『6YEdollのヒザ裏部分には他のラブドールメーカーが簡素化しがちなボコボコ造形もしっかり施されているのが良い点』

6Yedollの魅力は「ヒザ裏のシワ」

海外TPEドールである6Yedollの魅力の1つに「ヒザの裏のシワ」がある。国内のシリコーンドールも含めて基本的にラブドールのこの「ヒザ裏箇所のシワ」は省略されてしまっている。人間にはあるのにラブドールにはない、それが普通だった。そのため、6YEdollにこのシワが造形されているのを目の前にしたときは本当に「歓喜モノ」だった。

普通はヒザ裏の造形が無い

こういった細かい細かい肉体造形箇所はラブドールではよく省略されている。カットされる。「シワが美しくない!」と言わんばかりにことごとくカットされていく。その結果、いざプレイを楽しむときに、例えばヒザ裏箇所が目に入ったときに明らかに人工的なヒザ裏でいつも萎えていた。

6Yeのラブドールはヒザ裏の造形も細かく有る

6Yeは違った。正常位でストレッチマン状態に脚を伸ばしたときに足裏が目に入るのだがそのときにまさに「生物のシワ」が目に入って萎えなかった。毎回萎えなかった。

また、立ちバックでふとその伸びる脚に目をやったときにヒザ裏が目に入る。そのときに、“生々しいシワ”と“ボコッとした造形”が目に入るとたびたび気分も股間も盛り上がった。それだけで勃起し出してしまう。生々しさに動物本能が反応して勃起してしまうのだ。

繊細な造形があればあるほどマネキン感が無くなる

挿入前に勃起し出すにはこういった細かい細かい造形が必要だったのだ。これを省くとどんどん勃起の機会が無くなる。そうして人工物としか見れなくなる、マネキンとしか見れなくなる。

一方、繊細な造形を徹底的に取り入れたラブドールはどんどんマネキン感が消えていく。そして「生命体だ」と一瞬認知してしまう怖さまでもたらされるのだ。その次元に至るにはこういった細かいシワが重要だった。そしてシワという存在がいかに重要な肉体美であるかを再認識した瞬間でもあった。

ヒザ裏の造形は生物だと認知する重要要素

「このヒザ裏の造形があるかないか」はとても重要だ。ラブドールという人工物があたかも生物の領域に食い込んでいること、もしくは踏み込んでいる領域に至るにはこういった細かい細かい細かいところのシワがとってもだった。これがなければないほど「人工物だと認知」してしまうのだ。6Yeはその「人工物だと確証させる要素」が他のラブドールに比べてとても少ない。6Yeはこの辺りの重要さをよく分かっている。

鑑賞時に感動する

また、プレイ時だけでなく添い寝体勢を鑑賞するときにも感動する。そのヨーダのような目がとても生々しい。さらに、ビーチでベンチに座って背伸びする人のセクシーな後ろ姿のようにあのヒザ裏のボコッとした造形も目の前にできる。6Yeは鑑賞でも優れているのだ。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ