カテゴリー: Q&Aラブドール総合

「6Yedollはどこで買うのがおすすめ?」→SexySexDoll(6YEドール正規代理店の代表店)

   
著:「はじめてのラブドールでも安心」ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕

6YEdollは公式代理店の“SexySexDoll”で買うと失敗しない。数多くなる公式代理店の中でそのショップで買うのが手っ取り早い。

目次

6YEdollの公式代理店の中から買うと失敗しない

6YEdollの公式サイト(https://www.6yedollglobal.com/)の直営ショップでも買える。しかし、購入時のオプションが少なくて不便なため、その公式サイトが掲載している公式代理店一覧から正規の6YEdollが買うのがより手軽となる。代表としてSexySexDollがおすすめとなる。

パクリ放題がお決まりのお国柄なせいか模造品と称されるものがあちこちで見受けられる。そんな中、”より正規な”6Yedollは先ほどの直営店と公式代理店で手に入る。

海外ショップで買える経験がある場合はSexySexDoll(現時点でJPサイトは地雷)

SexySexDollは6YEdollの関節のゆるさを選べる

SexySexDollの「6YEdoll」商品一覧箇所:sexysexdoll.com|6ye-doll

よりセックスに特化したバージョンが手に入る

中でもSexySexDollcomが「よりセックスに特化した6YEdoll」が手に入る。そして、SexySexDollはかつてローカル的だった6YEdollのグローバル化を大きく手助けしたショップでもある。

このショップは他のショップと違って「関節タイプ」を注文時に選べるので「セックスに特化したバージョン」を気軽に買える。6YEdollの新モデルがより充実しているのもこのショップとなる。「6YEdollの新着ドールはここで分かる」といった感覚でさえある。

注文時に“Loose Joint”を選択する

商品ページにズラッとオプションが羅列されている。その中の関節オプションで「Loose Joint」を選択し、ヴァギナオプションは「Removable Vagina(着脱式)」を選択する。陰毛オプションは「Style6(ボーボーなほうが生々しくなる)」を選択する。その組み合わせがオススメとなる。

特に関節オプションが「他のショップで届く硬さ(デフォルトの硬さ)」ではセックス中の体位変更などで関節が硬いシーンがあって激萎えしてしまう。「関節がゆるゆるだったらいいのに」とたびたび懇願してしまう。

ゆるゆる関節を選ぶと“人間”が届く

SexySexDollはその「ゆるゆるな関節」で製造してくれる。「リアルドールにおいてゆるゆるな関節」は「最もより人間に近いセックス感を体感できたラブドール状態(関節が破損した4woodsがそうだった)」であった。そのため、セックス目的でリアルドールを買う際はゆるゆる関節一択となる。

実は他のショップでも「関節はLoose jointにしてください」といった旨を備考欄に書くことでそう製造してもらえる。しかし、商品ページですでにオプションにしてくれてわざわざ備考欄で依頼する面倒さを省いてくれている。

(なお、6YEドールを日本で安心して買える場所は残念ながらまだ無い。しかし、海外ショップではあるものの日本で教師をしていた方がやっているJapaneseLoveToysAustraliaが実質的に国内ショップでオススメとなる。問い合わせをしたときに日本語がペラペラすぎて驚いてしまう。)

海外ショップで買うのが面倒な場合はJapaneseLoveToysAustraliaがオススメ

6YEdollの正規代理店『JapaneseLoveToysAustralia』の6YEdoll一覧ページの様子

JapaneseLoveToysAustraliaの「6YEdoll」商品一覧箇所:japaneselovetoys.com.au|Customise-6YE-Sex-Doll

なお、金額がボッタクリに見えるのは「オーストラリアドル」になっているためとなる。左上のメニューで円表示に切り替えられるのでそこで無事に他ショップと同じぐらいの金額で表示される。

SexySexDoll日本語版は不完全

先に挙げたSexySexDollcomの日本版サイトの文章は日本語ペラペラっぽくて日本語がペラペラな人が出てくると思いきや、意外にカタコトの会話になる。

こちらが気を使って「そのままコピペ翻訳して向こう側で綺麗に翻訳されるようにまるでロボットが話しているような文章に崩して言う手間」があったりして疲れる。

英語版では二十数万円で買えるのに日本語版では30万以上していた時期もあってやや疑問的だった。しかし、最近は値下げされて英語版や他のショップと値段が近くなってくれている。

JapaneseLoveToysAustraliaは“海外にある国内ショップ”といった感覚で利用できる

JapaneseLoveToysAustraliaはあたかもネイティブ日本人とやりとりしているのではないかと錯覚してしまうほど日本語ペラペラな人が注文や問い合わせを担当してくれる。

日本国内にあったショップがどこでもドアで海外に飛んだようなパラレル感がある。

なお、ラブドールにおいて注文してもやり取りというのは正直ほとんど無いものの、万が一のことがあっても日本語で「国内ショップのノリで」問い合わせられる安心感がある。

「関節がゆるゆるのはありますか?」といった質問でも相手が日本語ネイティブっぽくないと「6YEドールの関節がゆるいタイプはありますか?いわゆる”Loose Joint”はありますか?」とそのままGoolge翻訳に通してもあらかた翻訳されるような気遣いが必要になっていろいろと疲れる。その疲労感が無くて楽である。

繊細な要望でも理解してくれる気楽さがある

「関節タイプはフリータイプ(Loose Joints)にしてください」といった旨を日本語で注文備考欄で書いても普通にネイティブに理解してくれて、

「あなたの言っていることの意味がわかりません」といった返答が注文後に返ってきて「あぁ…支払いも済ませてしまってここからどう説明すれば注文を進めてくれるのだろうか…」といった面倒さや不安も無く、

あたかも国内ショップであるかのようにすんなり対応してくれる安心感がある。

購入できるのは着脱式バージョンのみ

JapaneseLoveToysAUで買うと挿入箇所が「着脱型のみ」になる制限がある。

しかし、6YEdollの挿入箇所は生挿入では人工的にゴリゴリし過ぎていて激萎え挿入感であった。コンドーム挿入でやっとまともな挿入感になってくれる。そのため、6YEドールは着脱型で失敗しない。

なお、基本的に海外ショップで内蔵型版のラブドールを購入しても普通に届く。

ただ、6YEdollの内蔵型の挿入感は断面図でイボがあったりしていかにもこだわってそうに見えるものの、実際の挿入感は現在のNLSで買えるオナホやラブドールに大きくかけ離れた挿入感だった。

AliexpressやAmazonで買うと面倒な事になって疲れる

要望しないとソリッド型おっぱいで届いてしまう

6YEdollと検索すると色々な場所で買える。AmazoncojpだったりAmazoncomだったりebayだったりAliexpressだったりする。

それらで買うと「空洞型でも無いソリッド型のオッパイタイプ(中が空洞ではなくそのまま形成されたおっぱい)」で届いたりする。

ドールショップならば「ソリッド型は完全に時代遅れで地雷もの」と分かっているので、デフォルト注文で普通に空洞型(ホロウ型・Hollow型)で製造して届けてくれる。

※かつてはソリッド型とホロウ型を選択できるオプションがあった。しかし、最近はホロウ型(空洞型)が一般的になっていてそのオプション自体が無くなっていることが多く見受けられる。

しかし、それらAliexpressやAmazonなどは「備考欄で言わなかったそっちが悪い」と言わんばかりの不親切さに悩まされる(ラブドールをあまり知らないのに販売しているのかもしれない、とさえ思ってしまう。)

迷惑メールが届くことがある

ちなみに、AliexpressでTPEドールを購入した結果、迷惑メールが届くようになったことがある。

「注文後に登録してもいない場所から色々メールが届くことを考慮して新規に専用のメールアドレスを作って注文すればよかった」と後悔感が生じてしまった始末である。

注文のやり取りが非常に雑なことがある

また、「発送しました」とメールが来たのにその追跡コードが他の方の追跡コードだったりしてその時「騙された…」と感じたものの、

数時間後にマイページを見たら別の追跡コードになっていて無事に発送されていて「騙されてなかった」と安堵したのもつかの間、

届いて数日後からやたら他所からメールが来るようになり、「個人情報を流用しているのではないか」「ラブドールの金型だけでなく個人情報も流用しているのではないか」とさえ思ってしまうほどな出来事に遭ったこともあり、AliexpressやAmazonではもう絶対に買わないと誓った瞬間でもあった。

ショップ評価は基本的にフェイク寄り

なお、Aliexpressのショップ評価は全て嘘と言って過言ではない。「面倒ごとに遭わないようにお世辞で星マックス評価している」というのが現実だった。

本当は星1つにしたかったものの、「今回は勉強代としてもう二度とAliexpressでラブドールを買わない」と言わんばかりににこにこと星5つ評価をしてそっ閉じした始末だった。

安さにどうしても釣られてしまいそうになる

そのため、6YEdollを買うときにほかのショップで安さに釣られて安いところで買いたくなるものの、正規代理店などで買うのが面倒ごとになったり手間が掛かったりする事にならなくて済む。

6YEは代理店契約時に「あまり値下げしないように」と規定を定めている。値段戦争にならないためだそうである。そのため、6YEdollはどの公式代理店も同じような価格になっている。

そして中でもSexySexDollcomが面倒なことならない。そして次にJapaneseLoveToysAustraliaが面倒なことにならない。SexyRealSexDolls(https://sexyrealsexdolls.com/)も面倒なことにならない。

6Yedollは以下の2箇所で正規品が安心して購入できる

★海外で買いたい→SexySexDoll(6YEdoll)

以下が“セックスに特化させた”おすすめの注文時オプション設定となる。まず【 6Ye Doll Premium Sex Dolls 】 6Ye TPE Life-like Sex Dolls – SSD の中から選び、商品ページへ行き、以下のオプションを選択するとよりセックスに特化した状態の6YEdollにカスタマイズされたモデルが手に入る。

Vagina: Removable Vagina

6YEdollの挿入感はクオリティが低かったため。

Pubic Hair: With Public Hair – Style 6

人工物であるラブドールはボーボーで野性的なほうが生々しくなったため。

Shrugging Shoulder: 有りのほう

少しでも人間と違う可動域があると人工物だと再認識させられて萎えてしまう。肩が上がるほうがより人間に近い。

Standing Foot: 有りのほう

最終的に6YEdollは立たせて飾る方向になったため。

Joint Tightness: Loose Joint

ゆるゆる関節であればあるほど人間とセックスしている体験により近づいた。なお、デフォルト関節は「立ちバックから上体を起こそうとする時」に柔道のような掛け技をしたテコ原理を使わないと起き上がってくれなかったりするほど硬くて激萎えすることが多々起こった。また、loose Jointでもうまい具合に立たせられる。

Storage: Sex Doll Suspension Kit Set

36kg以上なら二人がかりで運搬してきてくれたため「ダンボールがヤワヤワになっていかにもラブドールが入っていると分かる」といった事が起きなかった。

32kgは一人で運搬されたせいかベコベコ状態で一人では重くて巨大なためイライラ感が配達員の方からも伺えて困ることがよくあった。

Storage Caseにすると売却する時に楽になる。Storage Couchは人を部屋に入れる可能性がある場合は必要になる。“Sex Doll Suspension Kit Set”はホームセンターで揃えられるものの、最初からあったほうが楽というのもある。出費を最小限に抑えるならばこれは必須的となる。

Take care Kit: 不要

この辺りは普通にNLSで買ったほうが良い。

Free Outfit 1と2: 黒や濃紺以外を選ぶ

色移りしてしまうため。

Import Duty(関税): US, Canada, Norway, Switzerland, Australia and NZ, Asia

日本はAsiaに該当する。

Shipping Fee(送料): Free Delivery (US, North America, Europe, Australia and NZ, Asia )

ここもAsiaに該当する。

★国内で買いたい→JapaneseLoveToysAustralia

このショップで6YEdollは japaneselovetoys.com.au(Customise-6YE-Sex-Doll) の中から選べる。購入時のオプションは上記のSexySexDollと同じようなオプションで買うのがおすすめとなる。

なお、おっぱい箇所は「Hollow」を選ぶと上記と同じになる。上記SexySexDollなど正規代理店でおっぱいがHollowかどうかのオプションが無い場合はデフォルトでHollowで届けてくれる。

心配な場合は「おっぱいはHollowタイプでお願いします」といった旨を備考欄に書くとソリッド型で届く心配はない。

☠国内の非正規店は地雷ドール

日本アマゾンで買える75000円ぐらいの6YEdollは地雷ドール

国内のアマゾンで買える75000円ぐらいの6YEドールは確実に地雷となる。押入れまでの速度が数年間早まる。

一度格安ドール店から買うと地雷ドールが届くのでともう二度と買いたくないと思ってしまう肉棒から“ワイン”が出たりして最悪だったこともあった。

それらの地雷ドールは「セックスを全く目的としない場合」におすすめとなる。

地雷ドールの商品説明文はすべてフェイクと思うと騙されない

ちなみに、地雷ドールの商品ページに書いてあることはすべてフェイクだと思うことで失敗しない。

その商品ページに書いてあることは全部ウソと言っても過言ではない。それらの商品ページは無意味である。

また商品画像は6YE公式から取得したオリジナル写真をコピーライトを挿れずに載せている正規代理店からパクってきたような写真ばかりである。

アンダーバストを記載していないショップはラブドールについてあまり知らないショップ

また、アンダーバストは非常に重要な箇所である。アンダーバストが65cm付近でなければ一般の下着などが綺麗に着せられない。

そのため、アンダーバストが非常に重要である。そこのサイズを書いていないあたりからあまりラブドールに詳しくないショップなのだろう(ラブドールショップなのに。)。

しかし、そういった非正規ショップがあるとだんだん6YEdollの需要を高めてくれる要因になってくれる存在でもあり、そして高まった辺りから国内で正規代理店が出だしてそれらの非正規店が消えていくこととなる。もしくはラブドールの初見狩り店として残り続けていく。

地雷ドールはセックス目的をまったく考慮しない場合にいい

メーカーが非正規店を警告のみであまり禁じないのは“需要を高めてくれる存在”そういった感覚もあるのかもしれない。

それらを見越した上での「研究目的な購入やセックス目的をまったく考慮しない目的の購入」がおすすめとなる。ただ、地雷ドールはいろいろと面倒なことになって困る。

「6YEdollの正規代理店かどうか」はメーカーサイトで分かる

公式代理店一覧である 6YE Where to buy – 6Ye Premium High-Quality Adult Sex Dolls Pioneer で日本のショップが表示されていたらそこが国内の正規代理店となる。

なお、SexySexDollの日本版サイト SexySexDoll™ はメジャーな”ラブドール”を取り扱う小売店です は英語版からかなり更新が遅れているので注文が手軽にできない。6YEdollの最新型ドールを選べない。

当初、英語版を表示したらこのJP版にリダイレクトされて困っていた。しかし、最近は普通に表示できるようになっている。

やはり英語版が安定している。

※基本的に以下のショップから買うのが失敗しない

個人的に、6YEdollを買うならば以下からしか買わないようにしている。

SexySexDoll(関節オプションぐぅ分かってる店 – 6YEdoll一覧)

6YEdollと親密度が最も高い。6YEdollの最新版はどこにあるといったらここである。そして関節タイプを選べるといった「それだよそれ!そのオプションをずっと求めてたんだよ!」といったオプションもあって「ぐぅ分かってる」感がすごいショップで買いやすい。

SexyRealSexDolls(何でも揃ってる店 – 6YEdoll一覧)

ここは網羅的なショップで便利である。ショップは基本的に限られたメーカーのみを扱うことが多い中、ここはほとんどのメーカーを扱っている。Piperdoll(パイパードール)も普通に買える。そして6YEdollも普通に買える。

6YeDollGlobal(メーカー公式店 – 6YEdoll一覧)

公式サイトなので買うならここ一択と言いたいところではあるものの、そうは言えない。いろいろと不便である。むしろ、公式サイトはSexySexDollのほうではないかとさえ感じてしまう。

JapaneseLoveToysAustralia(ほぼ国内ショップ – 6YEdoll一覧)

「海外ショップで買うのは面倒だ…」という場合はここがお決まりとなる。手間が掛からない。まるで日本でラブドールを買ったのではないかといったノリで届く。「海を越えて…」といった感じではない。サクッと届く。

上記はすべて日本発送OKのショップで安心して購入できる。

NLS(6YEdollに装着するハンドオナホ – 代表例:“名無し”)

リアルドールに装着するホールは大きすぎると入らない場合がある。無難なのは通称“まだ名前がありません”が王道的となる。通称“名無し”と言われている。

そしてもう1つあると重宝してオススメなのがキノコ型のハンドオナホ(代表例は“オンナノコのi”)となる。

「ホールポケットの入り口のゴムが硬くて、その感触がペニスに伝わってきて、それが人工的で萎える」といった問題が出てくる。着脱型ラブドールにほぼ決まってこれがある。

この問題に直面したときはよくキノコ型のハンドオナホで臨時的に解消してセックスを行っていた。そのため、キノコ型はラブドールの挿入事情でなにかあると非常に役立つ。

「6YEドールはどこで買うのがおすすめ?」
海外ならSexySexDoll
国内ならJapaneseLoveToysAustralia

-“胸は肉のアクセサリーだとみなすと硬いおっぱいのラブドールも楽しめる”胸肉

→関連ページ:6Yedollを“関節フリー”で買う方法は「SexySexDollで購入すること」

6YEdollの公式代理店『SExySexDoll』は6YEdollの購入オプションに関節のゆるさを選べる

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ
Share
“ラブドールの専門家”胸肉

最新ブログ記事

ラブドールマニュアルTOP