「手コキはしたくないが15分間で性処理したい」場合は性家電が必要

著:A10ピストンSA研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

「15分以内に毎日即抜きしてください」

と言われると「性家電とラブドール」しかない。

しかし、問題はラブドールは後始末に時間が掛かる

そのため、15分間で後始末も終わらせる場合は性家電が必要になる。

そして性家電の中でもより長く連日オナニーが続けられるのはバリエーションが豊富なA10ピストンSAだった。

性家電の『A10ピストンSA』と『A10サイクロンSA』と『NLSピストン』を並べた様子

結局手コキオナニーが最強。しかし…

基本的に手コキオナニーが王道

オナニーは手コキがダントツで素早く済んだ。これは爆速で即抜きできる性家電が登場しても変わらない。手コキオナニーの重宝さは昔も今も変わらない。

手コキは調子に左右される

しかし「手コキでも抜けなくなったとき」は話は別だった。手コキは性欲有り余っているときに重宝する。

無気力な日は手コキに時間が掛かる

無気力な日だったり、連日オナニーしたりしているとやはりだんだんオナニーに時間が掛かってくる。

オードリー春日氏のオナニーは数分

オードリー春日氏は「数時間かけてオナニーしている」とラジオでも発言している。

しかし、数時間ずっとペニスを握り続けているのではなく「数時間AV探しをしてムラムラを溜め込んで、ようやくイイのが見つかって“数時間後の残り数分で”手コキで射精する」

といったスタイルだとラジオでおっしゃられていた。

手コキにはムラムラがベースに必要

手コキオナニーで連日するにはやはり、ムラムラを溜め込む必要がある。

性家電はムラムラがベースに不要。調子に左右されない

「毎日抜かないと優れない」といったスタイルで「オナニーしたいが手コキが面倒」といった感覚になってしまったときに、やはり手コキでは萎える。

そんなときに重宝するのが性家電だった。

「手コキで抜けなくなっても」性家電なら抜ける

直視するとロボ感

性家電を直視しながら動かしていると「ロボットにしてもらっている」といった感覚になる。近未来感に感動してもやはりヒト感を求めてしまう。しかし…

目をつむるとヒト感

しかし、目をつむったり視線を外にそらすガラリと変わる。「ヒトにしてもらっている」といった感覚に変わるのである。

これが買ってみないと分からないことだった。ロボットにしてもらっている感覚のときであっても、やはり直接的な感触が他のオナホールに比べて何ランクも引き上がるような気持ち良さがある。

思わず目を閉じてしまう。気持ち良くて思わずフワッと閉じてしまう。

そのときに驚きが走る。「ヒトにしてもらっている…」と驚きが走る。

「ヒトにしてもらっている体験」なので即抜きできる

自分で動かす感覚が無い。

なおかつ従来の電動オナホールにお決まりであった「機械で性処理する」といった感覚がない。ヒトにしてもらっている感覚になっている。

「濃厚な感触」なので即抜きできる

電動オナホなのに濃厚なのが性家電

なおかつ「感触が濃厚」になっている。電動オナホールにありがちだった「馬力が足りなくなるのでホールを薄くしました。なので感触は淡白です」といったことが性家電には無い。

性家電が登場した当時はこの「淡白なのは仕方ない」といった次元から抜け出していたことに衝撃だった。

それほどの衝撃だった。「電動オナホと言えば感触は淡白」というのがお決まりだった。しかし、性家電はその常識をくつがえした。

性家電は従来と違ってとんでもなく強いモーターが搭載されているのでハンドオナホの厚さに近い。

断面図は普通オナホよりも薄い

正直、断面図を見ると普通のハンドオナホのほうが分厚いし、詰まっている。入り組んでいる。

一方、性家電の専用ホールの断面図は、やはり他と比べて少しポカーンと広く内部が空いている感じがある。それが写真で見たときに感じる感想である。

挿れて動かすと濃厚で驚く

しかし!実際に挿れると驚く。動かすと驚く。なんと普通のハンドオナホよりも濃厚なのである。スッカスカの挿入感と思いきや、淡白な挿入感と思いきや、濃厚なことに驚く。

あきらかに、断面図から予想する淡白な挿入感からかけ離れている。それに驚く。

手コキだけでなく「フェラ体験と騎乗位体験」で即抜きできる

物理的な挿入感はフェラと手コキと騎乗位を体験できる。

性家電は手コキ以外も体験できる

性家電のA10サイクロンSAプラスは「レロレロ舐め舐め濃厚フェラ」、NLSピストンは「理性が外れたようなじゅぽじゅぽ激しい獣フェラ」、A10ピストンSAは「獣フェラだけでなく騎乗位と手コキ」を体験できる。

NLSピストンとA10ピストンSAとの主な違いは手コキと騎乗位

NLSピストンとA10ピストンSAとの主な違いは、手コキと騎乗位が無いか有るかとなる。手コキモードと騎乗位モードがあるのはA10ピストンSAのほうとなる。そしてやはり、NLSピストンでの体験は「じゅぽじゅぽフェラ感のみ」だった。

A10サイクロンSAプラスではじゅぽじゅぽフェラ感を体験できない

A10サイクロンSAプラスではじゅぽじゅぽフェラ感を体験できない。回転させながら自分で動かしても全然じゅぽじゅぽ感がなかった。ヒトにしてもらっている感が失われ、ただのオナニーに切り替わってしまった。

「ヒト感×濃厚感×手コキ×フェラ×騎乗位」で15分以内に毎日即抜きできる

ヒト感だから続く

ロボットに抜いてもらう感覚は限界があった。連日続かない。しかし、人間に抜いてもらう感覚は限界がない。連日続く。

濃厚だから続く

淡白な挿入感は連日続かない。想像で補う必要がある。それにも疲れてきて続かない。しかし、濃厚な挿入感は連日続く。濃厚な挿入感は想像補いが必要ない。

バリエーションがあるから続く

手コキだけでは飽きて続かない。しかし、手コキで抜けなくなったらフェラで抜ける。フェラで抜けなくなったら騎乗位で抜ける。そのループで続く。

誰かにしてもらう体験だから続く

そしてやはり性家電はすべての感覚が「してもらっている体験」なので即抜きできる。15分以内に即抜きできる。

ラブドールも続くが後始末に時間が掛かる

最速レベルで即抜きできるもう1つの存在に「ラブドール」がある。しかし、ラブドールは後始末に時間が掛かる。洗浄せず放置でもやはり洗浄のことが気がかりになる。

性家電も続くが後始末にも時間が掛からない

性家電は後始末もサクッと終わる。その15分間の性処理タイムに入れ込むことができる素早さで終わる。


 

「毎日確実に15分以内に性処理したい」
といった場合は
性家電が必要である!

▼関連ページ:2019年の自分クリスマスプレゼントにもおすすめ
「後悔したくない!」2018年クリスマスにおすすめのオナホール新精鋭4選

リアルドール『オリエント工業』にサンタコスを着せたコスプレの様子。※クリスマスにオリエントドールを購入する場合は「セックス目的ではなく鑑賞目的で」失敗しない。

目次|性家電『A10ピストンSA』体験レビュー
===おすすめな人===

===総合レビュー===
===体験レビュー===
===購入レビュー===
===梱包レビュー===
===開封レビュー===
===比較レビュー===
ーーーNLSピストンとの違いーーー
ーーーA10サイクロンSA +PLUS(プラス)との違いーーー
===ご購入前の不安Q&A===