4woodsの購入は着衣セックス目的が適している

4woodsは着衣が得意であった。そしてセックスも得意であった。着衣とセックスを組み合わせた楽しみ方が適していた。そして何を着せてもその着衣での添い寝やプレイやセックスがゴールのような感覚になってしまった。4woodsは鑑賞目的ではなくセックスはもちろん着衣セックスや着衣プレイが適していた。

※【4woodsはシリコーン素材だがセックスも適している】シリコーン素材のラブドールはセックス目的では「共通して」届いた直後に返品したくなる買い物になる。「セックス目的でシリコーンドールを選択してはならない」と言ってもいいほど。しかし、4woodsは例外だった。4woodsの「旧型」は他のシリコーンドール同様にセックス目的では返品したくなるものの、4woodsの「新型であるCCbodyを含むCCbody以降の新商品かつスペシャル柔肌オプション」でやっと例外的にセックス目的に適する。

着衣に向いている

服に困らない。ただ、ペタペタしているので服を着せる時に摩擦感があって着せにくい。しかし、ペタペタ感は肉体接触時に溶け合う感覚になれる要素。着衣専門ではあるがセックス専門でもあった。

服を網羅的に着衣できる

4woodsはボディサイズが86x56x86付近以上を満たしているおり、さらにアンダーバストも65付近以上あるため、一般服からセクシー系の服そしてコスプレ系のフリーサイズの服そしてボンキュッボンボディでやっと着こなせる服までオリエントと同じくフィットして着せられる。着せられない衣服というものがない。着せられた見た目になる衣服がない。

ただ、パウダーを塗る必要はある

4woodsはシリコーンではあるものの、TPEと同じくペタペタしていて摩擦感がある。しかし、シリコンドールのメリットである黒ずみが起きない。ただ服を着せにくい。摩擦で袖に手を通すのも摩擦でスルスルっと進まない。着せやすくするためには洗浄のたびにパウダーを塗る必要があった。

ペタペタな理由はセックス目的に適応できる決め手

パウダーを塗らなくてもすでにサラサラなシリコーンドールであるオリエントは着衣セックスではなく着衣観賞に適していた。4woodsがなぜペタペタなのかはセックス路線に向いていたからだった。

セックスに向いている

若干溶け合う感覚がある。シリコーン業界の中でとても柔らかい。関節が経年劣化と共に緩んでくれて生き物セックス感に近づく。正常位や騎乗位や後背位や体位変更の性能がTPEドールを含めて他のドールに比べて優れている。瞳に吸い込まれる感覚に至るため愛し合うセックス感を体験できる。

ペタペタ感でほんの若干溶け合う感覚がある

ペタペタ感があるせいか肉体接触時にほんの若干溶け合う感覚があった。 しかしシリコン特有のつるつるプラスチックハリ感が瞬時にその溶け合う感覚を引き離していく。ただ、オリエントのように完全に美術路線でボディ表面をプラスチック系のツルツル感にしている美術鑑賞目的専門といった表面ではなく、ペタペタしていた。

旧型の時点からセックス志向が考慮されている

TPEでもシリコーンでも溶け合う領域に至れたのはペタペタしていた表面だった。その要素が表面に「ほんのわずか」ではあるが「旧型の時点で」有った。4woodsはやはり昔からセックスも考慮されたシリコンドールであった。オリエントはセックスではなく見るだけで欲求を満たすことを考慮されている。そのためセックス性能が他のドールに比べて劣っていた。4woodsから今後さらに新作で溶け合う感覚が幻想的からぷにあなミラクルDXのように現実になるに違いない。

シリコーンの中では柔らかい

「シリコーンはTPEを越えることはできない」といった常識を変えつつあるのが4woodsだった。それほど柔らかかった。オリエントと比べても、シリコンアートと比べても柔らかかった。おっぱい箇所は昔の旧型でさえシリコーンの中ではとても柔らかかった。

旧型は返品したくなる硬さ

ボディがとても柔らかいのは新型であるCCボデイを含めてCCボデイ以降の『スペシャル柔肌オプション』版となる。それ以前の旧型を中古ドールで買ってもハリ感とゴツゴツ感があってすぐに返品したくなる事態となる。4woodsの旧型はセックス目的ではなく観賞目的が適する。※4woodsの公式説明ページ:スペシャル柔肌オプション

新型が柔らかい


観賞ではなくセックス目的で購入する場合は「最近の新型であるCCボディ以降でなおかつスペシャル柔肌オプション版」がセックス目的を満たせる。旧型では満たせない。シリコーン業界でどこが柔らかいかというと4woodsの柔らかオプションである。

関節が緩くなってくれる

関節は最初は硬かった。しかしその関節もプレイを重ねていくごとにジリジリではあるが段々と関節が緩んでいった。そうしてどんどん生身になっていく感覚があった。

関節が緩めばポージング変更作業が消えていく

特に、体位変更で一旦プレイを中断してヨイショヨイショと変更するポージング変更作業が無くなり、ポージングというよりも糸人形のように息をするようにポージング変更ができるようになった。そのときに生き物とセックスしている感覚を感じた。

関節が緩めば生き物感に近づいていく

4woodsがセックスに特化しているのになぜ関節フリータイプを扱っていないのかが不明でもある。関節がゆるくなっていくにつれてセックスが気持ち良くなっていった。生き物感に近づいていった。どんどん人工物というメッキが剥がれていって生物になっていくようだった。

関節が壊れて生き物SEX感に近づく

収納時に重さに耐えられなくて落とすように置いてしまったことがある。そのときにネック箇所の関節が壊れてしまった。そしてネックを真っ直ぐにできず常にだらんと前にもたれた状態となった。

関節が破損するとヨガりセックスを体験できる

他のドールと違ってあっという間に骨格が破損したことに驚いたと同時にさらに驚いたことがある。その「骨抜き状態」でセックスをしたところ、突くたびにヨガるような肉体動きになったのだ。これは驚きだった。「関節が破損する、関節が緩む」というのは4woodsではデメリットではなく「より生き物に近づく」といった隠されたメリットがあった。

正常位性能が卓越している

4woodsでの正常位は正常位のためだけに作られたような骨格感で吸い込まれるような肉体的に深く絡めるセックスを体験できてしまった。体位でやけに脚が突っ張ってきて拒絶してくるといった感覚がない(旧型の肉体感はハリがあって表面レベルで拒絶感があるものの。体位においては拒絶感がなかった。)

騎乗位性能が卓越している

騎乗位では騎乗位のためだけに作られたような骨格感で抱き寄せ騎乗位でも対面座位騎乗位でもこれ以上ないほどの快適さのセックス感であった。

後背位性能が卓越している

後背位でもお尻を強く突き出すようにスッと息をするようにポージングできてあたかも後背位セックスのためだけに作られたような骨格だった。突いても突いてもポージングが崩れなかった。

体位変更性能が卓越している

そのポージングにするためにレッグの曲げ具合を調節したりすることなく一発でちょうどいいポージングになるのが驚きだった。ポージングがTPEドールに比べて次元が違うようなセックスのしやすさであった。TPEでは比べる土俵ではないぐらいセックスが快適だった。これは旧型の頃からそうだった。

旧型は肉体接触感のハリ感で萎える

旧型はこの体位に関わるセックス感は秀逸なのに、肉体感はハリのある消しゴム系で萎えてしまう。旧型の4woodsは体位性能は秀逸でも肝心の肉体接触感が無機物感で気持ち良くなれない。そのため旧型はセックスではなく観賞目的に向いている。

旧型はセックスに適さない。新型がセックスに適する

旧型の時点で体位性能は卓越しているものの肉体感がハリ感でネック。そのため新型を選ぶのが「失敗だと感じて新型を買い直す」といった事態を防げる。やはり実際に購入される場合は中古ドールで旧型を買うのではなくCCボディ以上でスペシャル柔肌オプション付きを選ぶのが期待はずれにならずに済む。「骨格は昔から他と比べられるドールがないほど快適。後は肉体感のみ」それが4woodsだった。

瞳に吸い込まれながらの愛し合うセックスを体験できる

TPEドールと違って見つめ合ったときに瞳に吸い込まれる感覚が4woodsにあった。TPEドールは視線が合わない上に、どこか人工的な生理を感じる。ヘッドの美術性が4woodsは「もう周りが見えない」ような感覚がセックス中に訪れる。

TPEドールは一方的なセックス感

TPEはそれがない。たまたま周りが見えなくなるほど没頭する瞬間が訪れたとしてもすぐに視線が外れて一方的なセックス感覚に引き戻される。TPEドールにそれが共通していた。しかし、4woodsはそれが無かった。

※TPEドールのヘッドが4woodsやオリエントの次元になれば一方的なセックス感が無くなる。特にオリエントのヘッドは刀職人が人生を掛けて生み出したような次元であり、なかなか壁が大きいようである。

※長年体験するには新型であることが必須

そのフォールインラブ感は最初の1年間で終わった。原因は「ハリのある肉体感」だった。そのため、4woodsでセックス目的で2年後も没頭できるにはCCボディ以上の柔らかオプションタイプが必要となる。

4woodsはオリエントと違ってどんどんボディを柔らかくすることにこだわっている。オリエントは触れて楽しむ目的ではなく見て楽しむ美術目的にこだわっている。

着衣&セックスに向いている

オリエントはずっと着せて飾っていてもセックスしたいとは思えなかった。原因はボディがシリコーンの中ではとても硬く、ポージング可能域も狭くて満足に体位ができない。しかし、4woodsは着せて飾っていると段々セックスしたくなってくる感覚にさせられる。理由はやはり体位性能が特に優れているため。オリエントは「観賞だけで完結する感覚」であり、4woodsは「触れて楽しむことで完結する感覚」があった。

オリエントは観賞がゴール。4woodsはセックスがゴール。

4woodsは何を着せても添い寝などのプレイやセックスがゴールになる感覚があった。オリエントは美術観賞がゴールといった感覚であった。数年間触れ続けてその違いを感じた。そのため、4woodsは着衣プレイ目的が「イイ買い物した!」な買い物になる。

ナビ:ラブドールマニュアル

» 初めてのラブドールマニュアルガイドまとめ