【動画】「6YEdollのヒザ脚の“真上”可動域は人工的?」→人間的だった。

“6YEdollが孤独の性の悩み(肉体的性欲)をやっと8割以上も満たしてくれた存在だった。- 胸肉” はじめての6YEdollレビューガイド 著:《ラブドール研究現場〔胸肉(MUNENIKU.COM)〕》
検索|6YEdollガイド
Search
Generic filters
Exact matches only

検索例: 4woodsオリエント工業6yedollTPEシリコーン

ヒザ箇所の脚可動域の様子(撮影動画)

※© 動画撮影:MUNENIKU.COM
※YouTube版(https://www.youtube.com/watch?v=6SD4CWCRf6Q

ヒザ箇所の脚可動域の様子(撮影写真)

ボールジョイント骨格TPE素材リアルラブドール『6YEdoll』のヒザ箇所の可動域の様子
※© 写真撮影:MUNENIKU.COM

挙げていっても止まってくれる

ボール骨格のTPEラブドール”6YEdoll”の脚箇所を挙げていった時に、ちょうど人間と同じような辺りで止まってくれた。

曲がりすぎない。そのまま弓のように曲がって行って「これは人形です!」と再確認させてくるような角度まで曲がることは無かった。

さらに曲げようとすると人間通りに股関節箇所が曲がり始めてくれる。6YEdollのヒザ箇所の関節可動域は人形のように曲がるのではなく、人間のような可動域まで曲がってくれる。

かといって水平すぎない

水平ではない。水平ではないので「人間に近くはないのでは?」と一瞬感じてしまった。しかし、よくよく自身側の脚を曲げてみるとその辺りまで曲がるのである。

上から見るとまっすぐに見える。ズボンを履いているとまっすぐに見える。しかし、ズボンを上げて素脚を直視しながらそして真横から見たりするとなおかつストレッチと言わんばかりに限界まで曲げようとすると意外に反るような範囲まで曲がっている。人間はここまで曲がっているのかと新発見したような感覚でさえあった。

「人間の脚は水平で止まらない。水平すぎない。少し反るような範囲まで曲がる。」6YEdollはそれを再確認させてくれた。

「曲がりすぎでは?もう少し水平であるべきでは?」そう感じていたものの、人がストレッチをしている写真などを見るとやはり同じ具合に水平すぎない辺りまで曲がっている。そのため、人間的になっている。

人間的になっている

6YEdollのヒザ箇所の「真上への可動域」は人間的になっていた。水平すぎない。曲がりすぎない。「人間みたいだ」と感じる限界値で止まってくれる。

具体的なシーンでいうと、立ちバックのポージングで「やけに内側に曲がりすぎて萎える」といったことが起きなかった。後背位セックス中の視覚快感が削がれることはなかった。

「人間の脚はまっすぐのところで止まるのでは?」と一瞬思って自分の脚を見るとまっすぐ、しかし横から第三者的に見ると少し反っている。その再確認を当初は何度も行った。

そして体操の画像などを見るとそれぐらい曲がっている様子もある→これぐらい曲がるようだ。という、その再確認を何度も繰り返した。

そして何度も何度も腑に落ちた。「この反る程度まで曲がるのは人間的だったんだ」と改めて再確認してしまう。

6YEdollの脚のヒザ可動域は人工的に見える。「なぜここまで反ってしまうのだろう」そう思っていた。「普通、水平のところで止まるべきでは?」そう思っていた。しかし、実はその反り具合は「ストレッチ写真などを見ると」まさに人間的な部類であった。

人間的になっている。普通はまっすぐぐらいで終わる。しかし「ストレッチしています!」といったときに人間が曲げられるその範囲と似ている。やはり人間的な近さになっている。

「6YEdollのヒザ箇所は曲がり過ぎない?」
曲がり過ぎない!
“ストレッチ中の人間”に近い!

→関連ページ:【動画】「6YEdollのワキ腕の“真横真上”可動域は人工的?」→人間的だった。

関連撮影写真
可動域具合 5/5|ボール骨格TPEラブドール“6YEdoll”の脇箇所腕可動域の様子

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ