A10サイクロンSA+PLUSの専用ホール“メデューサ”の挿入感レビュー

メデューサの挿入感は「生物的な挿入感」だった。先端的ではなく「ペニス全体に濃厚に擦ってくる感触」だった。ズニェッとうねるように生き物のように擦れてくる。感覚的に優しいドSの痴女に強制的に射精させられている感覚があった。そして3分で即射精してしまった。寸止めをしたのに止められなかった。射精能力が異端レベルだった。

専用ホールメデューサはA10サイクロンSA +PLUS(プラス)に付属している。旧型は専用ホールが別売りだった。マイナーバージョンアップで新型になった+PLUSではこのホールが付属している。そして旧型と違って数千円以上も安くなった。

生物的な挿入感

プラスチック系の無機物感は無い。消しゴムを当ててくる人工感もない。挿入感はフルに生物的になっている。生物学的に射精してしまうような挿入感であり、人の好き嫌いを選ばない挿入感なので別売りホールを保険として買う必要性はない。

無機物感や人工感は無い

専用ホールの『メデューサ(※A10サイクロンSA+PLUSに付属)』は有機的な挿入感、生物的な挿入感だった。外見からして無機物的で人工的な挿入感だと思ってしまうものの実際はその真逆であった。フルに生物的であった。「消しゴムで亀頭をこするような感じ」も無く「洗濯板でこするような感じ」も無く「風呂ボディタオルでこすったりする感触」は無かった。微塵も無かった。クッキリと生物的挿入感のカテゴライズされていた。

人を選ばない挿入感で失敗しない

メデューサの挿入感は「ザ・生き物」で人を選ばない。そのため「付属のホールが合わなくてその保険として一緒に別売りホールも買っておこう」といったのは不要となる。人間のナカに挿入して腰を振っていれば動物本能的に射精に至ってしまうのと同じようにこのメデューサのナカも挿れていると勝手に射精してしまう。そしてA10サイクロンSA+PLUSの生物的な回転機能が加わり3分で即射精してしまった。

分厚い肉ずり接触感

亀頭がズ二ェッと濃厚に擦られる。同時に肉棒も根本からサキッポまでほとんど隙間なく肉棒全体をズ二ッと濃厚に擦られる。

亀頭だけでなく肉棒もフルに擦られる

普通「擦られるのは亀頭だけで肉棒はあまり感じない」というのが多々ある。しかし今回は違った。ホールの内部がぽっかり空いているのに亀頭だけでなく肉棒も根元近くまでびっしりと擦られたのだ。ペニスの面積の8割型いや8.5割型いや9割型同時に擦られたようだった。

本体の傾き具合を調節することなくビッシリ肉棒全体が擦られる

肉棒全体に当たるように本体を器用に傾けたりする必要はなかった。デフォルトで肉棒全体が擦られた。亀頭だけでなく肉棒全体が擦られたのだ。濃厚にこすれた。生物的に擦られた。そもそも亀頭だけでなく肉棒も同時に擦られること自体がハイレベルなオナホール。それでいてその肉棒で感じる感触が普通は無機物感で人工的なのに、メデューサはなんと生物的な感触なのだ。

専用ホールの段階から本気で造られている

ホールレベルから玄人であった。素人が作って生み出せるようなレベルのオナホールではない。「本体に本腰を入れて専用ホールはオマケレベルに造っている」といったことが無かった。さらにそのホールが別売ではなく付属していたのだからなおさら驚く。金目的の業者だったら付属する専用ホールはとってもしょぼいホールにして、このメデューサホールを別売りにするだろう。しかしA10サイクロンSA+PLUSのメーカーであるVORZEはそれをしなかった。VORZEが生まれてお店でもある正規取り扱い店のNLSがそれをしなかった。やはり誠実だ。

ズニェッと濃厚に擦れる

分厚くした舌で押し付けるように舌のブツブツを肉棒に染み付けるようにこすってくる感じがある。消しゴムを皮膚にこすったような単純なものではない。無機物感という感触が無い。人工物も無い。擦れる感触が肉がウネリながら肉棒に這い寄りながらこすってくる。ズニェッとウネリながらこすってくる。

記憶だけでなくペニスに染み付いて残るような濃厚な感触

一言で表現すると生き物の挿入感。濃厚で毎回挿れるたびに感動してしまう。目をつむるとその感触を生理的に思い出して肉棒がゾワゾワする。それほど記憶に残る、いや肉棒に染み付いて残るような感触だった。

優しいどS感に癒される

生物的な挿入感だとしても一方的に押し付ける感触だったりそういった感触ではなかなかに続かない。またしたいとは思えない。しかしメデューサは違う。

SAの回転で生き物感が増す

向こうから攻めてくるような感触が専用ホール自体にあるのだ。そしてA10サイクロンSA+PLUS本体の回転による能動的な回転でさらに生き物感が増すのだ。そのハーモニーがたまらない。

優しい痴女感に1日の疲れが吹っ飛ぶ

専用ホールだからこそできること、目をつぶると痴女に責められているような感覚、たかが電動オナホールではない。1日のストレスが吹っ飛んでしまう。ドSはドSでもそれほどの優しいドSだった。癒されるドS感の挿入感であった。

3分で即射精できる

まったりジワジワ系ではない。ゴリゴリ無理やり感でもない。優しいどS感。優しい強制射精感。生物的に流されるように3分で即射精してしまう。

まったりジワジワ感ではなくグイグイ感

まったり何の変哲もない挿入感ではなかった。まったり挿入感にずっとジワジワ浸るといった挿入感ではなかった。生物的な挿入感でグイグイ強制的に射精させてくる挿入感だった。

ゴリゴリ無理やり感ではなく優しいどS痴女感

ゴリゴリと無理やり愛もなく人工的に無機物的に強制的に抜いてくる挿入感でもない。ズニェズ二ェと生物的にあたかも「優しい」どSの痴女お姉さんに強制的に抜かされる「絶妙な」感覚であった。「痛い」だったり「無神経すぎて逆に気持ち良くない」といった紙一重の領域に移り変わるといったことなく、グイグイ攻めてくるその攻め感に「相手への気遣いが含まれたその優しいグイグイ感」に身を預けるような癒し感も感じてあっという間に快感溺れていってしまった。

豪流に優しく流されてあっという間に滝から落ちて射精する感

豪流に流されるかのよう、「放り出されてザッバーン」ではなく「綺麗にとっても心地よく豪流にシームレスに波打ち立てずに綺麗に乗せられて」乗ったと思った途端に「あっという間に滝から落ちて射精してしまう感覚」に驚いた。そのジェットコースター感覚に驚いてしまった。そして何度もその感覚を味わいたくなる。気づいたら3分後に射精してしまっている。射精を止めようにあまりの勢いに止められず毎回射精てしまうのだ。

メデューサというネーミングの通りに即イキしてしまう

メデューサは「目を見たら一発で石になってイく」といった設定ではあるが、この専用ホールも「挿れて回転開始したら3分で」イってしまった。名前負けしていない。商品名通りに中身が伴った専用ホールであった。

A10サイクロンSA +PLUS(プラス)のレビュー