節約派】年末年始におすすめの月額AVは楽天TVだった。

楽天TVアダルトの画面様子
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

Published by
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP